スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

転院~容態悪化 DIC~

歯茎から出血が止まらない――

入院2日目の夜、歯磨きをしていたら、どろっとした血の塊が、口から流れ出てきた。

ティッシュで押さえても止まらず、すぐに真っ赤に染まり、服の袖口に鮮血がついた。


体温 38.5
歯肉出血
悪寒


寒気がして暖房の温度を上げ、マフラーと上着を着た。

部屋内の移動も辛くなり、入院した時より明らかに悪化している。


看護師さんに座薬を入れられて、歯磨きはせず、うがいだけにするように言われた。

どうしてこんなにしんどいのだろう?

熱も出て明らかにおかしい。
不安と高熱で眠れず、しんどさと闘っていた。


入院から3日目の朝。

朝食を摂ろうとしたら看護師さんが来て、「絶食になったから引き下げるね」と、飲み物も禁止になりジュースも下げられてしまった。

食欲は無いけれど、ジュースは飲めると思ったのに…。

絶食になってしまい、栄養は全て点滴になった。


WBC   16500
Hb          8.3
PLT        1.6
CRP        2.0
LDH     6073
PT        27.8%
APTT    25.2
Fib         91
D-D      60.10
FDP      33.1
TAT      16.3
PIC      10.2
前骨髄球 1%
不明細胞 70%


先生が病室に来た。

入院当初は資格試験の話や、世間話などしていたけど、どんどん深刻な表情になっていた。
「なかなか転院先が見つからないから、もう他府県の遠くの病院に当たってもいいかな」

「できれば近くの病院がいいです」

そう私が答えると

「今はそんなこと言ってるけど、あなたの今の状態は、あと3日、もつかどうかの状態なんだよ」
と先生が深刻な表情で言った。


突然余命宣告をされて、自分の状態がそんなに深刻だったんだと知り、急に死が身近に感じて、怖くなった。

「もう遠くの病院でもいいからお願いします」

そう先生に言った。

「じゃあ もう片っ端から当たってみるから」

「今日は祝日でどこも病院が休みだから、明日の朝一番に受け入れてくれる病院が見つかったら、そこに転院になることでいいね」

「はい」

そう言うと先生が病室から出て行った。

先生は焦りを隠せない雰囲気だった。


もしかして私はこのまま死んでしまうのか?


怖くなって泣いていたら、看護師さんが部屋…

対症療法~専門医のいない病院~

窓から見える景色を眺めていた。

道行く人たち、自由で幸せな世界。

ついさっきまで、自分もあちら側にいたのに、今は白血病の疑いがある、隔離されている病人。


外来受診からそのまま緊急入院となり、予期せぬ事態に、どこか夢の中にいるような気持ちでいた。


「白血病」と、はっきりとは言われず、悪ければ白血病の可能性もあると言われていた。

だからきっと自分はそこまで悪くないはず。
そう思っていた。


先生は専門医のいる転院先を探していた。

「ヘモグロビンや血小板は輸血で上げられるけど、白血球は上げられないから」

「一刻も早く専門病院で治療をしないといけない」


母親は先生たちに問い詰めていた。

「どうしてここで治療してもらえないんですか?」

「ここで治療をしてください」

「あと何日仕事を休ませないといけないのですか?」

「この不景気の時に仕事がなくなったら困ります」


先生は
「今は仕事より娘さんの命の方が大事です」と。


母親は金銭に対する執着が強くて、いつもお金の心配ばかりしていたから、そんな不安を感じたのだろう。


「お母さんは仕事の心配されていたけど、今は体のこと、命が一番大事だからね」

「昨日入院した人は、すぐに転院先が見つかったんだけど、早く転院先が見つかるといいね」

看護師さんが優しく気遣ってくれた。


赤血球や血小板の輸血をしたり
「注射しますね」
と何の注射かもわからず、処置されるがまま腕に打たれる。

トイレ以外は、できるだけベッドの上で過ごすように言われた。


入院初日の夜、MAP(赤血球)輸血をしていると、体が熱くて、気分が悪く、しんどくなってきた。

「ちょっと熱っぽいんですけど……」

看護師さんに伝えた。

体温 38.0
薬 氷枕 

輸血が合っていないのかな……

突然気分が悪くなってきた。

赤い輸血を見てるだけで気持ち悪くなる。


看護師さんが次々と注射や輸血をしにくる度に、どんどん容態が悪くなり、病院の処置に対して不安と恐怖に襲われた。

「もう止めてくださいよ!」

看護師さんに反射的に声が出た。

入院して症状が良くなるどころか、逆に入院前より急速に悪化している。


輸血すると気分が悪く、しんどくなるから嫌だと言った。

看護師さんが一旦輸血を外してくれて、先生に確認して、別のMAP輸血に替えてくれた。


もう一度輸血を入れてみた。

「どう?」

「今度は大丈夫みたいです」

緊急入院~白血病の疑い~

「待合室は人が多くて、風邪とか移ると大変だから、ここで休んでいて。順番が来たら呼びに来るから」


総合病院の受付と採血を済まし、土曜日の混んでいる、内科外来の待合で座っていると、看護師さんが優しくそう言って、人が少ない休憩所に連れていってくれた。

一体何の病気なんだろう?

わざわざ待合室から離れた場所に連れて来られて……

不安に思いながら待っていた。


看護師さんが呼びに来て診察室に入ると
先生が
「一人で来たの?」
優しく言った。


「数値がかなり低くて、しばらく入院してもらわないといけない」

「白血病の可能性もある」


WBC   900
Hb       5.8
PLT      2.0
CRP     0.4
LDH    385
PT      48.8%
APTT  24.7
Fib     177
D-D    22.25
FDP    22.0
TAT    9.9
PIC     15.5
前骨髄球 3%
不明細胞 9%


先生は優しく静かに、ゆっくり説明してくれた。

今までの病院の先生の対応とは、全く違う雰囲気だった。

先生から説明を受けても、自分が白血病になるなんて全く信じられず、貧血じゃないかなと、どこか夢でも見てるような気持ちだった。


一度帰宅して入院のための準備をしたいと、先生に言ったけれど、
「外に出るのは危ないから家族に頼むように」
「そのまま病室に入ってもらう」
と、即入院となった。


家族に連絡し着替えを頼んで、友人には結婚パーティ欠席の連絡をした。


看護師さんに連れられて、入院病棟の広い個室に入り、体重や体調をチェックした。

トイレは部屋の簡易トイレを使用して、部屋から出ないように言われた。


「本当に白血病とかなんですか?」

「昨日まで仕事にも行ってたし、今日も自転車で来たのに」

「トイレまでなら行けるんですけど」

トイレも部屋でなんて嫌だと思った。


看護師さんは
「顔色も悪いし、下まぶたの裏、すごく白いでしょ」

「さっき壁づたいに歩いてたよ」

「それに部屋の外 特にトイレは 菌とか感染が危ないから」

「転院して専門の設備がある病院に移ったら、ちゃんとトイレも完備されている部屋になるから」

「病名はまだ専門の病院で検査をしないとわからない」


生まれて初めての入院。

白血病の可能性があると言われて、戸惑いと不安でいっぱいだった。


母親が駆…