白血病を完治 ☆ 癒しの旅の記録

Healing Journey with Angels

~暗闇の中に光の花束を~

星からのメッセージ



ある石に導かれ、たどり着いたWebサイト
そこには、素敵な原石たちと
石や星からの心温まるメッセージ
ずっと探していた場所にたどり着けたような
宇宙や女神様のような
エネルギーが漂う不思議な場所


その場所にたどり着いてから
なぜか胸がドキドキと高鳴って
眠れなくなってしまい
ビビっときて、自分の星の物語を知りたくて
伝えてもらうことにしました。


私は、宇宙の天体の影響を受けやすいタイプで
今までの人生の中でも
大きな出来事が起こった時は
サターンリターンや、日食・月食だったり
月の満ち欠けで、感情や体調が揺れたりします。


宇宙の流れに逆らわず、流れに乗っていく方が
スムーズに行くんだとわかって
天体の動きは、宇宙からのメッセージなんだと
捉えるようになりました。


白血病からの退院後
どうして自分は、病気を患ってしまったのか
病気や再発の恐怖で
精神がとても不安定になっていました。
維持療法の副作用の辛さもあり
四六時中、頭から病気への恐怖心が離れなくて
眠れない日々を過ごしていました。


どこにも逃げ場がない、恐怖心と不安感
これからの人生のことなど
どこへ向かって生きていけばいいのかと
人生の目標、希望を見失っていました。


そんな私を救ってくれたのが
スピリチュアルやヒーリングの世界で
目に見えない世界との繋がりを感じ、学び
信じていくことで、自分自身が癒されていきました。


占星術の世界からも
自分の人生の青写真、ブループリントを知ることで
人生に迷った時のために
自分の使命の道を歩めるように
宇宙からのサポート、案内図がちゃんと手渡されていて
アストロロジーは人生という航海の地図なんだと思いました。


そして、ドキドキしながら待っていた
自分の星の物語が届き
ずっと謎だった、魂の繋がりのある人たちとの出会いと別れ
ツインソウルとの物語を伝えてもらいました。


とても不思議で、素敵な世界観のメッセージを受け取り
今までずっとわからなかったことが理解できて
星からのメッセージに後押ししてもらい
もう迷わずに、自分の道を進んでいきたいと。

そして、ずっと気になっていたことを確かめたくて
勇気を出して、前へ進んでいこうと思いました。


Read More

勇気の言葉



言葉で人を傷つけることも
癒すことも
勇気をもらえることもある



入院中、友人からプレゼントしてもらった絵と詩の本
すごく心に響いて勇気がでた



「誰しも人生のうちで 一度や二度は 
ただずっと横になっているしかない時があるものです。
後々必ずわかることなのですが
それはそれで間違いなく大切で 必要な時なのです。」

『もうすぐよくなるよ』
Kazutoshi Hirohama



お守りのように思えた

言葉はナイフのように
人の心を突き刺して傷つけることもある



親に放たれた言葉に深く傷ついて
心と体のバランスが崩れてしまった

一方で、何気に言ってくれた言葉で
心が救われたこともある



「代わってあげたいけど、代わってあげられない」
入院中、落ち込んでる私に、ドクターが言ってくれた



氷のように冷たくなっていた自分のハートが
温かくなっていくのを感じた
こんなに優しい言葉をかけてくれるドクターのためにも
治療を頑張って、元気になっていく姿を見てもらいたい
それが一番の恩返しかなと思えた



看護師さんが教えてくれた曲に励まされたり 『Jupiter』
クリーンルームに一人いる時
ラジオから流れてきた、力強い歌声とメッセージ
弱っていた自分の心と体に
生命力ある歌声が、エネルギーとなって染みわたって
生きる元気をもらえた 
奇跡を信じて強く生きようと 『太陽』

自分が傷ついていると
無意識に他人にもきつい言葉が出てしまう
言葉が人を表し、言葉が人をつくっていく
言葉のエネルギーで水の結晶も変化するように
体のほとんどが、水でできている私たちの体
大切に紡ぎたいと思う



数か月前にも、素敵な言葉に出会った
書店で目に留まって、何気なく手に取った本
素敵な写真と言葉の数々が、心に深く響いた
感動して溢れてくる涙を
周りの人に気づかれないように、必死にこらえた



本当の自分を表現していくことが怖くて
やめたいと思ったり
自分は一体どこに進んでいるのかわからなくて
不安になっていた



この、たまたま手に取った一冊の本に勇気をもらえて
前に進んでいこうと思えた



そして、自分が本当にやりたいことが
少しずつ見えてきたような気がして
なぜだか心が晴れていった



「きみよ、歩みを止めるな。
やっとここまでたどりついたと安心して
後ろを振り返るな。もっと前へ進め。
後ろに誰もいないからといって、おじけづくな。
ここまで来れたのはきみしかいない。
しかし、到達したのではない。
まだ途上だ。さらに進め。
かつて誰も歩んだことのないこの道を進め。」

(『曙光』)


『ニーチェ 勇気の言葉』
フリードリヒ・ニーチェ/白取春彦 編訳





Read More

Homeopathy*マヤズム



ホメオパシーを摂るきっかけになった
歯の痛みに適応するレメディ

昨年から、歯痛や違和感を敏感に感じるようになり
ホメオパシーのことをいろいろ調べていると
歯痛などに良さそうなレメディも沢山あると知って
神経の痛みに対応する
「Hypericum」を摂ってみました。


不思議と痛みが引いてくれて
ホメオパシーにとても興味を持ち
それから歯痛に適応するレメディを
歯科治療と併用しながら
セルフケアとして、いろいろ摂っていきました。


「Aconite」
「Arnica」
「Arsenicum」
「Belladonna」
「Bryonia」
「Chamomilla」
「Mag-phos」
「Mercury」
「Silica」
「Staphisagria」


レメディが効いてくれて、痛みや症状が和らいだり
気分が落ち着いたりして、とても助けてもらいました。
でも、なぜか一つの箇所の症状が治まっても
また別の歯のトラブルが起こっていきました。


今まで経験したことのない
歯の問題が次々と起こっていくという症状に
自分の体は、何が起こっていて
どうやったら止められるのかと悩んでいました。


ホメオパシーのことを調べていると
「マヤズム」という言葉に出会って
自分の謎の歯のトラブルの連鎖の原因は
これだと直感的に思いました。


マヤズムという先祖から受け継がれてきた
病気の土壌、遺伝体質のことで
人には疥癬、淋病、梅毒、結核、癌の
5種類の遺伝傾向があるという概念です。


実際にその病気になるということではなくて
その昔、先祖が病気にかかった時に薬で抑圧したために
しっかりと治りきらないまま
子どもへと受け継がれてしまって
病気の根底に残ってしまった
遺伝的傾向のことをそう呼ばれています。


梅毒マヤズムという、死や破壊
脳神経、歯、骨、血液、虫歯に関わりがある
という特徴にピンときてSyphilinum
また、より精神に作用するとされる
高ポーテンシーを試してみました。


「Syphilinum 200c」
歯のためにティッシュソルト「Calc-fluor」「Calc-phos」
神経のために「Caffea 200c」


すると、それまで続いていた
歯のトラブルの連鎖が治まってくれました。
夢も強烈なインパクトのあるものを見たり
レメディがすごく効いてくれてると感じました。


改めて、自分の心と体は先祖からの影響を
すごく受けているんだと実感して
歯は先祖や罪悪感に関わっているように思いました。
虫歯は自分を蝕んでいて
家系やDNAに対する自分の意識と
歯に対する気持ちが同じだったことに気づきました。


自分の命を生み出して
守り育んでくれた大切な存在で
沢山の恩恵を受けてきた
感謝の気持ちがある一方で
先祖代々続く、負の遺産の影響を受けて
とても辛い思いをしてきました。


昔の時代は、生きること、子を育てることだけで
精一杯だったのだと思いますが
世間体を気にして
親にとって都合のよい子どもになることを
親という強い立場からコントロールして
いろんな形の虐待となって
子へと代々受け継がれていました。


一人の人間としての個性を尊重されず
歪んでしまった愛情やその表現から
家族、家系には様々な大きな問題が起こっていました。


私は白血病という大きな病を経験したことが
そういったプレッシャーや重い呪縛から
解放されるきっかけになったように思います。


病気を経験したことは
決して良かったとは言えない
本当に辛い経験で
心身のダメージはとても大きなものです。


今でも疲れやすく無理がきかない体で
落ち込んだり、悩んだりすることも多々あるけれど
病気を経験したことで
何かがリセットされたような
価値観、生き方が変わっていきました。


同じ病を共に闘い
天に旅立った仲間たちのこと

死の淵を経験し
生かされた自分の命のこと

自分の心、体、魂、この世界を生きるということに
真剣に向き合ってきて、今の自分がいます。


そして、ちょうどSyphilinumを摂るタイミングで
不思議な体験をしました。
宇宙のダーク存在のような
奇妙な寄生虫のようなエネルギー体と繋がって
人間に罪悪感や絶望感を植え付けているような存在でした。


私たちの周りには、目には見えないけど
いろいろな影響を及ぼす存在がいるのだと。

マヤズムの先祖の影響や、宇宙存在の影響など
今まで気づかなかった世界を知って
自分のケアをすること
本来持っている自分の力を
信じていくことが大事だと学びました。


Read More

Social Profiles

Twitter Email Instagram

Blog Archive

Popular Posts

Translate

Profile

自分の写真
2003年に急性前骨髄球性白血病(APL)を発症し、完治しました。病気をきっかけに天使と出会い、癒しの旅へと導かれていきました。

Sitemap

Privacy Policy

Copyright © angelove*healing | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com