投稿

パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】

イメージ
1本のフラワーエッセンスとの出会いが
その後の私の人生を大きく変えていき
サポートしてくれるきっかけとなりました。
そんな自然界からの贈り物の
フラワーエッセンスのことを紹介したいと思います。


パニック症状などになった時には
病院で処方されたお薬を飲まれる方も
多いかと思います。


私も白血病闘病時や退院後は
そういった症状が強く
お薬を飲むことが多かったのですが
ずっと飲んでいると、副作用が気になったり
実際、私は副作用があったので、
できれば、副作用がない
もっと自然療法のもので
パニック症状を癒せないかなと思っていました。


2003年に白血病で入院し
2004年に無事に退院
2年間の維持療法も終え
その後スピリチュアルやヒーリングに出会い
アロマやパワーストーン、オーラソーマなど
いろいろと興味を持ったものを試していき
その中で時々見かける
「フラワーエッセンス」というものに
興味を持ち始めるようになりました。

フラワーエッセンスとは フラワーエッセンスとは、
花や植物など自然界のエネルギーを水に転写したもので
私たちの感情を癒していくことで
心と身体の調和をサポートしてくれる花療法です。


使い方は、通常1回に2~3滴を
直接口の中に落としたり
コップの水や飲み物に入れて摂っていきます。


その他にも
お風呂の中に入れたり、
直接身体、手首などに塗ったり、
マッサージする時に数滴使ったり、
スプレーボトルに入れたり、
お守りのように持ち歩いて
エネルギーを受け取ったりと
色々な使い方ができます。

パニック症状をサポートしてくれる~レスキューレメディ~ 私がフラワーエッセンスに出会ったのは
今から9年前の2008年になります。 その時のことを書いた記事が
こちら→フラワーエッセンスとの出会い


初めて飲んだフラワーエッセンスが
1930年代にイギリスのエドワード・バッチ博士によって開発された
バッチフラワーレメディのレスキューレメディでした。


38種類のレメディ
緊急用に5種類のレメディがブレンドされた
レスキューレメディがあります。


レスキューレメディの中には
インパチエンスクレチマスチェリープラム
スターオブベツレヘムロックローズ
の5種類お花のレメディが調合されています。


インパチエンス 
気持ちが落ちかずイライラしている時に
穏やかな気持ちにさせてくれる

クレチマス
意…

パニック障害を癒す2【ヨガ】

イメージ
パニック障害や自律神経失調症など
心身のバランスが崩れてしまっている時に
ヨガはとてもお勧めです。
私がやっているおうちヨガを紹介したいと思います。

心身のバランスを取り戻してくれるおうちヨガ ヨガはサンスクリット語で「繋がり」を意味するもの。
心、身体、魂が繋がり
自然、宇宙と調和していくこと。


呼吸、ポーズ、瞑想を通して
心身をリラックスさせて
バランスを整えていきます。


心と身体は繋がっていて
心が緊張している時は
身体も固くなっているので
ヨガで呼吸をしながら
ゆっくりと身体を緩めていくと
心もリラックスして落ち着いていきます。


私がヨガを始めたきっかけは、
今から14年前に白血病を患い
退院後に体力を戻すために
「何かおうちでできる運動はないかな?」
と思い、おうちヨガなら
病み上がりでもできそうだと思い
始めてみました。


初めてヨガをやった時に
心身共にとてもスッキリして、気持ちよくて
「これなら毎日でも続けられそう!」
と思って、それからずっと続いています😊


白血病の退院後は
精神的にも不安定だったので
自律神経を整える意味でも
とても良かったと思います。


最初の頃は、DVD付のヨガの本をいろいろとやっていました。
その中でも、ハタヨガなど、ゆったり系のヨガが好きで
心身共にリラックスできるのが
私には合っているなと思いました。


よくやっていたのは
千葉麗子さんやSHIHOさんの本で
今でも時々やっています。
流れるような動きの中で
いろんなポーズを取っていくのが好きです。


ヨガを始めてから
心も身体もしなやかに、
姿勢も良くなって、
バランスが取れてきたように思います。
呼吸法やマントラを唱えるのも
心身を落ちつかせてくれるので好きです。


パニック症状や自律神経の不調の方には
気軽にマイペースにできる
おうちヨガはお勧めです。




不安、心配、緊張の時に気持ちを落ち着かせる10分ヨガ そして、最近毎日のようにやっているのは
前回の記事 パニック障害を癒す1【呼吸法】の中でも紹介させていただいた Wellness To Go のArisaさんのヨガです。

Youtubeやアプリで部位別や症状別に
たくさんヨガを紹介されているので
その時の自分の心身の状態に合わせてやっています💗


自律神経に良いものや、腰痛、肩こり
朝ヨガにお勧めの太陽礼拝など
アクティブ…

パニック障害を癒す1【呼吸法】

イメージ
パニック症状や過呼吸、予期不安などで
ドキドキして心拍数が速くなって
息苦しさや、動悸、めまい、
手足のしびれが出てくると
すごく怖くなってしまいますよね。
そんな時に私がやっている呼吸法を紹介したいと思います。

焦らずゆっくり息を吐く 過呼吸やパニック症状になっている時
息苦しさから、
「息を吸わないと!」と思って
焦って息を吸いがちになってしまうけど


ドクターからは
「息を吸い過ぎて、酸素が過多になっているから
息をゆっくり吐いていくこと」と言われました。


緊張状態にある時は
交感神経が優位になって
息が浅くなっているので


パニックアタックの時は
焦らずゆっくり息を吐く
ことをまず心がけています。


しっかり吐き切ると
身体は自然に息を吸ってくれるので
波や雲や川の流れ
自然界のリズムに調和していくように
ゆったりした呼吸を意識してみるといいと思います。


自律神経は心臓など身体の機能を
自動的に調整してくれている機能で
その中で自ら意識して
ゆっくりと整えることができるのが呼吸です。


呼吸を整えていくことで、
交感神経、副交感神経のバランスを
調整していくことができます。


呼吸法の時に光をイメージするのもいいと思います。
宇宙から光が舞い降りてくるイメージをして
その光を吸って
いらなくなったもの、不安、恐れ、心配などを
全部吐き出していく


英語のInspiration(直感、霊感)の語源は
「息をする、呼吸をする」
というところから来ていて
呼吸は天界とも繋がる大事なツール


私は天使を呼んで
光で守ってもらうようお願いして
プロテクションもしています。
光に包まれて、安心感の中にいられるように。

自律神経を整えるヨガの【片鼻呼吸法】私はちょうど14年ほど前に 白血病で入院していたのですが、 その退院後から体力を戻すために始めた おうちヨガで鼻呼吸片鼻呼吸法を知って とても心身の調子が良くなりました。

やり方は
右手でピースサインを作って
人差し指と中指を眉間に置いて
親指で右鼻をおさえて
薬指で左鼻をおさえる

片鼻ずつゆっくり
吐いて、吸って、止めて
を繰り返していくというもので
私は大体ひとつひとつを4秒ずつくらい
カウントしながらやっています。


まず左鼻を開けて
左鼻から吐いて
左鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

次に右鼻を開けて
右鼻から吐いて
右鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止め…

パニック障害のこと

イメージ
またここに戻って来れました。


ずっとblogから遠ざかっていて
特に何かを書きたいという気持ちには
ならなかったのですが、
また書きたいと思えるようになりました。


久しぶりにblogを書こうと思ったのは
最近の自分自身の症状や
いろんな所で目にしたり、聞いたりする
現代社会に蔓延している
心の病やパニック障害などのことが
とても気になってきたからです。


心の整理と自己セラピーも兼ねて
書いていきたいと思います。


私は元々、心も身体も敏感体質で
人間関係や環境、天候、食事など
様々な面で、影響を受けやすく
揺れ動きやすいタイプです。


HSP、ADD(ADHD)なんかも
当てはまる面が多くて
普通の人の感覚より、過敏な面があります。


そんな私が、
初めてパニックのような
過呼吸の症状に襲われたのは
今から20年近く前のことです。


当時飼っていた愛犬が亡くなった時に
夜、寝ようと布団に入っていると
突然、息が苦しくなって、頭がボーッとして
意識が遠のいていくような発作に襲われました。
初めての体験で
死んでしまうんじゃないか?と思うくらい
とても怖かったのを覚えています。


当時、イヤホンの影響とストレスから
耳の痛みとめまいや吐き気がする
メニエール病を患って、内科に通っていたので
そこで症状を先生に話して、お薬をもらい
その時は、しばらくすると良くなりました。


それから数年後に
急性前骨髄球性白血病を発症し
無菌室で闘病生活をしている時にも
また、パニック症状が出てきました。


入院中は、死と抗がん剤への恐怖心が強く
すごく不安定で、夜も全く眠れず
睡眠剤や安定剤をもらっていました。
そんな心境の中での無菌室の閉塞感、
一人きりの孤独感が一番辛かったです。


それからは、退院してからも
その闘病生活の体験が
私にとっては、心身共にとても過酷で
PTSDのようなトラウマとなりました。


一人きりの時に不安感に襲われたり、
電車やバスなどの交通機関や
エレベーターや人混みなどが苦手になり
ドキドキ緊張したりするようになりました。


病気や死に対する恐怖心と
入院中のトラウマなどで、
日々生きるのが辛く、
真っ暗なトンネルの中にいるような
苦しい時期がありました。


そこからどうやったら抜け出せるのか
色々と自分を救えるものを
探し求めている時に
天使やスピリチュアル、ヒーリングに…

Information*New Blog

旧ブログより移転してきました。
ブログの更新、全然できていないのですが
過去の記事を残しておきたくて
こちらに移しました。
どうぞよろしくお願いいたします。


今年も残りわずかになってしまいましたが
昨年末から今年と、心身共に
とてもハードな一年を過ごしていました。


昨年の今頃は、愛犬とのお別れで
何もやる気が起こらず
体調も崩していました。


今年に入ってからも
2016年は数秘術の
完結、完了を意味する「9」の年
乙女座木星のエネルギーも加わって
心身の浄化が大変でした。

(前回、木星が乙女座に入っていた
2003~2004年は白血病を患って
入院治療している時期でした)


今までの自分の生活習慣、食事、人間関係
肉体、感情などすべての面で見直しがかかり
今までと同じようにはできなくなり
本当に必要なもの以外
すべて手放していくという毎日の連続でした。


そして「9」月に入り
アセンションシフトの嵐のような
強い浄化のエネルギーにさらされ
今まで経験したことのない
ライトボディへの変容に見舞われました。


今までやってきたことの総決算のような
最終試験のような感じで
スピリチュアル、ヒーリング、リーディング
エッセンス、ホメオパシー
アロマ、ハーブ、クリスタル
ヨガ、瞑想、呼吸法、自然
タロット、オラクルカード
色、音、ソルフェジオ周波数、マントラなど
五感、第六感をフル活用して
なんとか自分を保っていられるという状態でした。


自分の中にある
死、孤独、分離意識などの恐れの幻想から
目覚めさせられるような試練の連続で
何度も神様に
「もうこれ以上無理です!助けてください!」と
ヘルプし、サレンダーしました。


何もできなくなって
ただ祈り、マントラを唱えて
ハンドヒーリングで自分を癒していました。


左手は陰(受信・浄化)で
右手は陽(送信・ヒーリング)
両手を合わせて統合したり。
ハンドヒーリングでお腹の中にいる
インナーチャイルドと繋がることができて
おへそには宇宙と繋がるコードがあると気づいたり。


そして、もうこのままでは
本当に自分が無くなってしまう
と思うところまで到達して
もう抵抗するのを止めようと
ただただ宇宙と共にいようと。


宇宙と共にいる限り
天命までは絶対に死なないし
もし死んだとしても
宇宙、神様、天使たちと共にいる限り
何も怖くないんだと。


エゴとの…

闘病記あとがき~白血病完治~

2003年11月に
「急性前骨髄球性白血病(APL M3)」と診断され
入院したあの日から、12年が経ちました。
今もこうして元気に生きています。


入院していた当時は
自分の5年後10年後の姿なんて想像できなくて
この世に生きていられるのかさえ
わからなくて不安だったあの頃のことを
今でも時々思い出します。


発症当時は「白血病」というと
不治の病のイメージが強くて
実際に周りでも
亡くなられた方を知っていたので
本当に自分が完治できるのか不安でした。
ネットでも、今ほどブログなどで書かれている人も少なくて
完治した人のブログなどほとんどなくて
一体これから私の人生はどうなるのだろうと
未来がなかなか見えずにいました。
だけどネットで闘病記など発信されている方が
少ないながらもいたおかげで
すごく心強く、自分一人じゃないんだと
励まされました。


白血病の闘病は
患者さんの割合も少なくて
治療も無菌室やクリーンルームなど
狭い世界の中で
孤独になってしまうことが多いので
ネットという広い世界と
繋がるツールがある時代で
本当に良かったと思いました。


まさか自分もブログで
闘病記を書くことになるなんて
思いもしなかったけれど
自分を癒していく過程で、天使たちの導きから
自分の中の闇を吐き出して
昇華していく流れになり
闘病時から10年以上の時を経て
当時のことを書くことになりました。


当時書き留めていた手帳やノート
血液データ表、取り寄せた入院カルテのコピーなどを元に
記憶をたどって書いていきました。
もう10年以上も前のことなので
鮮明に覚えている事
だいぶ忘れてしまっている事もありました。

また治療方法や医療の世界も
私の頃とは、随分変わってきているだろうと躊躇する気持ちや
まるでパンドラの箱を
開けるような恐怖心もあり
最初の頃は、本当に最後まで書けるのか
全く自信がありませんでした。


ただ時々、TVなどで
白血病やがんを患って
真っ暗になってしまった人
戸惑い、不安、恐怖を
抱えている人の姿を見ると
当時の自分を見ているようで
もし何か書くことで
誰かの希望になれたらいいなと。

そして何より自分自身を救うために
過去から解放されたくて書こうと思いました。


書きながら、当時のことを思い出して
泣けてきたり
辛くなることも何度かありました。

自分の中の深い闇の部分…

エピローグ~桜の時~

大好きな桜の季節がきた
白血病退院から4年経った2008年の春
定期検査の日がきた
病院へ向かう道中 感慨深い気持ちでいた
まだ4年で完治とは呼べないのかもしれないけれど
自分の中ではもう絶対大丈夫と信じていた


出会いと別れ
卒業 入学 新生活
植物たちが色とりどりに芽吹いてくる
この季節が好きだ


毎年桜の季節になると思い出す
2004年白血病退院した日のこと
綺麗な桜吹雪を見たこと
緊急入院 転院 告知 怒涛の闘病生活


そしてDr.との日々を思い返していた********

「Riri*さんが入院した日のことは よく覚えている」
「入院した頃 精神的にすごく不安定で一人ぼっちに見えた」
「たいがいの患者さんには献身的に支えてくれる人がいて
医者の役割は限られているけれど
ほとんど支えてくれる人がいないように見えた」
「だから自分が何とかしてあげなければと思った」
「必要としてくれる人がいるなら 頑張ろうと乗り越えられた」
「Riri*さんと とりとめのない話ができる時間はすごく癒された」
「あの時期 Riri*さんが生きるための意味であり救いだった」
「論文のリプリントを渡した時
この人にもらってもらえるなら
研究への想いも諦められると思った」


入院中の私は 絶望と恐怖のどん底にいて
孤独で絶対的な希望もなくて
でも死ぬのも怖くて
闘う勇気もなくて
どこにも逃げ場がなくて
どうしていいかわからない状態だった


でもDr.や看護師さんがすごく優しくしてくれて
一生懸命励ましてくれて
自分のためにすごく熱心にやってくれている姿を見て感動した


自分のためにこんなに頑張ってやってくれている人がいるのなら
私はこの人たちの力を借りて
頑張って乗り越えられるかも
この人たちの力を無駄にしたくない
頑張っていこうと思えた


そしてDr.がかけてくれた言葉
「代わってあげたいけど 代わってあげられない」

この言葉を聞いた時
氷のように冷たくなっていた私のハートが
じんわり温かくなっていった


こんなに優しい言葉をかけてくれる先生がいるなら頑張れる
この人と出会えて良かった
頑張って退院して 元気になっていく姿を見てもらいたい
そう思えた


私にとってのDr.は
”この人との出会いがあったなら
白血病になったことも諦められる”

そう思える唯一の存在
生きる希望であり支えの人


Dr.と出会…
Instagram