白血病を完治 ☆ 癒しの旅の記録

Healing Journey with Angels

~暗闇の中に光の花束を~

闘病記あとがき~白血病完治~



2003年11月に、「急性前骨髄球性白血病(APL M3)」と診断され、入院したあの日から、12年が経ちました。

今もこうして元気に生きています。


入院していた当時は、自分の5年後10年後の姿なんて想像できなくて、この世に生きていられるのかさえわからなくて不安だったあの頃のことを、今でも時々思い出します。


発症当時は「白血病」というと、不治の病のイメージが強くて、実際に周りでも、亡くなられた方を知っていたので、本当に自分が完治できるのか不安でした。

ネットでも、今ほどブログなどで書かれている人も少なくて、完治した人のブログなどほとんどなくて、一体これから私の人生はどうなるのだろうと、未来がなかなか見えずにいました。

だけどネットで闘病記など発信されている方が、少ないながらもいたおかげで、すごく心強く、自分一人じゃないんだと、励まされました。


白血病の闘病は、患者さんの割合も少なくて、治療も無菌室やクリーンルームなど、狭い世界の中で、孤独になってしまうことが多いので、ネットという広い世界と繋がるツールがある時代で、本当に良かったと思いました。


まさか自分もブログで闘病記を書くことになるなんて、思いもしませんでした。

でも、自分を癒していく過程で、天使たちの導きから、自分の中の闇を吐き出して、昇華していく流れになり、闘病時から10年以上の時を経て、当時のことを書くことになりました。


当時書き留めていた手帳やノート、血液データ表、取り寄せた入院カルテのコピーなどを元に、記憶をたどって書いていきました。

もう10年以上も前のことなので、鮮明に覚えている事、だいぶ忘れてしまっている事もありました。

また治療方法や医療の世界も、私の頃とは、随分変わってきているだろうと躊躇する気持ちがありました。

まるでパンドラの箱を開けるような恐怖心もあり、最初の頃は、本当に最後まで書けるのか、全く自信がありませんでした。


ただ時々、TVなどで、白血病やがんを患って、真っ暗になってしまった人。

戸惑い、不安、恐怖を抱えている人の姿を見ると、当時の自分を見ているようで、もし何か書くことで、誰かの希望になれたらいいなと。

そして何より自分自身を救うために、過去から解放されたくて書こうと思いました。


書きながら、当時のことを思い出して、泣けてきたり、辛くなることも何度かありました。

自分の中の深い闇の部分と向き合うのがきつくて、記事に書くことに葛藤することもありました。

もう書けないかもと思う時もあったけれど、ゆっくりと自然に言葉が出てくるのを待っていると、不思議と言葉が降りてきたり、アイデアが湧いてきたりして、天使や高次の存在のサポートを感じながら、最後まで書くことができました。


10年以上の時が経ち、完治になったから書けたと思います。
それまでは、病気のことを振り返って、思い出すのが怖かったです。

過去のノートも見なくて、ネット検索もしなくなり、ずっとスピリチュアルな世界に入って天使と繋がり、自己探求、自分を癒すことをしてきました。


病気のことや悩みは、ほとんど誰にも話さなくなりました。
話したところで、私の気持ちなんて誰にもわからないだろうと、自分の中に閉じ込めて生きてきました。

普通の人のふりをして、ずっと過ごしてきて、この思いは自分の中だけにしまって、一生を終えるんだと思っていたので、まさかブログに本当の気持ちを綴ることになるなんて、自分でも戸惑いました。


でもここで過去を昇華しないと、先に進めないことがわかって、吐き出して軽くなりたいと思いました。

癒しの旅の過程の中に、この白血病闘病記を書くことが、入っていたんだとわかりました。


いつもサポートしてくれるアンジェリックエッセンス。
スピリチュアルやヒーリングの世界に出会って、すごく自分が変わっていったと思います。

白血病になるまでは、そんなの絶対信じなかったけど、病気になって、いろいろな体験をする中で、意識が変わっていきました。

私は病気にならないと気づけなかったけれど、こんなきつい体験をしなくても、遠回りをしなくても心身が健康でいられるように、癒しの世界がもっと広がっていけばいいなと思います。


西洋医学と自然療法やヒーリング。
どちらも私を救ってくれた素晴らしいもの。

今はまだ分断されていて、患者さんは一人で悩み、彷徨ってしまうことが多いけれど、両方の良いところが融合されて、心と体のケアが繋がって、人間が心身ともに本当の健康を取り戻せたらと願っています。
そういう時代が来ると信じています。


この「angelove*healing」の空間は、始めた当初から、天使たちに手放して昇華してもらうための空間にしようという想いがありました。

そういう風に導かれて創った空間で、実際ここに書くことで、すごく軽くなれるのを実感しました。


どんなに絶望しても、そこには必ず光があるし、暗闇だからこそ、光がはっきりとわかること。

自分の中の光と闇を表現できたかなと思います。


きっと私だけではなくて、過去の重い荷物を背負って、誰にも話せないまま生きてきた方も沢山いらっしゃると思います。


でもそんな、人には話しにくい経験こそが、誰かの光になるんだと、この闘病記を書いて思いました。

自分では闇と思って封印していた経験が、同じように病気や悩みで苦しんでいる方に、自分だけじゃないんだと共感してもらえることで、私自身も救われて、光へと変わっていくのだと。

書く前は、すごく躊躇していたけど、今は書いてみて本当に良かったと思っています。


誰にも言わず、自分の中だけに閉じ込めていた時は、重くて暗い闇だったのに、自分の中から出して、表現していくことで光へと変容する。

自分の全てを受け入れられるようになって、過去の呪縛から解き放たれる。

自分を表現することが、何よりのヒーリングになり、喜びになること。
そのことに気づかせてくれた、このブログに辿りついて、読んで下さった方たちにも感謝しています。


この angelove*healing は、不思議な空間だなと感じることが多々あります。

ブログの記事と現実がリンクする出来事が起こったり、書くと浄化されて涙が出たり、すごい眠気が来て心地よく眠れたり、一つ一つ記事を更新していくごとに、自分のエネルギーも変わっていって、本当に天使にhealingされているように感じます。


先月、エピローグの記事を書いた後では、愛犬の旅立ちがありました。

15年間ずっとそばにいて癒してくれた、最愛の心の友が旅立ってしまいました。

今はまだ、寂しくて、悲しくて、逢いたくて、胸が張り裂けそうな、心に穴が空いているような感じです。

完全燃焼して、全て空っぽになって、ゼロになったような喪失感、空虚感の中にいます。


体の変化もあって、さらに繊細になってきています。

今まで大丈夫だったことが、合わなくなってきたり、まだ心身の回復には、時間と癒しが必要で、しばらく充電したいと思います。


ただゼロになったことで、陰陽、全てが反転したように感じます。
宇宙は全て繋がっていて、世の中もシフトして、親子、男女、大人と子ども、物質世界、精神世界。


今までの古い常識に縛られて、押さえつけられていた立場の存在が、これからの世界を創っていくんだと。

もう既にそうなっているように感じます。
今まで生きづらくて、苦しんでいた人たちが、もっとのびのびと生きやすくなる時代になる。


深い闇を通り抜けて、夜明けが来たのだと。
地球人生の集大成、これからの人生が楽しみです。


Thank you for reading,
Riri*


Read More

Social Profiles

Twitter Email Instagram

Blog Archive

Popular Posts

Translate

Profile

自分の写真
2003年に急性前骨髄球性白血病(APL)を発症し、完治しました。病気をきっかけに天使と出会い、癒しの旅へと導かれていきました。

Sitemap

Privacy Policy

Copyright © angelove*healing | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com