白血病を完治 ☆ 癒しの旅の記録

Healing Journey with Angels

~暗闇の中に光の花束を~

転院~容態悪化 DIC~



歯茎から出血が止まらない――

入院2日目の夜、歯磨きをしていたら
どろっとした血の塊が
口から流れ出てきた

ティッシュで押さえても止まらず
すぐに真っ赤に染まり
服の袖口に鮮血がついた


体温 38.5
歯肉出血
悪寒


寒気がして暖房の温度を上げ
マフラーと上着を着た

部屋内の移動も辛くなり
入院した時より明らかに悪化している


看護師さんに座薬を入れられて
歯磨きはせず
うがいだけにするように言われた


どうしてこんなにしんどいのだろう?

熱も出て明らかにおかしい
不安と高熱で眠れず、しんどさと闘っていた


入院から3日目の朝

朝食を摂ろうとしたら看護師さんが来て
「絶食になったから引き下げるね」と
飲み物も禁止になりジュースも下げられてしまった

食欲は無いけれど、ジュースは飲めると思ったのに……

絶食になってしまい
栄養は全て点滴になった


WBC   16500
Hb          8.3
PLT        1.6
CRP        2.0
LDH     6073
PT        27.8%
APTT    25.2
Fib         91
D-D      60.10
FDP      33.1
TAT      16.3
PIC      10.2
前骨髄球 1%
不明細胞 70%


先生が病室に来た

入院当初は資格試験の話や
世間話などしていたけど
どんどん深刻な表情になっていた

「なかなか転院先が見つからないから
もう他府県の遠くの病院に当たってもいいかな」

「できれば近くの病院がいいです」

そう私が答えると

「今はそんなこと言ってるけど
あなたの今の状態は、あと3日
もつかどうかの状態なんだよ」

と先生が深刻な表情で言った


突然余命宣告をされて
自分の状態がそんなに深刻だったんだと知り
急に死が身近に感じて
怖くなった

「もう遠くの病院でもいいからお願いします」

そう先生に言った

「じゃあ もう片っ端から当たってみるから」

「今日は祝日でどこも病院が休みだから
明日の朝一番に受け入れてくれる病院が見つかったら
そこに転院になることでいいね」

「はい」

そう言うと先生が病室から出て行った

先生は焦りを隠せない雰囲気だった


もしかして私はこのまま死んでしまうのか?


怖くなって泣いていたら
看護師さんが部屋に入ってきた

「私、白血病なんですか?」

「専門の病院で検査をしてみないとわからないけど」

「今は白血病は不治の病ではないよ」

「もっと治療方法もない難病とかあるけど
今は白血病は昔と違って治療できる病気だから」

「転院したら、しばらくの間入院治療になるから大変と思うけど頑張ってね」

看護師さんが明るく前向きな言葉で励ましてくれて
希望が持てた


しばらくすると
「転院先が見つかった!」
先生が慌てて病室に入ってきた

「○○病院に今から救急車で搬送してもらうから
すぐに準備して!」


今日は祝日で明日転院と聞いていたのに
血液内科の専門医の先生が
たまたま日直で出勤していた病院に繋がった

一駅向こうにある
希望していた中の病院になってホッとした


救急車が到着して
救急隊の人が病室に入ってきた

左右の腕には輸血と点滴が繋がったまま
マスク、マフラー、毛布に包まれて
ストレッチャーで搬送された

先生と、ちょうどお見舞いのために
病院に着いていた母親が同乗した


救急車の中で、脈拍を測る機械を指につけられた

初めて救急車に乗って
信号機も関係なく、車が道をあけてくれている

いつも外から見ていた救急車の中は
こんななんだと不思議と冷静に周りを見ていた

いつの間にか、自分がすごく病人になったように感じた

信号待ちのない移動は早くて
すぐに転院先の病院に着いた

明るく 、のどかな感じだ


ストレッチャーでそのままクリーンルームに入室した

看護師さんたちが
慌ただしく輸血と点滴をセットして
ビニールカーテンで囲われているベッドに入った


頭上からは空気を清浄する機械
アイソレーターの風の音

周りをビニールカーテンで囲われて
まるで動物園の檻の中に入れられた
動物になったみたい……


新しい病院のDr.に説明し終えた
一緒に来てくれた先生の大きな声が聞こえてきた

「Riri*さん、先生の言うことよく聞いて頑張ってな!」

「はい、ありがとうございました!」

そうして新しい病院での
クリーンルーム入院生活が始まった


Read More

対症療法~専門医のいない病院~



窓から見える景色を眺めていた

道行く人たち、自由で幸せな世界

ついさっきまで、自分もあちら側にいたのに
今は白血病の疑いがある
隔離されている病人


外来受診からそのまま緊急入院となり
予期せぬ事態に
どこか夢の中にいるような気持ちでいた


「白血病」と、はっきりとは言われず
悪ければ白血病の可能性もあると言われていた

だからきっと自分はそこまで悪くないはず
そう思っていた


先生は専門医のいる転院先を探していた

「ヘモグロビンや血小板は輸血で上げられるけど
白血球は上げられないから」

「一刻も早く専門病院で治療をしないといけない」


母親は先生たちに問い詰めていた

「どうしてここで治療してもらえないんですか?」

「ここで治療をしてください」

「あと何日仕事を休ませないといけないのですか?」

「この不景気の時に仕事がなくなったら困ります」


先生は
「今は仕事より娘さんの命の方が大事です」と


母親は金銭に対する執着が強くて
いつもお金の心配ばかりしていたから
そんな不安を感じたのだろう


「お母さんは仕事の心配されていたけど
今は体のこと、命が一番大事だからね」

「昨日入院した人は、すぐに転院先が見つかったんだけど
早く転院先が見つかるといいね」

看護師さんが優しく気遣ってくれた


赤血球や血小板の輸血をしたり
「注射しますね」
と何の注射かもわからず、処置されるがまま腕に打たれる

トイレ以外は、できるだけベッドの上で過ごすように言われた


入院初日の夜
MAP(赤血球)輸血をしていると
体が熱くて、気分が悪く、しんどくなってきた

「ちょっと熱っぽいんですけど……」

看護師さんに伝えた

体温 38.0
薬 氷枕 

輸血が合っていないのかな……

突然気分が悪くなってきた

赤い輸血を見てるだけで気持ち悪くなる


看護師さんが次々と注射や輸血をしにくる度に
どんどん容態が悪くなり
病院の処置に対して不安と恐怖に襲われた

「もう止めてくださいよ!」

看護師さんに反射的に声が出た

入院して症状が良くなるどころか
逆に入院前より急速に悪化している


輸血すると気分が悪く、しんどくなるから嫌だと言った

看護師さんが一旦輸血を外してくれて
先生に確認して、別のMAP輸血に替えてくれた


もう一度輸血を入れてみた

「どう?」

「今度は大丈夫みたいです」

発熱と不安の中、眠れない初日が終わった


入院2日目
WBC   3800
Hb         9.0
PLT        4.3
骨髄球      5%
不明細胞  12%


食欲はあまりなく
加熱食も苦手で少しだけ食べた

毎回トイレを看護師さんに伝えて
簡易トイレを洗浄されるのが嫌だった


父親と妹もお見舞いに来てくれて
感染予防の為 部屋のドアの所から
離れて少し話をした


先生には
「試験勉強してたのにな」と言われ

母親からも
「しんどかったんやろ、資格なんかの勉強に行くから」
と言われた


夕方
お腹の大きな看護師さんが
ベッドの端でシャンプーをしてくれた

ずっと誰も近づかない状態で
人のぬくもりに触れて嬉しかった

いろんな会話をして、不安な心が和んだ


しばらくすると寒気がしてきた――


看護師さんに何度か打たれた注射は
骨髄性白血病の悪い細胞がある患者には
白血病細胞が増えてしまうため
使用してはいけない
白血球を上げる薬
G-CSF(ノイトロジン)だった


Read More

緊急入院~白血病の疑い~



「待合室は人が多くて、風邪とか移ると大変だから
ここで休んでいて。順番が来たら呼びに来るから」


総合病院の受付と採血を済まし
土曜日の混んでいる
内科外来の待合で座っていると

看護師さんが優しくそう言って
人が少ない休憩所に連れていってくれた


一体何の病気なんだろう?

わざわざ待合室から離れた場所に連れて来られて……

不安に思いながら待っていた


看護師さんが呼びに来て診察室に入ると
先生が
「一人で来たの?」
優しく言った


「数値がかなり低くて、しばらく入院してもらわないといけない」

「白血病の可能性もある」


WBC   900
Hb       5.8
PLT      2.0
CRP     0.4
LDH    385
PT      48.8%
APTT  24.7
Fib     177
D-D    22.25
FDP    22.0
TAT    9.9
PIC     15.5
前骨髄球 3%
不明細胞 9%


先生は優しく静かにゆっくり説明してくれた

今までの病院の先生の対応とは全く違う雰囲気だった

先生から説明を受けても
自分が白血病になるなんて全く信じられず
貧血じゃないかなと
どこか夢でも見てるような気持ちだった


一度帰宅して入院のための準備をしたいと
先生に言ったけれど

外に出るのは危ないから家族に頼むように
そのまま病室に入ってもらうと
即入院となった


家族に連絡し着替えを頼んで
友人には結婚パーティ欠席の連絡をした


看護師さんに連れられて
入院病棟の広い個室に入り
体重や体調をチェックした

トイレは部屋の簡易トイレを使用して
部屋から出ないように言われた


「本当に白血病とかなんですか?」

「昨日まで仕事にも行ってたし、今日も自転車で来たのに」

「トイレまでなら行けるんですけど」

トイレも部屋でなんて嫌だと思った


看護師さんは
「顔色も悪いし、下まぶたの裏、すごく白いでしょ」

「さっき壁づたいに歩いてたよ」

「それに部屋の外 特にトイレは 菌とか感染が危ないから」

「転院して専門の設備がある病院に移ったら
ちゃんとトイレも完備されている部屋になるから」

「病名はまだ専門の病院で検査をしないとわからない」


生まれて初めての入院

白血病の可能性があると言われて
戸惑いと不安でいっぱいだった


母親が駆けつけて入院担当の先生が説明した

「白血病を含む、なんらかの血液疾患の可能性」

「非常に危険な"DIC(播種性血管内凝固症候群)"を起こす可能性がある」

「血液内科の専門医がいる、高次機能病院に転院してもらわないといけない」

「今、当たっているけど、ベッドが空いていなかったり
ちょうど三連休の休日時間帯で、受け入れ困難な状態でなかなか見つからない」

「転院先が見つかるまで、ここで対症療法をします」


感染予防に
手洗い、うがい、マスクをするように言われ

面会も極力制限して家族にも
手洗い、マスク、ガウンをするようにと
家族や先生も部屋の入口で離れたところから話していた


一体これからどうなるんだろう?

でもまさか白血病だなんて
何かの間違いじゃないのかな……


一人隔離状態にされて
ベッドで茫然としていた


Read More

Social Profiles

Twitter Email Instagram

Blog Archive

Popular Posts

Translate

Profile

自分の写真
2003年に急性前骨髄球性白血病(APL)を発症し、完治しました。病気をきっかけに天使と出会い、癒しの旅へと導かれていきました。

Sitemap

Privacy Policy

Copyright © angelove*healing | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com