スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

パニック障害を癒す1【呼吸法】

パニック症状や過呼吸、予期不安。

ドキドキして心拍数が速くなって、息苦しさや、動悸、めまい、手足のしびれが出てくると、すごく怖くなってしまいますよね。

そんな時に私がやっている呼吸法を紹介したいと思います。

焦らずゆっくり息を吐く 過呼吸やパニック症状になっている時、息苦しさから「息を吸わないと!」と焦って息を吸いがちになります。

ドクターからは、「息を吸い過ぎて、酸素が過多になっているから、息をゆっくり吐いていくこと」と言われました。

緊張状態にある時は、交感神経が優位になって、息が浅くなっているので、パニックアタックの時は、焦らずゆっくり息を吐くことをまず心がけています。

しっかり吐き切ると、身体は自然に息を吸ってくれます。

波や雲や川の流れ、自然界のリズムに調和していくように、ゆったりした呼吸を意識してみるといいと思います。


自律神経は心臓など身体の機能を、自動的に調整してくれている機能です。

その中で自ら意識して、ゆっくりと整えることができるのが呼吸です。

呼吸を整えていくことで、交感神経、副交感神経のバランスを調整していくことができます。


呼吸法の時に光をイメージするのもいいと思います。

宇宙から光が舞い降りてくるイメージをして、その光を吸って、いらなくなったもの、不安、恐れ、心配などを全部吐き出していく。


英語のInspiration(直感、霊感)の語源は、「息をする、呼吸をする」というところから来ていて、呼吸は天界とも繋がる大事なツール。


私は天使を呼んで、光で守ってもらうようお願いして、プロテクションもしています。

光に包まれて、安心感の中にいられるように。

自律神経を整えるヨガの【片鼻呼吸法】私はちょうど14年ほど前に、白血病で入院していました。

その退院後から体力を戻すために始めた、おうちヨガで鼻呼吸片鼻呼吸法を知って、とても心身の調子が良くなりました。

やり方は、右手でピースサインを作ります。

人差し指と中指を眉間に置いて、親指で右鼻をおさえて、薬指で左鼻をおさえます。

片鼻ずつゆっくり、
吐いて、吸って、止めて

を繰り返していくというもので、私は大体ひとつひとつを4秒ずつくらい、カウントしながらやっています。


まず左鼻を開けて
左鼻から吐いて
左鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

次に右鼻を開けて
右鼻から吐いて
右鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

ま…

パニック障害のこと

またここに戻って来れました。

ずっとblogから遠ざかっていて、特に何かを書きたいという気持ちには、ならなかったのですが、また書きたいと思えるようになりました。

久しぶりにblogを書こうと思ったのは、最近の自分自身の症状や、いろんな所で目にしたり、聞いたりする、現代社会に蔓延している、心の病やパニック障害などのことが、とても気になってきたからです。

心の整理と自己セラピーも兼ねて、書いていきたいと思います。


私は元々、心も身体も敏感体質で、人間関係や環境、天候、食事など、様々な面で、影響を受けやすく、揺れ動きやすいタイプです。

インディゴ、エンパス、HSP、ADD(ADHD)等、当てはまる面が多くて、普通の人の感覚より、過敏な面があります。

そんな私が、初めてパニックのような、過呼吸の症状に襲われたのは、今から20年近く前のことです。


当時飼っていた愛犬が亡くなった時に、夜、寝ようと布団に入っていると、突然、息が苦しくなって、頭がボーッとして、意識が遠のいていくような発作に襲われました。

初めての体験で、死んでしまうんじゃないか?と思うくらい、とても怖かったのを覚えています。


当時、イヤホンの影響とストレスから、耳の痛みとめまいや吐き気がする、メニエール病を患って、内科に通っていたので、そこで症状を先生に話して、お薬をもらい、その時は、しばらくすると良くなりました。

それから数年後に、急性前骨髄球性白血病を発症し、無菌室で闘病生活をしている時にも
また、パニック症状が出てきました。


入院中は、死と抗がん剤への恐怖心が強く、すごく不安定で、夜も全く眠れず、睡眠剤や安定剤をもらっていました。

そんな心境の中での無菌室の閉塞感、一人きりの孤独感が一番辛かったです。

それからは、退院してからも、その闘病生活の体験が、私にとっては、心身共にとても過酷で、PTSDのようなトラウマとなりました。


一人きりの時に不安感に襲われたり、電車やバスなどの交通機関や、エレベーターや人混みなどが苦手になり、ドキドキ緊張したりするようになりました。


病気や死に対する恐怖心と、入院中のトラウマなどで、日々生きるのが辛く、真っ暗なトンネルの中にいるような、苦しい時期がありました。


そこからどうやったら抜け出せるのか、色々と自分を救えるものを探し求めている時に、天使やスピリチュアル、ヒーリング…