スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

寛解導入療法~JALSG APL97~

怖い夢を見た。

白血病の告知を受けた翌朝、夢の中で自分が棺桶に入って死んでいた。

周りをお化けに囲まれて、クスクス笑ってこっちを見ている。
その笑い声が耳元で大きくなっていき、枕元に誰かがいて金縛りになった。

なんとか解いてナースコールを押した。

看護師さんが来てくれて、安心して、ボロボロ泣いた。

昨日の骨髄穿刺(マルク)の胸の痛みが残っているのも訴えた。
自分が思ってる以上に、告知のショック、治療や死の恐怖があるのだと思った。

WBC   12900
Hb          7.2
PLT         6.9
GOT        88
GPT        64
LDH     1173
PT         59%
APTT     37.5
Fib        129
Blast     10.0
ProMy    45.0
(寛解導入療法 Day1)


告知の翌日から、寛解導入(JALSG APL97)の治療が始まった。

M3の特効薬、ベサノイド(ATRA)
キロサイド 7日間
イダマイシン 3日間
抗真菌剤、抗菌剤などの飲み薬


化学療法(抗がん剤)の副作用の説明を聞いて、とても怖くなった。

吐き気、嘔吐、脱毛、骨髄抑制、倦怠感。
寛解(白血病細胞が全体の5%以下)を目指すため、強めの治療をすると言われた。

吐き気止めの薬を入れてもらっていたけど、夕方から吐き気がきた。

病院の食事は食べられず、アイスを食べた。


抗がん剤治療、2日目以降は、ずっと船酔いのような感じで、吐き気が続いた。

飲めず、食べられず、何度も嘔吐して苦しかった。

加熱食の臭いがダメで、食事もほとんど食べられず、ゼリー、みかん、アイスなどを恐る恐る食べるも吐いた。

輸血しながらの抗がん剤治療。

体が本当にしんどくて、気持ち悪くて何もできない。

嘔吐、下痢、微熱が続いた。


本当に辛いよ…

覚悟はしていたけど、想像より何倍もきつい。
こんなのが続いて、乗り越えられるのかな。


輸血も毎日のようにしている。

今の私は、献血してくれた見知らぬ人たちの善意で、助けられているんだと感謝した。

会社に連絡して、病名と入院治療のことを話した。

後から友人からメールが来て、「戻ってくるのを待ってる」とくれた。

「復帰できるように頑張る」と返信した。


クリーンルームは、携帯やネットの電波が悪くて、通話や…

骨髄穿刺・告知~急性前骨髄球性白血病~

目まぐるしく変わっていく、体、心、環境。

つい1週間前には資格試験を受けていたのに、緊急入院から3日目、救急車で転院となり、何が何だかわからぬまま、クリーンルーム(無菌室)に入室していた。


気が付くともう夕方。

前の病院では絶食だったけど、新しい病院では食事OKだと聞いて、すごく嬉しかった。

口からご飯を食べられることが、すごく美味しくて幸せだと感じた。


クリーンルームは綺麗で、滅菌水が流れる洗面台、トイレもあって安心した。

看護師さんからクリーンルームでの、注意事項を受けた。


血小板の輸血を入れ終えて、点滴や輸血を入れるための、中心静脈カテーテル IVHの処置をした。

右の鎖骨から縫われてすごく痛かった。


終わったら看護師さんが、「何か買ってきてあげるよ」と言ってくれて、院内のコンビニでゼリーとお菓子を買ってきてもらった。

クリーンから一歩も出られないので、家族や看護師さんに頼らないといけない。


初めてのクリーンルーム、閉鎖された空間、ビニールカーテンで囲まれている環境に慣れなくて、睡眠薬を処方してもらったけれど、なかなか眠れずにいた。


翌朝、救急車のサイレンの音で目が覚めた。

ずっと耳で鳴っていて、朝の採血に来た看護師さんに言ってみた。

看護師さんは、救急車は来てないし、聞こえないと。


昨日救急車で搬送されてきたから、幻聴なのかな……。


WBC   19100
Hb          7.3
PLT        4.0
CRP    0.7
GOT        68
GPT        16
LDH     2619
PT         39%
APTT     41.3
Fib        129
D-D   >20
FDP      76
TAT      27
Blast     6
ProMy    55


お昼から心電図の検査をし、そのあと骨髄穿刺(マルク)の検査をした。

局所麻酔をして、胸骨の骨髄にグリグリと太い針を刺し、骨髄液を採取する。

一瞬、息が止まるような強い衝撃が走った。

体感したことのない、胸を刺される拷問のような体験。
すごく怖くて痛くて涙目になった。


その日の夕方、Dr.が病室にきて、母親と検査の結果を聞いた。

「急性前骨髄球性白血病です」

病名を告知された。

何かの間違いであってほしいと願っていたけれど、その願いは…