白血病を完治 ☆ 癒しの旅の記録

Healing Journey with Angels

~暗闇の中に光の花束を~

ADHD/ADDのためのヒーリング3【ホメオパシー】



ADHD/ADDのような症状で、日常生活に困難が生じてくると、人間関係にも影響してきて大変ですよね。

そんな時に、自然療法やヒーリングのサポートを借りて、癒していくのもいいと思います。

私もホメオパシーなど、色々と摂っているので、紹介したいと思います。

サポートチンクチャー「Hypericum ø Str」

前々回の記事 ADHD/ADDのためのヒーリング2【Thuja ø VOM5】からの、続きになります。


ご紹介した、ホメオパシーの、「Thuja ø VOM5」(スーヤ・ワクチノーシスチンクチャー)という、スーヤのとてもパワフルなサポートチンクチャーで、ワクチンのデトックス、マヤズムの浄化をしていく中で、私はそれだけだと、とても浄化がきつそうだと思い
同時に「Hypericum ø Str」(ハイペリカム・ストレスチンクチャー)も摂りました。


ハイペリカムのハーブチンクチャーが入っているので、神経の高ぶりや、多動傾向、ストレスを和らげて、リラックスをサポートしてくれます。


実際、好転反応がきつかったのですが、ハイペリカムのサポートチンクチャーで、だいぶ緩和されたように思います。


「Hypericum ø Str」の中にも、重金属系のレメディーが入っていて、神経系に入り込んでしまった、重金属のデトックスのサポートもしてくれます。



サポートチンクチャー「Alfalfa ø Aut」

ADHD、発達障害のためのサポートチンクチャーの3つ目に、「Alfalfa ø Aut」(アルファルファ・オーティズムチンクチャー)があります。

アルファルファのマザーチンクチャーに、腸内細菌や重金属系のレメディが入っています。
神経伝達物質の8割を作ると言われる腸の問題、消化吸収の問題に。


脳と腸は神経系に影響すると言われていて、最近は腸にも注目が集まっています。
ADHDなどの症状にも、腸をサポートすることが良いそうです。

私は以前、胃腸の調子が悪くなって、ほとんど食べられない時があったのですが、その時に「アルファルファ」のマザーチンクチャーを摂って、すごく回復しました。

そして今、こちらの「Alfalfa ø Aut」サポートチンクチャーを摂っています。
胃腸の調子は良くなってきていて、効果を実感しています。

ADHDの症状は、まだ出てきていて、以前よりは落ち着いてきていますが、不安などがあったり、先日の地震などがあると、そういった症状が強くなってきます。

なので、引き続き、こちらの「アルファルファø Aut」を摂って、癒していきたいと思います。




サポートチンクチャー「サポートøShink」

神経が過敏になって、気があちこち散漫になりやすいなと思ったので、神経をサポートしてくれる「サポートø Shink」も摂りました。


神経が立って、落ち着きがなくなって、つらかったのですが、以前よりは、穏やかに過ごせるようになったなかなと思います。



その他のレメディ

サポートチンクチャーと併用して、レメディも色々と摂っています。

「RX Lac」
母乳の問題。インナーチャイルドの癒しに。

「TS-20/Ira」
怒り、イライラのサポートに。

「サポートTora」
トラウマのサポートに。

「サポートAAA」
Acon.アコナイト
Arn.アーニカ
Ars.アーセニカム

緊急症状のためのコンビネーションレメディ。
パニック症状や、多動症状など、発作のような症状に襲われた時のサポートに。

「Dolph-s」ドルフィンソング
イルカの高い波動のエネルギーで、心身を癒していきます。
PTSDなどの症状にもいいそうです。
イルカのエネルギーは全てのチャクラに届くので、エッセンスもホメオパシーもお気に入りです。

「Caust.」コースティカム
不安、恐怖、落ち着きの無さのサポート。

「C.S.」カナビスサティーバ
「C.I」カナビスインディカ
デパスなどの向精神薬のデトックスに。


自分に必要なもの、気になったものをその時々で摂っています。



依存症について

ADHDとは、またちょっと違うお話ですが、心理学の観点から、わかりやすく心と身体の問題を教えられている、溝口あゆかさんのblog記事で、依存症のことをわかりやすく
解説してくださっていました。
とても参考になってので、良かったら、ご覧ください。

「人は心の苦しみを体で感じるもの」溝口あゆかさん
”多くの人に知ってもらいたいのは、依存症は「心の痛み」を感じなくさせる行為だということです。お酒やギャンブルや麻薬、依存するすべてのものは、その人にとって「痛み止め」なんですね。”

心の問題は、目に見えにくいので、なかなか自分でも気づきにくくて、知らず知らずのうちに、依存症となってしまっているんだなと思いました。


依存症の原因となっている、心の痛みにフォーカスしてあげることが、一番大切ですね。


私も感情が揺れ動きやすくて、自分で自分を支えきれなくなったり、自分をコントロールしづらくなる時があって、その弱さから何かに依存してしまいがちです。

誰しも多少なりとも、何かに依存したりすることはあると思います。

でも行き過ぎると問題になってしまうので、自分の心と向き合い、癒していければと願っています。



天使の愛に包まれて
心身魂が穏やかに
癒されていきますように

暗闇の中に光の花束を


Read More

震災のショックや不安を癒すフラワーエッセンス



このたびの大阪北部地震で、被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と、平穏な日々が戻りますよう、お祈りいたします。


こんにちは。
久しぶりの投稿になりました。

先月末から、姪っ子ちゃんが入院していて、下の女の子を預かったりと、家族、身内共にいろいろと大変な中にあります。

このたびの地震もあって、まだ私自身、心身共に不安定になりやすく、体調を取り戻すためヒーリングしているところです。


私が住んでいる地域はまさに、この地震の震源地の場所で、震度6弱の地震を経験しました。

大きな地震を経験したのは、阪神淡路大震災以来のことで、自宅にいましたが、やっぱりとても怖かったです。

家の中の物が倒れてきたりしましたが、幸い、私も家族もみんな無事でした。

今回は震源地の近くということもあって、余震の不安や、水道やガスが使用できなくなったりと、日常生活にも大きな影響が出て、改めて自然災害の恐ろしさを痛感しました。


今現在は、私の自宅は水道もガスも復旧して、料理もできるようになって、お風呂にも5日ぶりに入ることができて、少しずつ、日常を取り戻しています。

今なお、ガスが使えずにいたり、住宅の被害や、雨の影響で、不便な生活をされている方もいて、一日も早く元の平穏な生活を、取り戻していけるよう願っています。


今回は、私自身もそういうこともあって、地震の恐怖や、不安、トラウマなどを癒すエッセンスを飲んでいるので、そういった状況にある方のためのフラワーエッセンスを紹介したいと思います。


また、過去の震災の体験、阪神淡路大震災や、東日本大震災、熊本地震などの体験で、ネットやニュースなどの情報から、PTSDやトラウマが出てきたりして、つらい方などにもご参考になればと思います。

震災のショック、不安を癒すフラワーエッセンス

☆バッチフラワーレメディ

「レスキューレメディ(Rescue Remedy)」
「レスキュースプレー(Rescue Spray)」

強いストレスやショックを受けた時に役立つ、緊急時のためのレメディです。

世界でもっともよく使われていて、緊急時のために役立つ、5つのフラワーレメディを混合して作られています。
スプレータイプもあるので、初めての方でも使用しやすいと思います。

☆PHIコルテ

「イルカエッセンス(Dolphin)」

イルカのメッセージの核心は無条件の愛です。
すべてを包み込む普遍的な愛。
イルカのエッセンスは、すべてのチャクラにすばやく作用し、調和させてくれます。
またイルカはパワフルな浄化作用を持っています。
汚染された河川や湖、海の浄化・活性化に使うこともできます。

「ピンクイルカエッセンス(Pink Amazon Dolphin)」

ピンクイルカのエッセンスは、私達の心を開き、心から「感じる」ことを手助けしてくれます。
イルカのエッセンスとの違いは、さらにソフトに、穏やかに作用し、そして女性の精神的苦痛を癒してくれます。

☆アラスカンエッセンス

「ソウル サポート(Soul Support)」

このエッセンスは緊急時のケアのためのフォーミュラです。
過度のストレスをともなう活動や、トラウマ的な状況に使用します。
「魂が体にとどまっていられない」ような、緊急事態に役立ちます。

「ガーディアン(Guardian)」

あなたのオーラに、パワフルなプロテクションのエネルギー場を形成します。

グラウンディングさせ、強く健全な境界線を作り出してくれるので、安全だという感覚が得られます。

☆FESフラワーエッセンス

「フィアレス(恐れをなくす)[Fear-Less]」

怖れ、不安またはパニックによる、難しい局面にあるときに。
落ち着きと抑制力を得るために。

天使のサポートで癒すアンジェリックエッセンス

☆アンジェリックエッセンス

「アンジェリック エマージェンシー フォーミュラ(Angelic Emergency Formula)」

あらゆる緊急時のサポートに。
グラウンディングし、中心を保った状態にもどしてくれます。
ストレス、トラウマ、人生におけるさまざまな課題に対処するための、内なる資源を開発し、これにつながるために。

「ヒーリング エモーショナル トラウマ(Healing Emotional Trauma)」

あらゆる種類のトラウマを癒します。
トラウマは感情レベルと肉体レベルに蓄積してしまいます。
このエッセンスは感情面でのトラウマを癒し、肉体の癒しが楽に進行するよう作用します。

このエッセンスは日本で起こった、2011年3月11日の大震災での被災者の方々を、サポートするためにつくられました。
あらゆる形のトラウマを癒すサポートをし、感情とそれに関わる肉体面のトラウマも癒します。

「ソリッド センター/ピースフル ハート(Solid Center/Peaceful Heart)」

天使やスピリットとの正確で効果的な作業をするために、センタリング(中心を保ち)し、グラウンディング(地に足をつける)することができるように。
内なる平和と穏やかな日常をサポートしてくれます。

その他にも
「ラブ(Love)」
「ゴッド ラブ(God's Love)」
「大天使ミカエル(Archangel Michael)」
「大天使ラファエル(Archangel Raphael)」

など、天使のサポートを受け取るアンジェリックエッセンスは私も大好きで、今回もそうですし、いつも日常的に飲んでいます。

地球の癒しをサポートするアンジェリックエッセンス

自然災害は、人間の力ではかなわない、大きな力が働いていますが、地球を癒していくことで、少しでも災害などが少なくなればと願っています。

私自身も東日本大震災の時や、熊本地震や今回の時も、アンジェリックの「地球の癒しのためのキット」や、「水の癒しのためのキット」を飲んだり、近所に数滴、撒いて祈りを捧げたり、地球と共に私たちの心身を癒しています。

良かったらこちらのエッセンスもご自分で飲んだり、近所の土地や川や海などに数滴撒くことで、地球の癒しを一緒にサポートしていただけたらと思います。

もし何もなくても、地球が癒されていくイメージをしたり、祈りを捧げるのも、とても効果があります☆

☆アンジェリックエッセンス

♢地球の癒しのためのキット(Earth Healing Kit)
1.「ファンデーション(The Foundation)」
2.「シー アンド ストーン(Sea and Stone)」
3.「クラスト アンド クリスタル(Crust and Crystal)」
4.「エボリューショナリー プロミス(Evolutionary Promise)」

♢水の癒しのためのキット(Clearing of the Waters Kit)
1.「ネイチャー コール(Natures Call)」
2.「ソング オブ ライフ(Song of Life)」
3.「ハーモナイジング パターン(Harmonizing Patterns)」
4.「パワー オブ ザ ディープ(Power of the Deep)」

その他にもいろんなメーカーから、地震や自然災害のショックを癒すエッセンスや、地球環境を癒していくエッセンスが出ています。

もし今、つらい状況にいる方や、フラワーエッセンスに興味のある方に、エッセンスを活用していただいて、少しでも心身が癒されていくことを願っています。




天使の愛に包まれて
震災のショックや不安が癒され
安心して生きていけますように

地球が癒され
愛と安らぎの時間を取り戻せますように

暗闇の中に光の花束を




Read More

ADHD/ADDのためのヒーリング2【ホメオパシーThuja ø VOM5】



ADHD/ADDなどの症状でつらい時に、ホメオパシーのサポートを借りて、ヒーリングしていくのもいいと思います。

私はお薬は副作用が出やすい体質で、あまり飲めないので、自然療法で心身を癒してきました。

今、現在もエッセンスや、アロマなどのサポートを借りて癒していますが、ホメオパシーでもADHD/ADD、発達障害の方のためのレメディがあると知って、それらを参考にホメオパシーも摂っています。

ADHDのような症状

私がADHD/ADDなのかどうかは、病院で診断された訳ではないのでわかりませんが、

・次々と考えが浮かんで、すぐに行動しないと気がすまくて、落ち着きがない。

・細かいことが気になって、こだわりが強く、自分自身が疲れる。

・気になることがあると、とことん知りたくて、質問責めにしてしまう。

・神経が過敏でちょっとしたことで、イライラしたり、ダメージを受けて、心身に影響が出る。

・思ったことをすぐに話したくなる衝動で、おしゃべりが止まらなくなる。それを抑えると、パニックのような症状に見舞われる。

・以前は頭の中はおしゃべりでも、実際には行動には出さないように、コントロールできていたのが、衝動が強すぎて、コントロールできなくて、相手にうざがられたり、迷惑がられたり、怒られたり。

などの症状で自分も、周りの家族も疲弊してしまって、私のことがしんどいと言われたりしました。


頭ではわかっていても、どうにも心と体からの強い衝動性に逆らえずに行動すると、日常生活や人間関係など、いろんな弊害が出てきてつらいので、どうやったら症状が落ち着いてくれるか、リラックスしたくて、いろいろ試して摂っています。


一時、症状がとてもひどかった時は、本当に誰か麻酔銃でも打って、私を落ちつかせて、眠らせてくれないかなと思うくらいでした。


自分では強い衝動をコントロールしたり、抑えることができなくて、次々と浮かんでくる衝動に振り回されて自分で自分がとても嫌で、疲れ果てていました。


私はHSPの過敏さ、繊細さもあるので、そのような症状で悩んでいる方に、何かの参考になればと、今、私が摂っているものを紹介したいと思います。

ホメオパシーでの癒し

ホメオパシーと出会ったのは、今から5年前の2013年で、それからいろんなレメディを摂ってきました。

フラワーエッセンスとは、また違った領域に効いてくれて、より肉体的な症状にとてもサポートしてくれます。

ポーテンシーの高いものは、エッセンスのような感じで、精神やスピリチュアルなエネルギーに効いてくれているなと感じます。

ADHDなどの症状に合うものを探していると、ちょうどそういった症状に合うものを見つけて、先月から摂っていて、少しずつ症状が落ち着いてきたかなと思います。

ただ最初に摂った時は、好転反応のような感じで、一時期症状が強くなったりとしんどかったです。

なので他のレメディなどで、好転反応を和らげてくれるものを摂ったり、私はアンジェリックエッセンスも併用して飲んでいます。

もし心配な方は、ホメオパシーの専門家のホメオパスの方などに相談されて、摂られる方がいいかなと思います。

サポートチンクチャー「Thuja ø VOM5」

マザーチンクチャーにスーヤのハーブと、レメディに8種の予防接種、5大マヤズムが入った「Thuja ø VOM5」(スーヤ・ワクチノーシスチンクチャー)です。


ホメオパシーでは、ADHDの症状の原因のひとつに、予防接種の影響があるという考え方があるみたいです。

私もホメオパシーのことは、詳しくはないのですが、子どもの頃に打った予防接種の害を
この「Thuja ø VOM5」で毒出しをしていくという、そういうサポートをしてくれるレメディです。


そしてマヤズムのレメディも5種類入っています。
マヤズムという先祖から受け継がれた、病気の土壌、遺伝体質のことで、人には乾癬、淋病、梅毒、結核、癌の5種類の遺伝傾向があるという概念です。
(参考:Homeopathy*マヤズム 以前に書いた記事です)


サポートチンクチャー「Thuja ø VOM5」



スーヤ、8種の予防接種、5大マヤズムと、浄化、毒出しがとても強力なレメディだなと思いました。

実際、飲んでいくと、始めの頃は、小さい頃からのトラウマや、家族のカルマのようなものが出てきました。

特に家族とのいざこざや、口論などで、心身がダメージを受けて、トラウマが浮上したりと、とてもしんどかったです。

きっと毒出し、浄化で、心と身体の深い部分に溜まっていた、古いいらなくなった膿のようなエネルギーが、出てきたのだと思います。


その時はいろんなことを思い出して、泣いたり、怒ったりとつらかったのですが、その後は、なぜかスッキリとした気分で、身も心もどんどんと、軽くなっていったような気がします。


古い感情が浮かび上がってくるということは、もうそれを手放せる、解放できるというサインなので、一見すると、ひどくなったように感じますが、浄化されて、本来の自分のエネルギーを取り戻せるチャンスなので、つらい好転反応は和らげながら、続けていくといいと思います。

実際、本来の自分が出てきて、以前とは違う私の言動でぶつかり合って、最初は家族との関係も悪化したように感じたのですが、その浄化が終わると、以前よりも良好な関係でいられるようになってきたかなと思います。

ADHDなどの症状の根本の原因には、家族、両親との関係、愛情の問題があると思いました。

最近思うのは、病気や人間関係、仕事にしても、ほとんどすべての問題の根本に、親子の関係、愛情不足の問題がすごく影響していると感じます。

家族や先祖代々からのカルマの浄化のようなものは、とてもきついですが、私はADHDや病気の症状を治したい、癒したいという気持ちが強いので、いろんなヒーリングを試しながら自分を癒していっています。


他にもADHDの症状、浄化反応を和らげてくれるレメディやエッセンスなども、併用して摂っているので、また次回に書いていきたいと思います。




天使の愛に包まれて
心身魂が穏やかに浄化され
癒されていきますように

暗闇の中に光の花束を


Read More

ADHD/ADDのためのヒーリング1【マインドフルネス瞑想】



こんにちは。もう春の季節ですね。
梅の花がとても綺麗に咲いていて、心も晴れやかな気持ちになります。

春は元々大好きな季節で、そして急性前骨髄球性白血病を退院したのが、2004年3月なので(2003年11月入院)梅や桜の花が咲くこの季節には、とても特別な思いがあります。

白血病退院から今年で14年が経ち、今もこうして元気に生きていられることに感謝です。


2018年はじめの投稿になります。
ブログを書きたいと思うことはあったのですが、
なかなか集中して文章を書くということができませんでした。


ですが、ブログを書くことで頭と心の整理にもなるし、その間はブログのことに意識を向けることができると思い、久々に頑張って書いてみようと思いました。

また、自分の体験をシェアすることで、同じような症状で悩んでいる方の、何かの参考になればいいなと思います。

ADHDの症状

今年に入ってから、以前からあったHSP、ADDの症状がさらに増して、ADHDの症状が強くなって、とてもしんどい日々を過ごしていました。

※HSP-Highly Sensitive Person(人一倍敏感な人)
 ADD-Attention Deficit Disorder(注意欠如障害)
 ADHD-Attention Deficit Hyperactivity Disorder(注意欠如多動性障害)


病院で診断された訳ではないので、もしかしたら違うのかもしれませんが、本やネットの情報を読んで、自分にとても当てはまっていて、診断サイトでもADHDの結果となり、とても辛くて、いろんな自然療法やヒーリングなどを試しています。


昨年はパニック症状を癒すためにいろいろやってきて、パニックは以前よりもだいぶ良くなりました。

でもまだ人混みに出掛けることとか、公共の乗り物は苦手で、一人きりでいる時も、時々不安感になったりすることはあります。


自然がある公園には出掛けられても、コンクリートに囲われた商業施設や、人混みや外の空気が吸えない場所にいると、息苦しさを感じて、そういう場所には行きづらくなりました。


でも一番ひどい時よりは、随分と楽になって、あとはそういう自分の体質をありのまま受け入れてあげたり、不安な気持ちを人に話したりすることで、楽になります。

重苦しさを自分の中にため込んでしまわないように、自分の感情を吐き出すようになりました。


出掛けることへの苦手意識やプレッシャーは、きっと心が本当に行きたい場所や、やりたいことならできるだろうと。

今行けない場所、できないことは、今の自分にとっては、行かなくてもいい場所で、できなくてもいいことなのだろうと思って、自然に回復していくのを待ってみようと思っています。


みんなが普通にできることができないと、どうしても、自分を責めて自己嫌悪になってしまいがちだけれど、ありのままの自分を受け入れてあげたいなと。

常識や他人の価値観を自分に当てはめてジャッジすることは止めて、自分のペースで生きていけばいいのだと思えるようになりました。


そして今年に入って、パニック症状が落ち着いてきたかなと思ってきた頃に、今度は自分の思ったことをすぐに誰かに話したくなるとか、何か思いついたことをすぐに行動に移さないと、パニックや予期不安の時にあったような、落ち着かない、そわそわしてきて発作のような症状が出たりするようになりました。


その苦しさを感じるのが嫌で、思ったことをすぐに行動に移さないと気が済まなくなっててくるようになりました。

衝動的になったり、常に頭の中や心の中が激しく揺れ動いていて、自分も落ち着かないし、それが行動に出るので、周りの人たちに困惑されたり、日常生活や人間関係に支障が出るようになりました。


一つのことに集中できずに、何か作業をやっている途中なのに、他のことが気になるとそっちに行ってしまったり、部屋の中が、自分の頭の中のようにあちこち散乱したり、何かを無くしたり、探したりする時間が増えたりしました。


また何か夢中になることがあると、過剰にそのことだけにエネルギーを注いでしまって、時間や他のやることを忘れて、没頭したりと、そのふり幅がすごく大きくて、以前はそこまでではなかったので、自分も周りもすごくびっくりして困惑するくらい大変な状況でした。


以前から自分は過敏で繊細なタイプのHSPの自覚はあって、多動性はないけれど、頭の中や心の中はすごく揺れ動きが激しいタイプでした。


以前にやったことのあるネットの診断でも、「ADDの過集中タイプ」になっていたので、ケアはしているつもりでしたが、最近はADHDの多動性も出るようになって、周りから迷惑がられたり、言われたりするようになりました。

何より自分が一番苦しくて、どうしたら、心身が落ち着いてリラックしていられるか、いろいろと調べてやっているところです。


気づいたことは、不安や恐れがあるとADHDの症状もきつくなって、人との繋がりや安心感、愛を感じている時は落ち着いていられるなと。


ADHD/ADDの根底にはHSPの過敏さがあると思います。
五感の感覚が鋭くて、音や匂いやエネルギーなど、外部の刺激に敏感に反応してしまって、常にあれこれと考えや感情が思いめぐってしまうのかなと思いました。

ADHD、HSP、パニック障害は繋がっているように感じました。

「ひといちばい敏感な子」エイレン・N・アーロン
「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ」エイレン・N・アーロン



以前に読んだ、エイレン・N・アーロンさんの本で、すごく自分のことがよくわかりました。


スピリチュアル的にはインディゴチルドレンやクリスタルチルドレンエンパス、スターピープル、スターシードにあてはまることと思います。

この世界の常識やルールになじめなくて生きづらさを抱えたり、魂の故郷に帰りたいという気持ちになったりします。

「インディゴ・チルドレン-新しい子どもたちの登場」
リー・キャロル/ジャン・トーバー

「クリスタル・チルドレン」ドリーン・バーチュー




私は音や匂い、電磁波やエネルギーなどにとても敏感で、他の人は気にならないことが、自分だけすごく不快感などを感じてしまって、誰にも理解されず、一人で思い悩んで、それが心身の不調になっていくことがよくあります。


ADHDのような症状が、こんなにもしんどくて大変なんだと、すごく実感しました。

もっと心身が安らいで、楽にリラックスしていられるようになりたいし、ADHD/ADDやHSP、パニックなどの症状も癒していきたいです。


今までやってきた自然療法やヒーリングのこととか、今やっていることなどをここに書いて、昇華されて、さらに癒されるといいなと願っています。

マインドフルネス瞑想

マインドフルネスという言葉は以前からよく目にしていましたが、あまり詳しくはわからなくて、やっていませんでしたが、ここ最近"サイン"のようによく目に留まるようになったので、一度試しにやってみようかなと本を買ってみて、やり始めてみました。


マインドフルネスとは「今、ここ」に100%意識を向ける心の在り方のことです。

有名な故スティーブ・ジョブズ氏などの著名な方も、マインドフルネスを実践されていたとのことです。

生きていると、どうしても過去や未来に意識がいってしまって、あれこれと考えがめぐってしまいがちになると思います。

そうすると不安や恐れの感情に流されやすいので、「今、ここ」に意識を戻すことで、愛と平和に満ちた安らぎの世界を取り戻すことができます。


私は基本的にはエンジェル瞑想が好きで、毎晩寝る時にかけているのですが、こちらのマインドフルネス瞑想も、気があちこちにいって集中できない時とかにすると、不思議とスーッと落ち着いていきます。


ADHDの人にはこういったマインドフルネス瞑想など、瞑想で意識的に落ち着く時間を取ることがいいとどこかで読みました。

実際やってみると「今ここ」にフォーカスしていくので、頭と心のおしゃべりを落ち着かせることができて、やっぱり改めて瞑想はいいなと思いました。

「~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門」吉田昌生



呼吸・心を整える誘導瞑想CD付きです。
じっとして本を読むのが苦手な方でも、聞くだけなので、やりやすいと思います。

男性の声での誘導瞑想なので、最初は少し慣れなかったのですが、聞いているうちに慣れてきました。
「今ここ」に集中しやすくなれるかなと思います。


同時に今までやってきた、呼吸法ヨガエンジェル瞑想も改めていいものなのだと再認識しました。
以前にブログに書いたので、良かったらそちらも参考に読んでみてください。

恐れの幻想から目覚めて、今この瞬間を生きる」の記事の中でも紹介した、VastStillnessさんのサイトで紹介されてある、エックハルト・トール&オプラウィンフリー「人生には『今』しかない!」「今この瞬間を生きる」ことの大切さを、分かりやすく教えてくれています。


YouTubeにもマインドフルネス瞑想があったので、こちらも良かったらどうぞ。
「10分間マインドフルネス瞑想2016年版」



また、マインドフルネス瞑想とは少し違いますが、センタリングとグラウンディングの誘導瞑想も、自分のエネルギーを中心軸に戻してくれるのでいいと思います。
こちらもわかりやすくて、やりやすい瞑想です。

「呼吸を使ったセンタリングとグラウンディング」



エンジェル瞑想

私が好きなドリーン・バーチューさんのエンジェル瞑想も、天使のエネルギーで癒されます。

「チャクラ・クリアリング」は、心を落ちつかせたい時や、朝起きて一日の始まりの時、夜眠れない時などにもお勧めです。
聞き流しているだけでも、お部屋の空間などもスッキリと浄化されます。

「大天使ミカエルの奇跡」は、周りの人や、エネルギーを敏感に感じてしまいやすい方に大天使ミカエルのパワフルエネルギーで、プロテクションや浄化、サイキックアタックなどを癒してくれる瞑想です。

「チャクラ・クリアリングー天使のやすらぎ」ドリーン・バーチュー
「大天使ミカエルの奇跡 瞑想CDブック」ドリーン・バーチュー




YouTubeにアップされているものも時々やります。
こちらはハワイでレムリアン・ヒーリングをされている、マリディアナ万美子さんのエンジェル瞑想です。
恐れを手放して、天使の愛の中で安心したい時に。
以前3.11の時に、たまたまこちらの誘導瞑想動画に出会って、とても落ち着いたことがあります。

「マリディアナ万美子のエンジェル瞑想(手放しと安心)」




自分の力だけでどうにかしようとすると、どんどん問題にはまり込んでしまいます。
そういう時に、瞑想で意識を自分の内側に向けて、静かで穏やかな世界と繋がったり、宇宙や天使、天界のサポートを受け取ることで、落ち着きを取り戻し、心身、魂レベルで癒されていくことができます。


ADHD/ADD、HSP、パニック障害、心身の病などで、生きづらさを抱える人たちが癒され、自分らしく楽に生きていけるといいなと願っています。




天使の愛に包まれて
恐れや不安を手放し
心身魂が癒され心の平安を取り戻せますように

暗闇の中に光の花束を


Read More

愛への帰還 ~A Return to Love~



"愛に帰ることは人生という冒険の終わりではなく、始まりです。
それは、本来のあなたへと帰って行くことです"
『愛への帰還 (A Return to Love) 』より


とても素晴らしい本に出会えました。
自分に必要な”エッセンス”が詰まっていて、心に響く言葉の数々に癒され救われました。


作者のマリアン・ウイリアムソンさんが、有名な『A Course in Miracles』(奇跡の学習コース)に基づいた、スピリチュアルな精神治療をわかりやすく教えてくれています。


愛への帰還ー光への道『奇跡の学習コース』
マリアン・ウイリアムソン(著)
大内 博(訳)




私たちが最も深く恐れているのは、私たちが不十分な存在であるということではない。
私たちが最も深く恐れているのは、私たちが計り知れないほどに力に満ちた存在であるということである。
私たちを最も怯えさせるのは私たちの闇ではなく、光である。
私たちは自問します。「私たちが素晴らしく、ゴージャスで、才能があって、信じがたい存在だなんてことはあり得ない」。
実際には、私たちはどんな存在にでもなれます。
私たちは神の子なのです。
自分を過少に評価して、その役割を演じるのは世のためになりません。
他の人たちがあなたのまわりで圧倒されないように気遣って、自分を小さくすることには、啓蒙的な要素は何もありません。
私たちは誰でも、子供たちがそうであるのと同様に、光り輝くことになっている存在です。
私たちは自分の中にある神の栄光を顕在化するために、この世の中に生まれて来ました。
それは一部の人にだけあるのではなく、すべての人にあります。
私たちが自分自身の光を輝かせる時、他の人たちにも同じことをする許可を与えます。
私たちが自分自身の恐怖感から解放されると、私たちの存在そのものが他の人たちを自動的に解放します”


訳者のあとがきにも説明されていますが、この言葉はネルソン・マンデラ大統領の演説として広まっていったのですが、元々は『A Return to Love』からの引用で、太字の部分は『奇跡の学習コース』からの引用だそうです。


最初彼女は、マンデラ大統領の演説というのを、訂正してもらっていたけれど、もっと深い何かが動いていると感じて訂正することをやめたそうです。

誰がこの言葉を述べたかよりも、素晴らしい真実をできるだけ多くの人に知ってもらいたいと。


「非常に深遠な真実が語られ、それが多くの人々の波長に合った時、それはユニヴァース(宇宙)のものとなる。
英語のuniverseを分析すれば〈「一」に属する言葉〉である。
一つとは、onenessであり、すなわち私たちすべてを指す。
したがって、その言葉は私たち皆の財産である」

病へのお手紙

この本の中の「肉体」の章の中で、健康と癒しのことが書かれていて、とても興味深かったです。

病気は分離が原因であり、癒しは人とつながることによって起こると。

人びとはガンや病を憎むけれど、自分自身についての何かを憎むというのは、病気の人が絶対に必要としていないこと。

癒しは病気と私たちの関係についての認識を転換することによって生まれる。

病からのメッセージは「私を憎んで!」ではなく、「私を愛して!」だと。


病気に関して、どう対応するか二つの選択肢があると書かれていました。

病気を攻撃すれば、ますます病気は大声で怒鳴り始め、癒しは私たちがかかっている病気と対話して、病気が何を伝えたいのか理解しようとすることから生まれると。

暗闇から光へと変貌させるのには、愛が必要であること。


その方法の一つに、自分の病にお手紙を書くことで癒すというものがあって、ガンやエイズの方が自分の病にお手紙を書き、その病からのお手紙も自分で書くというものが紹介されていて、とてもいいなと思ったので、私もやってみました。


このワークは少し前にやったのですが、初めてやった時、書きながら胸がいっぱいになって、号泣してしまいました。
私の心身魂は、自分を愛して欲しかったのだと。

その時にパニック障害や白血病へお手紙を書いてみたので、ちょっと恥ずかしいですが、ここにシェアしてみたいと思います。


~親愛なるパニック障害さんへ~

いつもありがとう。私を癒しの世界へと導いてくれて。

でも本当に君のことが怖いの。
ずーっと怖くてしかたなかった。

でも今日 A Return to Love 愛へと帰還して生きていくと決めました。

パニックも病も恐れやストレスを食べて生きているのなら、愛でいっぱいにしてあげたい。

私は自分の心、身体、魂に、恐れでいっぱいにしてしまってごめんねと謝ります。

今までずっとあなたを恐れで苦しめてしまって、本当にごめんなさい。

これからは、愛と共に生きていきます。

・・・・・・・・・・・・・・
~親愛なる白血病さんへ~

私の魂を救ってくれてありがとう。

白血病になる前、私は自分の心にも身体にも厳しく、誰かや世間体のために、自分の心も身体も犠牲にして、生きてきました。

言いたいことも言えず、本当にやりたいこともやらず、親や世間から見て、良い子であることを優先して生きてきました。

心と身体が悲鳴をあげていたんだね。

一時は本当に命の危険があったけれど、それは、私自身が自分の心を殺していたんだなと。

だから白血病という命にかかわる病で、死にそうにまでなってしまったのだと、今ならわかります。

血液のガンという、全身に関わる病。

あなたのおかげで、私は自分を大切にすることを学び、そして、自分を愛することの大切さに気づくことができました。

再発もせずに、無事に完治できたことに感謝します。

そして、パニック障害も乗り越えて、愛と共に生きていけますよう、見守っていてください。

真っ暗な闇の世界から、光の世界へと導いてくれた、白血病、パニック障害さんに感謝します。

ありがとう。愛を込めて。
Riri*

・・・・・・・・・・・・・・
~親愛なるRiri*さんへ~

私はあなたの味方です。
あなたを愛しています。

あなたに気づいて欲しくて、何度もサインを送ってきました。

それをあなたは聞こうとせず、無視して、自分で自分を苦しめる道を選んでしまっていたのですね。

もう少し早く、私たちの声に耳を傾けていれば、大病にはならなかったと思います。

それくらいあなたは強く、なんでも自分の思い通りにしようとしていたのかもしれません。

病気になったことは、とても辛く苦しかったと思います。

その時でも、いつでも私たちは、あなたを救おうと、全力で声をあげて、メッセージを送っていました。

合わないことを止めるように。

もうそこへは行かなくてもいいのだということを。

そして、それらのメッセージを、あなたが信じてくれたおかげで、今こうして元気になれたのです。

私たちは、あなたの敵ではありません。

あなたが本来のあなたらしく生きられるように、優しく、時に厳しく、サポートしている
あなたのチームです。

どうか私たちを恐れないでください。

あなたがご自分の心と身体を愛せますように。

愛するあなたへ。
白血病&パニック障害より

・・・・・・・・

病気を生み出したのは自分自身で、敵ではないのだと。

病との闘いを止めて、調和へと進むこと。

すべては自分の中の恐れだったのだと。

病を生み出した自分自身と仲良く、握手できたような気がして、とても心が晴れていきました。

病気を悪い、憎むものとして考えるよりも、自分を愛する道へと導いてくれるものとして
真摯に向き合っていく方が、状態も良くなるのかなと感じました。

もし多くの人が、自分の中の闇、病と調和することができたなら、もっと世界は優しく、健やかになっていくんじゃないかな。

是非いろんな人に病へのお手紙を書いてもらって、それを読んでみたいなと思いました。

きっと病気になった原因は、自分自身が一番知っていて、それを癒せる方法も、自分が一番わかっているんじゃないかなと思います。




白血病、パニック障害という病が導いてくれて、たどり着いた世界は、"A Return to Love" だった。

おかえりなさい。
ずっと無視していてごめんなさい。
もう君を一人にはさせないから。
私はあなたを愛しています。

”私たちを最も怯えさせるのは私たちの闇ではなく、光である”


天使の愛に包まれて
自分のすべてを愛し生きていけますように

暗闇の中に光の花束を


Read More

Social Profiles

Twitter Email Instagram

Blog Archive

Popular Posts

Translate

Profile

自分の写真
2003年に急性前骨髄球性白血病(APL)を発症し、完治しました。病気をきっかけに天使と出会い、癒しの旅へと導かれていきました。

Sitemap

Privacy Policy

Copyright © angelove*healing | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com