スキップしてメイン コンテンツに移動

フィンドホーン~アラスカン他、エッセンス時代



バッチフラワーレメディで、感情の癒しの皮むきをしていくと、白血病のトラウマから始まった、エッセンスの癒しの旅は、幼少期からのトラウマまでたどり着きました。


思えば、小さい頃から、人と深く関わっていくのが苦手でした。

自分のことを理解してくれる、分かり合える人がいなくて孤独を感じたり、本当の自分を知られるのが怖くて、壁を作ってしまったり、人間関係で傷ついたり、気疲れやストレスを感じることが多かったです。


心理学や精神世界、親子関係など、色々な本を読んで、インナーチャイルド、女性性、過去生、先祖、家系などの問題を、癒していく必要があると思いました。


自分にぴったり合うエッセンスを探していると、フィンドホーンのコンビネーションボトルに目が留まり、その綺麗なラベルやフィンドホーンという土地に惹かれて、「HEART SUPPORT」を飲んでみました。


飲むと眠気がきて、クラクラしてきて、ふんわり優しいエネルギーに包まれました。

またバッチの時とは違った、お花畑や妖精のようなイメージで、深くて優しいエネルギーに癒されました。


それから1年半くらいの間、
「INNER CHILD」「EROS」「KARMA CLEAR」「LIFE FORCE」「PSYCHIC PROTECTION」「HEALING THE CAUSE」「SPIRITUAL MARRIAGE」「PROSPERITY」etc.

フィンドホーンのコンビネーションをほとんど飲んでいきました。


「CLEAR LIGHT」を飲んでからは、直感が鋭くなって、高次とも繋がりやすくなり、手や足先から白いもやのようなエネルギーが出ているのが、はっきりと見えるようになりました。


他のメーカーの、
コルテPHI「ピンクイルカ」
パシフィック「アバンダンス」
ブッシュ「ボアブ」
アラスカン「Soul Support」「Guardian」「Purification」
ヒマラヤン「グラガ」
パワーオブフラワー「A Child's Blend」
クリスタルハーブ、インナーチャイルド、エンジェル、etc.
気になるエッセンスも色々と飲んでいきました。



日本版のものは、輸入上の関係で、塩が入ってあるので、海外版のものが欲しい時は、海外のshopからよく購入していました。

イギリスのフラワーレメディショップ
Earth Gifts さん


それぞれエネルギーの特徴があって、その土地のエネルギーや、プロデューサーの方が、どんなエネルギーと繋がってサポートされているか、意識や意図によって全然違うんだなと思いました。


その中でも、アラスカンのエネルギーは、大好きなフィンドホーンをさらにクリアでシャープに、力強くしたエネルギーで、自分にとても合っていました。


アラスカンのコンビネーションフォーミュラは、フラワー・ジェム(鉱物)・エンバイロメンタル(環境)がブレンドされて、とてもバランスが良いエネルギーで、クリアに効いてくれる好きなエッセンスでした。


中でも「Northern Lights (オーロラ)」は、とてもパワフルで、クラクラめまいと吐き気がして、エネルギー酔いになってしまうほどでした。

それくらい相性が良くて気に入って、色々なエッセンスを飲んでいきました。



その途中では、好転反応の浄化でよく泣いたり、怒りや悲しみがふき出してきて、つらくなったりしました。


終わりの出口が見えなくて、途中下車できない列車に乗ってしまったように感じて、嫌になったり、一体どこまで癒したら、自分を取り戻せて楽に生きられるようになるのか、どんどん繊細で敏感になっていく心と体に本当にこれでいいのかと、不安に思うこともありました。


そして、アラスカンの「Calling All Angels」に出会って、そのピュアで、柔らかくて、本当に天使たちに優しく包まれているような、愛のエネルギーに感動しました。



私はこの天使のエネルギーが大好きで、ものすごく安心感があって癒されると気づいて、この「Calling All Angels」のエッセンスが、次への癒しの世界へと導いてくれました。


人気投稿

インディゴチルドレンのためのフラワーエッセンス

古い価値観を壊し、新しい社会を生み出していく役目を担って生まれてきた、インディゴチルドレンたち。
今はまだ多く残る、古い価値観・枠組みの中では、生きづらさを感じてしまう、そんなインディゴチルドレンをサポートするために創られたフラワーエッセンスがあるのをご存知でしょうか?
私もフラワーエッセンスを飲み始めた2008年から、10年程いろんなエッセンスを飲んできて、とてもサポートしてもらっています。
そんなインディゴチルドレンのためのエッセンスをご紹介したいと思います。
インディゴエッセンス indigo essences 今年になって飲むようになったメーカーで、今も飲んでいる最近のお気に入りのエッセンスです。
◇インディゴエッセンスとは(ネイチャーワールドHPより)
アイルランドの東海岸に住み、ホメオパスである、アン・キャラハン(Ann Callaghan)女史が、子どもたちとその両親が新しい意識レベルへと移行する助けとして生まれました。
インディゴチルドレンが地球に生まれてきた使命を達成できるように、その内なる光(魂)を身体の中にきちんとグラウンディングすることをサポートするように作られたエッセンスです。
既存の古いパターンから新しいパターンへの移行をスムーズにできるよう、子ども達とのコミュニケーションや大人同士のコミュニケーションもサポートしてくれます。 ジェム(石)やお花のエネルギーで作られています。

◇チャンピオン Champion 他人を恐がったり、からかいやいじめの対象になってしまう子どもの助けになります。
真の強さというものは自分自身の内側から湧き上がってくるものであり、息を十分に吸って、自分はすでに強いのだ!とその強さに繋がることができると教えてくれます。
私たちに本当の意味での敵は存在しません。 宇宙においては、愛が何よりもパワフルなのです。
☆誰かから、もしくは自分自身をいじめてしまっている時、恐れから愛へと繋がっていくことをサポートしてくれます。

◇チル Chill あなたの内側が怒りで煮え立っているとき、このエッセンスで鎮めれば怒りが収まるでしょう。
☆強烈な怒りの感情から抜け出せない時に、サポートしてくれます。

◇セトル Settle 何だか不安定でざわざわしたり、そわそわして落ち着かないとき、セトルが手助けとなり、気持ちを落ち込ませることもありません。

パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】

1本のフラワーエッセンスとの出会いが、その後の私の人生を大きく変えていき、サポートしてくれるきっかけとなりました。

そんな自然界からの贈り物の、フラワーエッセンスのことを紹介したいと思います。

パニック症状などになった時には、病院で処方されたお薬を飲まれる方も多いかと思います。

私も白血病闘病時や退院後は、そういった症状が強く、お薬を飲むことが多かったです。

ですが、ずっと飲んでいると、副作用が気になったり、実際、私は副作用があったので、できれば、副作用がない、もっと自然療法のもので、パニック症状を癒せないかなと思っていました。


2003年に白血病で入院し、2004年に無事に退院。

2年間の維持療法も終え、その後スピリチュアルやヒーリングに出会い、アロマやパワーストーン、オーラソーマなど、いろいろと興味を持ったものを試していきました。

その中で時々見かける、「フラワーエッセンス」というものに、興味を持ち始めるようになりました。

フラワーエッセンスとは フラワーエッセンスとは、花や植物など自然界のエネルギーを水に転写したものです。

私たちの感情を癒していくことで、心と身体の調和をサポートしてくれる花療法です。


使い方は、通常1回に2~3滴を、直接口の中に落としたり、コップの水や飲み物に入れて摂っていきます。


その他にも、お風呂の中に入れたり、直接身体、手首などに塗ったり。

マッサージする時に数滴使ったり、スプレーボトルに入れたり、お守りのように持ち歩いて、エネルギーを受け取ったりと、色々な使い方ができます。

パニック症状をサポートしてくれる~レスキューレメディ~ 私がフラワーエッセンスに出会ったのは、今から9年前の2008年になります。

その時のことを書いた記事がこちら→フラワーエッセンスとの出会い


初めて飲んだフラワーエッセンスが、1930年代にイギリスのエドワード・バッチ博士によって開発された、バッチフラワーレメディのレスキューレメディでした。

38種類のレメディと、緊急用に5種類のレメディがブレンドされた、レスキューレメディがあります。

レスキューレメディの中には、インパチエンスクレチマスチェリープラムスターオブベツレヘムロックローズの5種類お花のレメディが調合されています。


インパチエンス 
気持ちが落ちかずイライラしている時に
穏やかな気持ちにさせてくれる

パニック障害を癒す5【アンジェリックエッセンス】

いつもそばで見守ってくれている、天界の存在を信じますか?

目に見える世界からは到底かなわない、天界、宇宙のパワフルなエネルギーが詰まった、そんな素敵な天使の贈り物のエッセンスを紹介します。


アラスカンエッセンスの「Calling All Angels」との出会いから、自分の心身魂は、天使のエネルギーにとても癒され、安心することがわかり、2011年からアンジェリックエッセンスを飲むようになりました。
(参考記事:パニック障害を癒す4【フラワーエッセンス】)


今現在もずっと飲み続けている、大好きな、相棒のようなエッセンスです。

天使と精霊からの贈り物【アンジェリックエッセンス】”アンジェリックエッセンスは、天界の存在達からのガイダンスとサポートによってつくられた天使と精霊からの贈り物です。

このエネルギーによって、私たちはハートを癒し、意識を目覚めさせ、バイブレーションをシフトさせ、自己のソース(源)と繋がり可能性を高めることができるようになります。

私たちの惑星に存在する形ある全てのものよりも、高いバイブレーションであり、最も高次の源から贈られる純粋なエネルギーのエッセンスです。


肉体、マインド、感情、スピリットを癒すためにも、また目覚めさせるためにも使うことができます。

私達の不調のほとんどは、もともとメンタル体、感情体、スピリチュアル体で起こっています。

アンジェリックエッセンスはこのようなレベルに働きかけて、不調の根本原因に対して、最も深いレベルでの癒しをうながします。


アンジェリックエッセンスは、天使達のサポートのおかげで、とても優しくパワフルに人個人が必要としているニーズにきちんと対応してくれます。”
(以上、ネイチャーワールドHPより抜粋)


アンジェリックエッセンスを創られた、ルース・ジョイ氏のインタビュー記事→こちら


以前に書いたアンジェリックエッセンスの記事
(参考記事:Angelic Essences*天使の癒しAngelic Essences*天使との繋がり

怖れからの解放【Freedom From Fear(フリーダム フロム フィア)】 アンジェリックエッセンスには、沢山の種類のエッセンスがあるのですが、その中でも、「Freedom From Fear(フリーダム フロム フィア)」のエッセンスは、パニック症状や、不安感のある人には、とても良いと思いま…

ADHD/ADDのためのヒーリング3【ホメオパシー】

ADHD/ADDのような症状で、日常生活に困難が生じてくると、人間関係にも影響してきて大変ですよね。

そんな時に、自然療法やヒーリングのサポートを借りて、癒していくのもいいと思います。

私もホメオパシーなど、色々と摂っているので、紹介したいと思います。

サポートチンクチャー「Hypericum ø Str」 前々回の記事 ADHD/ADDのためのヒーリング2【Thuja ø VOM5】からの、続きになります。


ご紹介した、ホメオパシーの、「Thuja ø VOM5」(スーヤ・ワクチノーシスチンクチャー)という、スーヤのとてもパワフルなサポートチンクチャーで、ワクチンのデトックス、マヤズムの浄化をしていく中で、私はそれだけだと、とても浄化がきつそうだと思い
同時に「Hypericum ø Str」(ハイペリカム・ストレスチンクチャー)も摂りました。


ハイペリカムのハーブチンクチャーが入っているので、神経の高ぶりや、多動傾向、ストレスを和らげて、リラックスをサポートしてくれます。


実際、好転反応がきつかったのですが、ハイペリカムのサポートチンクチャーで、だいぶ緩和されたように思います。


「Hypericum ø Str」の中にも、重金属系のレメディーが入っていて、神経系に入り込んでしまった、重金属のデトックスのサポートもしてくれます。



サポートチンクチャー「Alfalfa ø Aut」 ADHD、発達障害のためのサポートチンクチャーの3つ目に、「Alfalfa ø Aut」(アルファルファ・オーティズムチンクチャー)があります。

アルファルファのマザーチンクチャーに、腸内細菌や重金属系のレメディが入っています。
神経伝達物質の8割を作ると言われる腸の問題、消化吸収の問題に。


脳と腸は神経系に影響すると言われていて、最近は腸にも注目が集まっています。
ADHDなどの症状にも、腸をサポートすることが良いそうです。

私は以前、胃腸の調子が悪くなって、ほとんど食べられない時があったのですが、その時に「アルファルファ」のマザーチンクチャーを摂って、すごく回復しました。

そして今、こちらの「Alfalfa ø Aut」サポートチンクチャーを摂っています。
胃腸の調子は良くなってきていて、効果を実感しています。

ADHDの症状は、まだ出てきていて、以前よりは落ち着いてきていますが、不…

愛への帰還 ~A Return to Love~

"愛に帰ることは人生という冒険の終わりではなく、始まりです。それは、本来のあなたへと帰って行くことです"

『愛への帰還 (A Return to Love) 』より


とても素晴らしい本に出会えました。

自分に必要な”エッセンス”が詰まっていて、心に響く言葉の数々に癒され救われました。


作者のマリアン・ウイリアムソンさんが、有名な『A Course in Miracles』(奇跡の学習コース)に基づいた、スピリチュアルな精神治療をわかりやすく教えてくれています。


愛への帰還ー光への道『奇跡の学習コース』
マリアン・ウイリアムソン(著)
大内 博(訳)




私たちが最も深く恐れているのは、私たちが不十分な存在であるということではない。
私たちが最も深く恐れているのは、私たちが計り知れないほどに力に満ちた存在であるということである。
私たちを最も怯えさせるのは私たちの闇ではなく、光である。
私たちは自問します。「私たちが素晴らしく、ゴージャスで、才能があって、信じがたい存在だなんてことはあり得ない」。
実際には、私たちはどんな存在にでもなれます。
私たちは神の子なのです。
自分を過少に評価して、その役割を演じるのは世のためになりません。
他の人たちがあなたのまわりで圧倒されないように気遣って、自分を小さくすることには、啓蒙的な要素は何もありません。
私たちは誰でも、子供たちがそうであるのと同様に、光り輝くことになっている存在です。
私たちは自分の中にある神の栄光を顕在化するために、この世の中に生まれて来ました。
それは一部の人にだけあるのではなく、すべての人にあります。
私たちが自分自身の光を輝かせる時、他の人たちにも同じことをする許可を与えます。
私たちが自分自身の恐怖感から解放されると、私たちの存在そのものが他の人たちを自動的に解放します”


訳者のあとがきにも説明されていますが、この言葉はネルソン・マンデラ大統領の演説として広まっていったのですが、元々は『A Return to Love』からの引用で、太字の部分は『奇跡の学習コース』からの引用だそうです。

最初彼女は、マンデラ大統領の演説というのを、訂正してもらっていたけれど、もっと深い何かが動いていると感じて訂正することをやめたそうです。

誰がこの言葉を述べたかよりも、素晴らしい真実をできるだけ多くの人に知ってもらいたい…