白血病を完治 ☆ 癒しの旅の記録

Healing Journey with Angels

~暗闇の中に光の花束を~

Angelic Essences*True Love



幾千の時を超えて続く魂の物語
出逢った時、懐かしさと共に
雷に打たれたような衝撃を受けた


まるで鏡を見ているかのように
双子の兄妹のようにそっくりな二人
心通じ合える、魂の繋がりを感じる人
惹かれあい、衝突し、魂を磨きあう
双子の魂、ツインソウル
今世めぐり逢い、運命の輪が回り始めた


初めて出逢った衝撃から始まった癒しの旅
強烈な浄化と癒しの経験をして
相手を鏡に自分を知るにつれて
二人が結ばれ、統合するためには
お互い沢山の浄化と学びが必要なんだとわかりました。


厳しい課題を突き付けてくる相手から逃げたくなって
何度も離れようとしても
強力な磁石のように引き寄せられ
離れられなかった二人が
今度は何か強い力によって
二人引き離されてしまいました。


魂が引き裂かれるように、辛く苦しくて
何度も訪れる試練に、心折れそうになり
彼を忘れて他の道に行こうとすると
また彼へと続く道に戻されて。
離れていても感じる彼のエネルギー
切っても切れない深く結びついた絆に
本当に、自分の分身、ツインソウルなんだと。


二人それぞれの課題、使命の道を歩むために、別々の旅に出されました。
自分の中の古い価値観、固定観念に
気づかせてくれるような出来事が次々と起こって
アセンションのための変容を促されているように思いました。


そんな不安の中、彼にとても似ている
魂の繋がりを感じる人たちに出会い、救われました。


相手の中にある、自分の気づいていなかった面を見つけて学び
出会った意味がわかると、自然に離れ
また新たに彼と自分の側面、似ている人に出会い
統合していくという不思議な現象に
今、自分は統合の旅に出されているんだと気づきました。


出逢った時から運命を感じた人
ピンチの時に癒し救ってくれた人
心細い時にサポートしてくれた慈悲の人
自分を表現する勇気をくれた人
自分を輝かせて自信を持たせてくれた人
不思議で気になる謎の人


ツインソウルの彼に逢いたい
離れていても、ずっと自分の心の中にいて
支えとなり原動力となっている人。


お互いの傷ついた心が
疑心暗鬼になって、傷つけあってしまったり
あまりに分かり合える人に出逢えて
精神的に相手に頼ってしまい
気が付くと、共依存のようになっていたこともありました。


彼への想いは、正直綺麗なものばかりではなく
喜怒哀楽、あらゆる感情のMaxを体験して
彼に失望して、もう二度と会いたくないと思ったこともあるけれど
感じたくない感情も、全てが鏡で
自分の中にある感情だったんだと学びました。

そして、再会するためには、本来の自分のエネルギーを取り戻して
自分の使命の道を歩んでいくしかないと。


どんなことがあっても、信じ貫いていけるように
自分の心を愛で満たせるように
アンジェリックエッセンス
「True Love」
「God's Love」
「Self Love」


真実の愛は、愛されることを外側に求める気持ちの中にはなくて
自分の中に宿っている愛に気づいて、大切に育み
誰かのためにそれを丸ごと差し出せる
覚悟の中にあるのだと思います。
今年話題になった『アナと雪の女王』のように
自分のことを省みず、誰かのことを守りたい、救いたいと純粋に思える気持ち。


誰かを愛するには、まず自分を愛せないと
自分の満たされない心を、相手の愛で埋めようとしてしまって
無意識に相手から愛のエネルギーを奪おうとしてしまう。
自分のことをありのまま愛し、満たしてあげられた時に
はじめて、相手を真に愛せるのだと思いました。


そして、ありのままの自分を受け入れることを教えてくれた素敵な作品
映画『ペネロピ』
とても心に響いて、自分の運命を受け入れることを教えてくれました。

呪いを解けるのは自分自身であること
ありのままの自分を愛し受け入れることが、呪縛を解く鍵なんだと。


私はこの物語がすごく好きで、インテリアや色彩も綺麗で
大好きな『アメリ』のような素敵な世界観で、幸せな気持ちになれます。
自分の生まれ持った個性を大切にし、愛してあげること。
運命を自分の手で切り開いていくこと。
自分を真に救えるのも、幸せにしてあげられるのも、自分自身であること。


人はなぜ愛の不足を感じて、愛を求め彷徨ってしまうのか
きっと魂は、神の愛、真実の愛を知っているから。


遥か昔、完全な愛で満たされた場所にいた魂の記憶が
真実の愛とは何かを知っていて
私たちが再びそこへと辿り着けるように
導いてくれているのだと思います。


Read More

Angelic Essences*本当の自分



自分は一体誰なのか
自分の魂は何を求めて生まれてきたのか


自分をずっと癒してきて
本当の自分を知っていきたいと思うようになりました。
今までの自分の人生に起こったこと、どういう意味があったのか。


ずっと飲んでみたいと思っていた
自分の本質のエネルギーという
天使たちが創ってくれた世界にひとつしかない
オリジナルエッセンスを飲んでみました。
「Custom Essence」


エネルギーがきつくて、エマージェンシーのような感じで
スターライトのエネルギーをとると、楽になりました。
「Starlight Essence」


そして、本来の自分に目覚め、使命を思い出し
過去の出来事の真実を見て
本当の自分を生きていきたいと。
「Awakening」
「Reviewing」
「To Remember」
「Hallelujah!」
「Ganesha」
「Transitions」


そうして進んでいくうちに
自分の中にあるエネルギーのブロック
過去の重いおもりのようなものがあって
このおもりが前へ進んでいくのを
邪魔しているような気がしました。


もうこのおもりを手放したいと思い
刺激を与えて、エネルギーのブロックを取り除き
サイキック能力を高めてくれるエッセンスを摂りました。
「Stimulation」


またホメオパシーでも、自分の本質だと思った「Silica」
母親との関係での悲しみを癒すために「Nat-mur」を摂りました。


すると、今まで誰にも話さずに
自分の奥深くに封印してきた沢山のことで
もう自分の中がいっぱいになって
苦しくなっているのを感じました。


インプットからアウトプットへと
転換するスイッチが入ったように
突然blogを書いて自分を出すようにと
ワンネスへの大きな流れが押し寄せてきて
抵抗するのが苦しくなって、押し出されるように
魂や天使たちに導かれるまま
このblogを始めることになりました。


また、躊躇する気持ちを後押ししてくれるような
ある才能溢れる、とても強い情熱を持つ
アーティストから刺激を受け
勇気をもらえて、今までやってこなかった
本当の自分を表現していこうと思いました。


最初は、何を書けばいいのかわからなくて
戸惑っていたのですが
天使たちはいつも
ありのままの自分を出せばいいとサポートしてくれます。
もっとスムーズに書けるようにと
エッセンスにもサポートしてもらいました。
「Creating Realities/Imagination」


それまで自分がblogを書くことは考えたことがなくて
ネットの中で自分を表現することに
すごく抵抗や戸惑いがあったのですが
書いていくうちに、おもりがとれて、軽くなって
自分らしくなれるような気がしました。
書くこと、表現することは、アートでヒーリングなんだと。


今までずっと、自分の本当の気持ちを表現するのが怖くて
いつも言葉を飲み込んで、本音を隠して
周りの人に合わせて生きてきました。


どうしてそうなったのか、いつからそうなったのかと思い返すと
幼少期から母親のコントロールがきつくて
自分の気持ちや欲求、要望を受け入れてもらえず
何か自分の意見を言うと、否定されたり、けなされたりして
ヒステリックな言動を受けてきた影響があると思いました。


その怖さや衝突することに疲弊してしまって
自分を出すことを諦めて
本当は自分が何をしたいのかわからなくなってしまい
いつしか自分を見失っていました。


本当の自分を取り戻して、表現していけるようになりたい。
そうすることで、自分らしく生きられる人たちと繋がり
そんな場所へと辿り着けるのかなと思っています。

私の意識を大きく変えてくれた
スーザン・ケイン「内向的な人が秘めている力」TED Talks
本当に出会えて良かったと思えるスピーチで
ありのままの自分を受け入れて
尊重してあげようと思えるようになりました。


スーザンの著書
『Quiet 内向型人間の時代―社会を変える静かな人の力』も読んでみて
今の学校や社会は、外向型をベースに作られていて
内向型のタイプは、苦痛を感じることが多いのだとわかりました。



学校や社会でも、明るく活発で、積極的に発言したり
社交的であることが、良いことのお手本のようになっていて
大人しかったり、のんびりマイペースでいると、そのままで良しとされず
無理やり積極性や活発になることを求められて、すごく苦痛でした。


無理して社交的になろうと振る舞ってみても
ただ疲れるだけで、心から楽しいとは思えませんでした。
そんな学校生活や社会生活に溶け込めず
疲れてしまう自分はダメなんだと思っていました。


本の中では、エレイン・アーロンの
「HSP(Highly Sensitive Person)とても敏感な人々」にも触れられていて
スーザンやエレインの考えにとても共感して
今まで自分が欠点だと思っていた
内向的な面や、HSPの個性をポジティブに捉えられるようになりました。


内向型というと、暗いとか
どこかネガティブなイメージに捉えられがちだけど
このスーザンのスピーチや本に出会えて
彼女がとても素敵な女性で輝いて見えました。


もう他の誰かのようになろうと
無理して頑張らなくていいのだと
ありのままの自分に自信を持っていいのだと
心からそう思えるようになりました。


Read More

Angelic Essences*Miracle



14年一緒に時を過ごしてきた愛犬
私が病気をしたり、いろんな辛い試練の時
いつも癒して元気をくれた心の友。


そんな愛犬が今年のはじめ
ふらついて調子が悪そうで、病院で診てもらいました。
脾臓に腫れがみられ、他の臓器に影響して
具合が悪くなっているかもしれないということがわかりました。


心臓の雑音や、腎臓の数値もBUN 111と高く
尿道に石がある異常がみられて
手術をした方がいいけど、体が小さく、高齢のため
麻酔手術はかなりリスクが高いと言われて、すごく悩みました。
結局、リスクの高い手術をする決断はできなくて
点滴や注射、飲み薬での治療を選択しました。


犬とか人間とか関係なく、心通じ合える大切な存在。
一心同体でいつもそばで見守ってくれる宝物。
すごく動揺して、自分も辛くて、しんどくなりました。
今までいかに犬に癒され
支えてもらっていたのかがわかりました。
まだまだ一緒にいたいし、絶対に失いたくないと思いました。


自分の内面を見つめてみて、昔飼っていた犬たちとのお別れが
トラウマとして残っているのを感じました。


犬の病気や死に対して、すごく恐怖心があると感じて
自分の不安や恐れの気持ちが、犬に影響してしまったり
悲しい現実を創造してしまわないように
エッセンスを飲んで、深い悲しみを癒していこうと思いました。
同時に犬にも飲ませてあげました。


「Good Grief」
「Hope」
「The Emotional Component」
「Connecting to the Source」
「Quan Yin」
「Ak Mar Sant;Gracious」Lemurian Essence


また、自分と犬のそれぞれ、飲用ボトルとは別に
置いておくだけのボトルも作りました。
DNAが入っている髪の毛を1本入れて
水にエッセンスを加えて
太陽光や月光に当てて
ボトルにエネルギーを入れていました。


痩せてふらついて、歩けなくなってきて
食事もあまりとれなくなってしまった愛犬を見ているのは
本当に辛かったです。


そんなある日、もうお別れで
向こうの世界にいってしまうのかと思って
泣きながら、ただただ、無心で祈り続けていました。


すると、自分の心と天が真っ直ぐに繋がって
祈りが天に届いた感覚がきました。
部屋の窓から、光が射してきて
不思議な光景の中にいました。


ずっと辛そうに横たわっていた犬が
ふっと立ち上がって歩いてくれて
その時、ミラクルが起きたと思いました。
祈りが天に届いた瞬間を初めて経験しました。


それからは、元気になってくれて
食事に栄養パウダーを加えてあげると、食欲も出てきて
貧血やふらつきも治り体がしっかりしてきました。
今は点滴など特に治療はしていなくても
散歩でも、時々小走りになるくらい元気に過ごしています。


動物病院の先生も驚くくらいで
当初はもう一か八かで手術するしかないと思ったけど
保存療法でこんなに元気になるのは
珍しいと仰っていました。
周りのみんなも不思議に思っていて
私は見えない存在たちの力や
アンジェリックエッセンスのおかげだとすごく感じました。


アンジェリックはいつも不思議な力で
私たちをサポートしてくれて、本当に感謝です。


腎臓の数値はまだ高いので
様子を見ながらできることをしてあげて
一日でも長く、元気に一緒にいられるように
日々を大切に過ごしていきたいです。


Read More

Angelic Essences*光と闇



地球のエネルギーが上昇していくにつれて
心と体の浄化も本格的になっていきました。
3次元と5次元の間を行ったり来たりしている感覚で
自分の意識の状態で、上がったり下がったり。


光と闇が色濃くなって、周りに現れる人も
自分の中の光を映し出してくれる人や
自分の中の闇を映し出してくれる人との出会いもありました。


人間関係に失望したり
体の不調ですごく不安になった中でも
アンジェリックや天使たちのエネルギーにサポートされ
ピンチを救ってもらいました。


自分の中の癒されていない部分が
強く浮かび上がってきて
コンプレックスやトラウマを
優しく癒していってくれるような存在
一番苦手なタイプで、自分が気づいていなかった
自分の中の闇を教えてくれる存在


そんな鏡となってくれるような存在が現れて
自分の中の光と闇を強く認識していき
アンジェリックエッセンスで自分を浄化して、癒していきました。


「Shame Free」
「Acceptance」
「Releasing Resentment」
「Awakend Heart」
「Inspiration」
「Do Your Purpose」etc.


体の面でもきつくなってきて
ライトボディへのサポートのために


「DNA64」
「VRIL」
「Neutral Implant/Karma Clearing」
「Welcome Home/The Light」
「IN-Light」
「The Physical Component」etc.


そして先祖の癒し、契約解除、DNA修復という
とても深い癒しの世界へ


「Ancestral Healing」
「Clearing Contracts」
「Repairing DNA」


すると、ひどい下痢が止まらなくなって
体調を崩してしまいました。
病院で診察を受けたら、感染性胃腸炎と診断されました。


でも特に思い当たる食べ物や
誰かから感染したとか、周りの人も誰もなっていなくて
自分の感覚では、エッセンスの強力な浄化のように思いました。


脱水症状がひどくて、病院が休みの日は
救急病院で点滴してもらい
最後は強い薬を飲んで、やっと止まりました。
その間に、胃腸も弱って食べられなくて
今度は栄養不足でフラフラの状態になって
回復するのに時間がかかりました。


自分の中の古いエネルギーを出し切って
空っぽになろうとしてるように感じて
浄化の勢いが強くて怖くなりました。


そんな強烈な体の浄化が終わって
今度は、自分の中の争っている
光と闇、善と悪、二元性の葛藤が苦しくなってきて
光と闇のバランスをとってくれるエッセンスを飲みました。


「The Balance of Light」
「The Balance of Dark」
「Courage」


この光と闇のエッセンスを飲んでいる間
魂レベルのトラウマや痛みが出てきて、本当に苦しかったです。


体が引き裂かれそうな感覚がよみがえってきたり
宇宙の真っ暗闇の中に落ちていく感覚や
魂の根源にある分離の痛み、トラウマ、絶望感が出てきて
心臓が痛くなったり、胸がドキドキしていました。


魂レベルのショックが
心臓や体の奥深くに残っていたんだなと思いました。
そして、自分が見ている世界は
内面の投影なんだと改めて気づきました。


そんなきつい光と闇の浄化期間を終えると
ずっと鏡にしていた
自分にとっての、光と闇の存在が離れていなくなってしまい
2013年が幕を閉じました。


Read More

Social Profiles

Twitter Email Instagram

Blog Archive

Popular Posts

Translate

Profile

自分の写真
2003年に急性前骨髄球性白血病(APL)を発症し、完治しました。病気をきっかけに天使と出会い、癒しの旅へと導かれていきました。

Sitemap

Privacy Policy

Copyright © angelove*healing | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com