スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

白血病予兆~不安な日々~

口内炎が治らない……

2003年10月、資格取得のために、仕事の休みの日にはスクールに通う日々。

疲れを感じるようになり、口内炎が複数でき拡大していた。


いつもなら自然と治るのに、全く治らず痛くて食事がとれない。

ドラッグストアで、塗り薬、貼り薬、ビタミン剤を購入した。

何か、いつもと違うと感じていた。


2003年11月、資格試験の日がせまり、模試や直前ゼミで忙しくなっていた。

疲労感、緊張感、胸がドキドキする、眠れない。

試験前のプレッシャーや忙しさで、疲れが溜まっているのかなと思っていた。


そんなある日の朝、起床すると、生理の出血が多量になって、シーツが血の海になっていた。

今まで経験したことのない多さに驚いた。

一時間ごとに、トイレに行かないといけない位だった。


毎日しんどくて、職場に着くと息切れがした。

「顔色悪いよ」
同僚から言われた。


試験勉強の疲れから、風邪か貧血だろうと思った。

仕事関係の苦手な分野の資格。

とにかく試験が終わるまではなんとか頑張って、終わってから病院に行こう。


試験当日、フラフラになりながらもなんとか受験できた。

ようやく解放される。
終わってホッとした。

鏡に映った自分の顔色は、真っ青になっていた。


頭痛、微熱、動悸、息切れ、吐き気、全身倦怠感。

心臓の鼓動が聞こえてくる。

帰宅するとそのまま座り込んで立てない。


頭痛薬を飲んだり、仕事を休んで休養を摂っても、全く良くならず、日増しにひどくなっていった。


近くのクリニックを受診し、血液検査をした。

「結果は来週に出るので、また来週に来てください」
そう言われ帰宅した。


次の日仕事に行くも、体調が悪く早退した。

家で寝ていると、昨日受診したクリニックから、電話がかかってきた。

「先生からお話があるので、今日中に来てください」


一体何の話だろうとクリニックに行き、診察室に呼ばれると、先生が神妙な顔をしていた。


「重度の貧血の数値」

「白血球、ヘモグロビン、その他の数値も、正常値よりかなり低くてびっくりした」

「総合病院に紹介状を書くので明日必ず行くように」

「検査入院になると思う」


そう言われて、明日の土曜日は大学病院が休みだからと、総合病院への紹介状を書いてもらい帰宅した。


WBC  900
Hb       6.0
PLT  2.9


インターネットで自分の症状を検索すると、たま…

プロローグ~白血病闘病記~

2003年の冬、突然訪れた試練。

病名「急性前骨髄球性白血病(APL・M3)」

TVドラマや映画の世界のお話と思っていた大病が、青天の霹靂のように、自分の人生に降りかかってきた。


私が白血病なの?
何かの間違いなのでは?
悪い夢なら醒めてほしい


あまりに大きな試練に、現実を受け入れられなくて、悪夢を見ているかのように感じていた。


それまで経験したことのない過酷な闘病生活。

次々と襲ってくる辛い治療に、心身が耐えきれなくなって、逃げ出したいと思った。


人生には、思いもかけない、大きな試練が時折訪れる。

「神様は乗り越えられない試練は与えない」

そんな言葉が無情に感じることもある。


それまでの人生にも色々な事があった。


父親の不倫
10年を超える別居生活
相手の女性、連れ子の存在
経営会社の倒産、破産


母親のヒステリー。
精神的虐待(モラルハラスメント)


妹の不登校


思春期からの家庭は、機能不全家族に陥っていた。

そんな家庭内のことは誰にも話せず、普通に学校生活や社会生活を送っていた。

人間関係が苦手で、本当の気持ちを出すことが、怖くてできなかった。

ストレスやハードな社会環境に弱く、体を壊すことが多かった。


心を癒してくれるのは、一人でのんびり過ごしたり、動物や植物に触れている時間。
音楽、映画、本の世界。


父親の会社の倒産が、それまでの生活をリセットし、夜逃げ同然で、家も財産も全て失い、ゼロからリスタートすることになった。


そんな大きなショックから、家族みんなで必死に頑張って、心も生活も立ち直りかけた頃、仕事と家庭内の問題で、ストレスフルな毎日。


そんな私には、白血病という病が忍び寄っていた。

白血病のこと~心の葛藤~

見えない世界の導きから、何気なく始めたこのblog。

気が付くと、心を軽くしてくれる、書くヒーリングのようになっていました。


不思議とここに書くことで、自分を見つめ、癒されていくことがわかり、感情の癒しの皮むきをしていく、フラワーエッセンスヒーリングのようだと。


今までは、どちらかというと、スピリチュアルやヒーリングなど、私にとっての光の面を綴ってきましたが、書いていくうちに、浮き上がってくるのは、心の奥深くに封印していたダークな感情でした。


白血病闘病時のことや親との問題など、ずっと吐き出せずに残っている、重い感情があるのがわかりました。


この重いものが、自分の中にずっしりとあって、動けなくなってしまったんだと。


白血病を患ったことで入院・闘病生活では、自分自身や家族と、嫌でも向き合うことになりました。

先生、看護師さん、他の患者さんとの関わりの中で気づいたこと。

ずっと見て見ぬふりをしていた問題が浮き彫りになり、家族、人間関係、死生観、人生観を考えるきっかけになりました。

当時は病気を治すこと、生き抜くことに精一杯で、心のケアまでできずにいました。

置き去りにしてしまった沢山の感情を、天使たちに導いてもらったこの場所に手放し、昇華して光に変えていけたらと。


いつも自分を苦しめているのは、世間の常識や世間体という見えない魔物。

規則、ルール、タブー、見えない縛り。


喜怒哀楽、どの感情も良い悪いもなくて、感情は自然に湧き上がってくる、魂からのメッセージなのに、大人になると、それをジャッジし善悪のラベルを貼って、ダークな感情を出すことを禁止してしまう。


今の自分に必要なことは、他人からどう思われるかよりも、自分の気持ちを優先して守ってあげること。

いい人であることよりも、自分らしく生きることが大事なんだと。


なので、今まで書いてきた、スピリチュアルやヒーリングのこととは、また別の面の、11年前に患った、白血病闘病記を、自分の心の整理のために、書いていきたいと思います。


押し込めてしまった、当時の感情がそのまま残っているので、今までとは違ったheavyな内容になってしまうかもしれないですが、どちらも本当の私です。


過去の感情とゆっくり向き合い、エッセンスたちにもサポートしてもらいながら、マイペースに自分を浄化し、癒していきたいです。


見えない世界の流れに、導かれるま…