スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

維持療法(APL M3)~ベサノイドATRA~

携帯電話が鳴った。
Dr.からだった。

「大丈夫?大変だったね」

「落ち込んでいるんじゃないかと思って…」

Dr.の優しい声を聞いて安心した。
泣きたくなるほど嬉しかった。

「来週外来に来れる?」

「維持療法した方がいいから」

「じゃあ、待ってます」


すごいタイミングで、Dr.から電話がきてびっくりした。
天からの救いのように思えた。


生きる希望がなかったけど、いつも私のことを心配して支えてくれるDr.がいる。

維持療法は辛いけど、Dr.がいるから頑張ろうと思った。

今の自分には、Dr.の存在が生きる支えで希望だった。


卵巣嚢腫の手術後、初めて外来に行った。

Dr.はいつもと変わらず優しく笑顔で迎えてくれた。
Dr.の顔を見て安心した。


維持療法
・MTX(メトトレキサート)注射、週1
・6-MP(ロイケリン)飲み薬

・ATRA(ベサノイド)飲み薬
 3か月に1回2週間服用を2年間


維持療法は当初3種類だったけど、MTX、6-MPの抗がん剤の副作用(吐き気 倦怠感)がきつく、飲めなくなって、半年間でMTXの注射と6-MPの飲み薬は終わった。

マルクでも異常はなく、それ以降はベサノイドのみの維持療法となり、ベサノイドは3か月に1回2週間を、2年間続けることになった。

退院後のマルクは腸骨からにしてもらった。


ベサノイドは、2週間続けて飲めばしばらく休めるので、副作用が出ながらもなんとか飲めた。

ベサノイドはM3の特効薬で、まだ情報も少なくて副作用などすごく不安もあった。


頭痛、吐き気、めまい、口腔内などの乾燥。
目の調子が悪くなったり、思いがけない副作用などが出たりして、Dr.とも電話やメールなどよく連絡をしていた。


通院している間に少しずつ体力も回復してきた。

けど疲れやすく無理がきかなくて、風邪など引くとなかなか治りづらかった。

しんどくなる度に、再発の恐怖に襲われて、精神的にはまだ不安定だった。

友人に会ったり、自然の中に出掛けることで、気分転換ができて、すごく癒された。


ある日、病院からの帰りにタクシーに乗ると、運転手さんになぜか芸能人に間違われた。

ウィッグ、帽子、マスクをしていると、全然病人とはわからないんだと不思議に思った。


心の中は白血病、卵巣嚢腫、維持療法の悩みだらけだ。

時々死にたくなるくらい真っ暗になることもあるけど、外から見てる人には、全く…

卵巣嚢腫茎捻転~緊急手術~

下腹部に痛みと違和感を感じた――
白血病治療から退院して、2ヶ月後の2004年5月。
下腹部の痛みが気になって、病院で検査をしたら、左の卵巣嚢腫があることがわかった。


以前から不正出血があって、生理痛もひどかった。
白血病入院中に看護師さんから、
「一度婦人科で診てもらった方がいいよ」と言われていた。

退院したばかりで、ホッとしていたところに
まさか卵巣の病気が発覚するなんて、思いもよらず、大きなショックを受けた。


婦人科のドクターに、捻じれたら大変だからと、手術を勧められたけれど、まだ白血病の入院治療が終わったばかりの病み上がりで、入院のトラウマもあるために、できれば手術はしたくないと躊躇していた。


ハンマーで殴られたような、ショックでフラフラになり、なんでこんなに大きな試練が、次々襲ってくるのか、自分の運命を恨みたくなった。

生きていても、病気にばかりなるなら、いっそこのまま死んだ方がましかもと、暗い気持ちになった。


検査結果を聞いた翌日、その時は突然やってきた。
下腹部の強い痛み、吐き気がして、もうこれはダメだと、検査をしてもらった近くの総合病院へ行くと、「茎捻転だから、すぐに手術をしないといけない」と言われ、緊急手術となった。

白血病の加療中患者ということで、婦人科のドクターが血液内科の主治医のDr.に連絡をとって、手術をしても大丈夫か確認をとってくれた。

本当は向こうの病院の方がいいけど、緊急性と、ちょうど婦人科のドクターが揃っているからと、そのまま即手術をしてもらうことになった。
家族に連絡して、母親が来てくれた。


腫瘍の大きさが、7.5cmにもなっていて、開腹手術のため半身麻酔をした。

生まれて初めての手術台。
半身麻酔で意識はあるので、すごく怖かった。

無事に手術は終わり、腫瘍は良性で、嚢腫の部分だけとって、残してくれた。

ずっと下腹部に痛み、違和感があって気持ち悪かったので、手術は怖かったけど、無事に終わってホッとした。


縫った傷口が痛い…
体にメスを入れるって、こんなに辛くて痛いんだとわかった。


白血病の抗がん剤治療の時は、手術で腫瘍をとれる病気は、すぐに退院できるから、そっちの方が血液疾患の治療よりいいかなと思っていた。
だけど、部分麻酔をして手術されるのは、本当に恐ろしかったし、その後も傷口が痛くて大変だと思った。

どちらも怖いし辛いし、大…

白血病退院後の生活~QOL~

退院となった、2004年3月下旬から、徐々に普通の生活を取り戻していった。
4ヶ月ぶりの外界の生活はとても新鮮で、コンビニのお会計で店員さんと接するのも、なんだかドキドキして浦島状態だった。

「ウィッグがばれてないかな?」
「病人とわからないかな?」
と周りの視線が気になった。


退院後のマルクで悪い細胞は消えていて安心した。
マルクの検査結果を聞くときは毎回ドキドキする。
血液データも回復した。
普通の人と同じように、生ものも食べられるようになった。
感染に注意して脅えて暮らさなくてもいいようになり、ひとつひとつ普通の生活ができるようになって嬉しかった。

数か月ぶりに食べたお寿司の味は、格別に美味しかった。

入院中に痩せて、体力も落ちて、日常生活をするだけで疲労感があった。

体力を戻すために、少しずつ散歩やヨガをするようになった。 心もスッキリして、とてもいい気分転換になった。


看護師さんには、「こんな辛い治療を乗り越えたんだから、もう怖いものはないよ」と言われたけれど、実際は、普通に悩んだり落ち込んだり変わらない。


逆に「死」や「病気」に対して、すごく恐怖心が生まれた。
体調に敏感になって、少しでも異常があると不安になる。
維持療法の副作用が辛くて、心折れそうになったり、芸能人の白血病発症や再発、亡くなられたニュースに動揺した。
4ヶ月の闘病生活で精根尽き果ててしまい、もうこれ以上は頑張れないと思った。


がんを患った人たちは、みんなこんな恐怖、不安を抱えながら生きているのだろうか?

心から安心感を得られるようになる日がくるのだろうか?

薬を飲まなくても、眠れるようになる日がくるのだろうか?


時々、現実逃避で空想の世界に入っていたり、また別の病気になってしまうんじゃないかと心配になった。


入院生活は人生の回り道で、また元の道に戻れるんだと思っていた。

だけど、実際は、それまでの人生のレールの列車は降りて、別の線路の列車に強制的に乗り換えて、新しい人生がリスタートしたように感じた。

以前の自分とは価値観も体も心も、全く別の世界を生きている。


普通の生活ができることに喜びを感じる反面、落ち込んだり、悩んだりすることも多かった。

歯科や眼科などの医院に行くのにも、問診票の既往歴の欄にいちいち考えてしまう。

電車やバスなど利用する時は、しんどくて座りたくても、見た目は健…