白血病を完治 ☆ 癒しの旅の記録

Healing Journey with Angels

~暗闇の中に光の花束を~

パニック障害を癒す1【呼吸法】




パニック症状や過呼吸、予期不安などで
ドキドキして心拍数が速くなって
息苦しさや、動悸、めまい、
手足のしびれが出てくると
すごく怖くなってしまいますよね。
そんな時に私がやっている呼吸法を紹介したいと思います。

焦らずゆっくり息を吐く

過呼吸やパニック症状になっている時
息苦しさから、
「息を吸わないと!」と思って
焦って息を吸いがちになってしまうけど


ドクターからは
「息を吸い過ぎて、酸素が過多になっているから
息をゆっくり吐いていくこと」と言われました。


緊張状態にある時は
交感神経が優位になって
息が浅くなっているので


パニックアタックの時は
焦らずゆっくり息を吐く
ことをまず心がけています。


しっかり吐き切ると
身体は自然に息を吸ってくれるので
波や雲や川の流れ
自然界のリズムに調和していくように
ゆったりした呼吸を意識してみるといいと思います。


自律神経は心臓など身体の機能を
自動的に調整してくれている機能で
その中で自ら意識して
ゆっくりと整えることができるのが呼吸です。


呼吸を整えていくことで、
交感神経、副交感神経のバランスを
調整していくことができます。


呼吸法の時に光をイメージするのもいいと思います。
宇宙から光が舞い降りてくるイメージをして
その光を吸って
いらなくなったもの、不安、恐れ、心配などを
全部吐き出していく


英語のInspiration(直感、霊感)の語源は
「息をする、呼吸をする」
というところから来ていて
呼吸は天界とも繋がる大事なツール


私は天使を呼んで
光で守ってもらうようお願いして
プロテクションもしています。
光に包まれて、安心感の中にいられるように。

自律神経を整えるヨガの【片鼻呼吸法】

私はちょうど14年ほど前に
白血病で入院していたのですが、
その退院後から体力を戻すために始めた
おうちヨガで鼻呼吸片鼻呼吸法を知って
とても心身の調子が良くなりました。


やり方は
右手でピースサインを作って
人差し指と中指を眉間に置いて
親指で右鼻をおさえて
薬指で左鼻をおさえる

片鼻ずつゆっくり
吐いて、吸って、止めて
を繰り返していくというもので
私は大体ひとつひとつを4秒ずつくらい
カウントしながらやっています。


まず左鼻を開けて
左鼻から吐いて
左鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

次に右鼻を開けて
右鼻から吐いて
右鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

また左鼻から吐いて~
を繰り返していくというもの


右鼻の呼吸が交感神経を
左鼻の呼吸が副交感神経に
影響を与えて
片鼻呼吸法は
自律神経のバランスにも良いとされています。


ドキドキしてきたら
この呼吸法をやって
心を落ち着かせています。

魔法の呼吸法【4 Count Breath】

そして、最近新たに知った
「魔法の呼吸法:4 Count Breath」
というのが、すごくスッキリして良かったので
そちらの動画もシェアしたいと思います。


Instagramで Natsu(@lovebynatsu)さんが紹介されていて知った
Wellness To Go の Arisaさんという方の動画です。
以前は、日本で医師をされていて
今はバンクーバーでマッサージセラピスト/
ヨガインストラクターをされているそうです。


呼吸法もヨガもとてもわかりやすくて
最近は、このArisaさんの動画を見て
毎日のようにヨガや呼吸法をやっています。



4秒吸って
4秒止めて
4秒吐いて
4秒止めて

このセットを繰り返していく呼吸法です。
鼻から息を吸って
吐く息は鼻からでも口からでも、どちらでもOK


警察官、消防士、軍隊など
ストレス度合いの高い職場の人にも使われているそうです。


とっても簡単なのに
なぜかすごくスッキリして
リラックスできるので気に入っています。


Arisaさんの動画は
不思議と、見ているだけでも
元気になれて癒されます。

魔法の呼吸法②【1:2呼吸法】

そして、こちらもArisaさんの動画です。
パニック症候群や、緊張した時にお勧めの呼吸法です。






吐く息を吸う息の2倍の長さにして
ゆっくりと吐いていくというもの


鼻から息を吸って
吐く息は鼻からでも、口からでも
どちらでもOKです。


ゆったりした呼吸法で
吐く息にフォーカスしていくことで
気持ちもゆったりとリラックスできます。


この他にも「478呼吸」や
いろんな呼吸法を紹介されているので
いろいろと試してみて
自分が好きな、楽になる呼吸法を
見つけてみるのもいいんじゃないかなと思います。


呼吸は神様から授かった魔法のアイテム

呼吸法をやってみると
すごく心身が楽になるのがわかるので
本当に呼吸の大切さを実感します。


私は、呼吸法以外にも
エッセンスやアロマなどのツールを使ったり
瞑想、祈り、ハンドヒーリングなど
パニックや不安感に襲われた時は
その時に応じて、いろいろやってみるのですが
実際やってみるとすごくパワフルなのがわかります。


パニックや過呼吸などの時
お薬やツールも、その時々の自分の状態に応じて
使うのもいいと思いますし、
もし何もなくても
いつでも、どこでも、誰でも簡単にできる
呼吸法や瞑想や祈りなどはすごく頼もしいアイテムで
神様はちゃんと私たちに
魔法のツールを授けて下さっているんだなと。


パニック症状を経験すると

怖くなってしまって
その状況を回避していってしまいがちだけど
恐れより、本当に自分の望むことにフォーカスして
勇気を持って行動していきたいなと。


パニックにはできればなりたくないし、
ならないようにしたいけど
でも、
「もしなっても大丈夫!」

「すぐに自分で自分を落ちつかせてあげられるんだ!」

って思えたら、少しは心強くなれるんじゃないかなと思います。


私も一瞬でパニック発作を落ちつかせられる
そんな魔法のようなヒーリングを生み出せたらいいなと
思っています😊




天使の愛に包まれて
恐れを愛へと昇華していけますように


暗闇の中に光の花束を


Read More

パニック障害のこと



またここに戻って来れました。


ずっとblogから遠ざかっていて
特に何かを書きたいという気持ちには
ならなかったのですが、
また書きたいと思えるようになりました。


久しぶりにblogを書こうと思ったのは
最近の自分自身の症状や
いろんな所で目にしたり、聞いたりする
現代社会に蔓延している
心の病やパニック障害などのことが
とても気になってきたからです。


心の整理と自己セラピーも兼ねて
書いていきたいと思います。


私は元々、心も身体も敏感体質で
人間関係や環境、天候、食事など
様々な面で、影響を受けやすく
揺れ動きやすいタイプです。


インディゴ、エンパス、HSP、ADD(ADHD)等
当てはまる面が多くて
普通の人の感覚より、過敏な面があります。


そんな私が、
初めてパニックのような
過呼吸の症状に襲われたのは
今から20年近く前のことです。


当時飼っていた愛犬が亡くなった時に
夜、寝ようと布団に入っていると
突然、息が苦しくなって、頭がボーッとして
意識が遠のいていくような発作に襲われました。
初めての体験で
死んでしまうんじゃないか?と思うくらい
とても怖かったのを覚えています。


当時、イヤホンの影響とストレスから
耳の痛みとめまいや吐き気がする
メニエール病を患って、内科に通っていたので
そこで症状を先生に話して、お薬をもらい
その時は、しばらくすると良くなりました。


それから数年後に
急性前骨髄球性白血病を発症し
無菌室で闘病生活をしている時にも
また、パニック症状が出てきました。


入院中は、死と抗がん剤への恐怖心が強く
すごく不安定で、夜も全く眠れず
睡眠剤や安定剤をもらっていました。
そんな心境の中での無菌室の閉塞感、
一人きりの孤独感が一番辛かったです。


それからは、退院してからも
その闘病生活の体験が
私にとっては、心身共にとても過酷で
PTSDのようなトラウマとなりました。


一人きりの時に不安感に襲われたり、
電車やバスなどの交通機関や
エレベーターや人混みなどが苦手になり
ドキドキ緊張したりするようになりました。


病気や死に対する恐怖心と
入院中のトラウマなどで、
日々生きるのが辛く、
真っ暗なトンネルの中にいるような
苦しい時期がありました。


そこからどうやったら抜け出せるのか
色々と自分を救えるものを
探し求めている時に
天使やスピリチュアル、ヒーリングに出会い
とても癒されていきました。


そして、アロママッサージや
カイロプラクティックなどで
自律神経の調整をしてもらったりと
心と身体の両面から癒していくうちに
パニックのような症状は
ほとんど出なくなりました。


敏感さから心身が不安定になる時は
エッセンスやアロマなど
いろんなツールを活用して
普通に元気に過ごせるようになりました。


なのですが、、
2年前に、心の友だった愛犬を亡くして
大きなショックから喪失感、無気力になって
ペットロスのような
心身の不調に見舞われました。
パニック発作や自律神経失調症
不安障害、過呼吸のような症状が
また出るようになりました。


今年にも祖母の死などがあり
身近な存在の死や、
大きなショックな出来事があると
何かが自分の限界を超えてしまうようで、
タガが外れたように
どどっと自分の弱い面が
浮き彫りになってくるように思います。


今までずっと癒してきたのに、
どうしてまた、こんな振り出しに
戻るようなことになるんだろう?と
すごく自分が嫌になったりしました。


苦しみながら、とことん自分と向き合って
深く掘り下げていくうちに
たどり着いたのは


「これが自分なんだ」と


繊細で、過敏で、脆くて
大きなショックなことがあると
パニック症状になってしまう。


そういう心身の繊細さがある。
これが自分の本質で
根本的に変えることはできないけど
それを受け入れてあげて
自分自身を否定せず
仲良くやっていくことで
何かが変わっていけるんじゃないかなと。


自分の弱さを認めるのは
勇気がいるけど
だからこそ、強く生きていける。


それが「無条件の愛」の世界なんだ


どん底まできて
ようやく認めたくなかった
自分の一番弱い面を受け入れ
逃げずに寄り添ってあげようと
思えるようになりました。


ちょうど、自分の体質に悩んでいる時に
自閉症で作家の東田直樹さんのことを知り
TVで見たり本を読んで、すごく共感しました。
とても透明な感性で紡がれた言葉に感動し
人と比べずに、自分自身を受け入れて
生きていけばいいのだと勇気をもらいました。


同じく自閉症で、8歳の画家の女の子
Iris Grace ちゃんの絵に出会い
すごくピュアで繊細なエネルギーに
心が癒されました。
人と違う自分の個性を
変えようとするよりも、
自分の好きなこと、得意なことで
自分を表現していけばいいのだと。


自殺や、心の病、ガン、過労死など
利便性や利益を優先して
人間の心と身体が壊れてしまいがちな現代社会。


無理に過酷な環境に合わせようとするより
ありのままの自分を出して
そういう繊細で、敏感な人たちが
大勢いることを知ってもらって
心にも身体にも優しい
多様性を認める社会になればいいなと。


だからこのblogに書いてみようと。
書いて自分の感情を出すこともヒーリング。
そして同じような症状で
悩んだり、苦しんだりしている人に
何か参考になることが
届けられればいいなと思いました。


私も日々いろんなことで
落ち込んだり、悩んだり
心が揺れたりすることはありますが
いろんなサポートを受け取りながら癒していき
そして、人と繋がっていけたらと思っています。


ゆっくりペースですが
私が実践している
呼吸法、ヨガ、エッセンス、瞑想などのことを
シェアしていきたいなと思います。


まだ、完全な答えはわからないけど
すべてには意味があって
そこには光と闇と両面がある。


パニックという、私にとって
死や闇を連想するトラウマの中に
光を見出していきたいと。


人にはあまり理解されにくくて
隠れてしまいがちな
心の病や敏感体質の人たちが
少しでも癒されて
自分らしく生きていければと願っています。


天使の愛に包まれて
苦しみが癒されますように


暗闇の中に光の花束を


Read More

Social Profiles

Twitter Email Instagram

Blog Archive

Popular Posts

Translate

Profile

自分の写真
2003年に急性前骨髄球性白血病(APL)を発症し、完治しました。病気をきっかけに天使と出会い、癒しの旅へと導かれていきました。

Sitemap

Privacy Policy

Copyright © angelove*healing | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com