スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

パニック障害を癒す4【フラワーエッセンス】

パニック症状や疲れた心を、お花や植物、鉱物など自然界のエネルギーで、優しく癒しをサポートしてくれるのが、フラワーエッセンスです。

海外にはたくさんのメーカーがありますが、私がサポートしてもらったエッセンスを紹介したいと思います。

フラワーエッセンスのことについては、前回の記事でも書いていますので、そちらも参考にどうぞ→パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】


2008年、バッチフラワーのレスキューレメディとの出会いから、自分の心身魂と向き合い、癒していく、私の癒しの旅が始まりました。


10年近く、様々なエッセンスを飲み続けてこられたのは、フラワーエッセンスの癒しの力や、気づき、浄化、変容など、自分自身を成長させ、その結果周りの環境までも変えていく、自然界の繊細で優しく、力強いサポートのおかげだと思います。


そんな沢山の魅力が詰まった、フラワーエッセンスたちを紹介したいと思います。

フィンドホーンの大地からの贈り物~フィンドホーンフラワーエッセンス~ 私がバッチフラワーレメディの次に出会って、飲むようになったのが、「フィンドホーンフラワーエッセンス」です。


バッチフラワーレメディを1年半くらいの間、色々なレメディを飲んでいき、他のフラワーエッセンスにも興味を持ちました。

フィンドホーンという土地や、エッセンスボトルから感じるエネルギーに惹かれて、飲んでみたいと思いました。


フィンドホーンフラワーエッセンスは、フィンドホーン共同体という、英国スコットランド北の果てにある共同体で、作られているフラワーエッセンスです。


「愛と癒し」のエネルギーで、とても繊細で優しい波動の中に、力強く大胆なエネルギーを持っています。


2009年に私が初めて、フィンドホーンフラワーエッセンスを飲んだ時に感じた印象は、お花畑のような、妖精、天使の存在を感じる、柔らかで優しく、深い部分を癒してくれるようなエネルギーでした。

とても自分に合っていて癒されたので、ほとんどのコンビネーションボトルを飲むくらいお気に入りでした。


フィンドホーンに興味がある方や、妖精や天使が好きだったり、繊細で優しいエネルギーに癒されたい方には合うと思います。
「フィンドホーン ハートサポート」 深い苦悩、トラウマで傷ついたハートを癒します。

グラスオブパーナッサス、ゴース、ホーリーソーン、ローズウォーターリリー、ロ…

パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】

1本のフラワーエッセンスとの出会いが、その後の私の人生を大きく変えていき、サポートしてくれるきっかけとなりました。

そんな自然界からの贈り物の、フラワーエッセンスのことを紹介したいと思います。

パニック症状などになった時には、病院で処方されたお薬を飲まれる方も多いかと思います。

私も白血病闘病時や退院後は、そういった症状が強く、お薬を飲むことが多かったです。

ですが、ずっと飲んでいると、副作用が気になったり、実際、私は副作用があったので、できれば、副作用がない、もっと自然療法のもので、パニック症状を癒せないかなと思っていました。


2003年に白血病で入院し、2004年に無事に退院。

2年間の維持療法も終え、その後スピリチュアルやヒーリングに出会い、アロマやパワーストーン、オーラソーマなど、いろいろと興味を持ったものを試していきました。

その中で時々見かける、「フラワーエッセンス」というものに、興味を持ち始めるようになりました。

フラワーエッセンスとは フラワーエッセンスとは、花や植物など自然界のエネルギーを水に転写したものです。

私たちの感情を癒していくことで、心と身体の調和をサポートしてくれる花療法です。


使い方は、通常1回に2~3滴を、直接口の中に落としたり、コップの水や飲み物に入れて摂っていきます。


その他にも、お風呂の中に入れたり、直接身体、手首などに塗ったり。

マッサージする時に数滴使ったり、スプレーボトルに入れたり、お守りのように持ち歩いて、エネルギーを受け取ったりと、色々な使い方ができます。

パニック症状をサポートしてくれる~レスキューレメディ~ 私がフラワーエッセンスに出会ったのは、今から9年前の2008年になります。

その時のことを書いた記事がこちら→フラワーエッセンスとの出会い


初めて飲んだフラワーエッセンスが、1930年代にイギリスのエドワード・バッチ博士によって開発された、バッチフラワーレメディのレスキューレメディでした。

38種類のレメディと、緊急用に5種類のレメディがブレンドされた、レスキューレメディがあります。

レスキューレメディの中には、インパチエンスクレチマスチェリープラムスターオブベツレヘムロックローズの5種類お花のレメディが調合されています。


インパチエンス 
気持ちが落ちかずイライラしている時に
穏やかな気持ちにさせてくれる

パニック障害を癒す2【ヨガ】

パニック障害や自律神経失調症など、心身のバランスが崩れてしまっている時に、ヨガはとてもお勧めです。

私がやっているおうちヨガを紹介したいと思います。

心身のバランスを取り戻してくれるおうちヨガ ヨガはサンスクリット語で「繋がり」を意味するもの。

心、身体、魂が繋がり、自然、宇宙と調和していくこと。

呼吸、ポーズ、瞑想を通して、心身をリラックスさせて、バランスを整えていきます。

心と身体は繋がっています。

心が緊張している時は、身体も固くなっているので、ヨガで呼吸をしながら、ゆっくりと身体を緩めていくと、心もリラックスして落ち着いていきます。


私がヨガを始めたきっかけは、今から14年前に白血病を患ったことです。

退院後に体力を戻すために、「何かおうちでできる運動はないかな?」と思い、おうちヨガなら、病み上がりでもできそうだと思い、始めてみました。


初めてヨガをやった時に、心身共にとてもスッキリして、気持ちよくて、「これなら毎日でも続けられそう!」と思って、それからずっと続いています😊


白血病の退院後は、精神的にも不安定だったので、自律神経を整える意味でも、とても良かったと思います。


最初の頃は、DVD付のヨガの本をいろいろとやっていました。

その中でも、ハタヨガなど、ゆったり系のヨガが好きで、心身共にリラックスできるのが
私には合っているなと思いました。


よくやっていたのは、千葉麗子さんやSHIHOさんの本で、今でも時々やっています。
流れるような動きの中で、いろんなポーズを取っていくのが好きです。


ヨガを始めてから、心も身体もしなやかに、姿勢も良くなって、バランスが取れてきたように思います。

呼吸法やマントラを唱えるのも、心身を落ちつかせてくれるので好きです。


パニック症状や自律神経の不調の方には、気軽にマイペースにできる、おうちヨガはお勧めです。




不安、心配、緊張の時に気持ちを落ち着かせる10分ヨガ そして、最近毎日のようにやっているのは、前回の記事 パニック障害を癒す1【呼吸法】の中でも紹介させていただいた、Wellness To Go のArisaさんのヨガです。
YouTubeやアプリで部位別や症状別に、たくさんヨガを紹介されているので、その時の自分の心身の状態に合わせてやっています💗

自律神経に良いものや、腰痛、肩こり、朝ヨガにお勧めの太陽礼拝など、…