スキップしてメイン コンテンツに移動

EFTからインナーチャイルド~前世療法への旅



最近、トラウマなどが浮上してきて、不安感に襲われたり、パニック症状など、心身が不調になりがちなので、いろいろと自分でできるヒーリングを試しています。

昨日から今日にかけて、また新しい気づきやヒーリングワークができたので、自分の記録と心の整理のために書いておこうと思います。

EFTのタッピングで感情の解放

不安感が出てきたり、予期不安のような、パニック症状が出そうだなと思った時に、以前からよく見かけて、なんとなくは知っていた、EFT(Emotional Freedom Technique)を試してみようと思いました。


EFTは心理学者ロジャー・キャラハンによって創られた、体をタッピングしながらトラウマなどの感情を解放していくというメソッドです。


とにかく症状がきつくて、なんとかしたくて、ネットでたまたま見つけたサイトのいくつかを参考にして、EFTのセットアップフレーズを作って、やっていきました。

詳しくはこちらのサイトなんかを参考にしました。

(出来事・思い)で(感情)があるけれども、私は大丈夫です。

(出来事・思い)で(感情)があるけれども、私は私を愛し受け入れます。

というフレーズにその時の自分の思いや感情を入れて、それぞれのタッピングポイントをタッピングしながら、作ったフレーズを唱えていくというものです。

私は(パニック症状)と(恐怖)の感情を当てはめて、唱えてみました。

最初は半信半疑だったのですが、最初10あったスコアがやっていくごとに少しずつ減っていき、5くらいまで下がり、楽になるのを実感しました。

0になるまでやると良いみたいです。


すごくいいなと思って、他のいろいろなサイトを見ていて、以前に溝口あゆかさんのblog記事で紹介されていて、少し見たことがあった、マトリックス・リインプリンティング
創始者カールドーソンさんのインタビューを思い出して、もう一度ちゃんと見てみようと探して見てみました。

マトリックス・リインプリンティングは、EFT(感情解放テクニック)から発展したものです。

YouTubeのインタビュー動画はこちらです。

「マトリックス・リインプリンティングインタビュー・Karl Dawson」


以下カールドーソンさんのインタビューより一部引用
**********
EFTでは、トラウマのできごとにアクセスします。
”経絡(けいらく)”というのがありますね。
中医学や日本でも指圧などで使っています。
経絡は情報(思いや感情)を運ぶんです。
ある状況でどう反応するか、情報が身体に指示します。
なので、後で似たような状況になると、同じ反応を起こします。
PTSDでは同じイメージが、日々影響をあたえています。
ではどうするか?トラウマになった出来事にアクセスし、その場面をまた訪れます。
トークセラピーですと、話して再体験しますが、それは意識レベルなので、トラウマを崩すまではいきません。
EFTやマトリックス・リインプリンティングは、できごとを再体験しながら、経絡のツボを軽くたたいて、情報(感情や思い)をクリアするんです。
リセットボタンのように。
後でまたそのことを考えても、同じ身体反応(感情、思い)は出ません。
だからトラウマを解放するのに、とても早く効果的な方法です。
**********
このインタビューを見て、経絡と感情の繋がりというところにピンときて、心と身体は繋がっているので、両方の面から一緒にアプローチすることで、深いトラウマレベルのヒーリングができるんだと思いました。


EFTでタッピングしながら、出てくるいろんな感情を、その都度タッピングしていくと、最初は漠然とした、パニックや一人になる恐怖心というものだったのが、だんだんと、ありのままの自分、弱い自分を出して、周りの人たち、愛する人たちに拒絶されることへの恐怖心があることに気づきました。


それは幼少期の頃に体験したもので、生まれてすぐに母親は体調を崩して入院していたために、私は祖父母の家に預けられたり、妹が生まれる2歳の時にも預けられて、ずっと母親と会えない状態を経験したトラウマが記憶の片隅にあります。


以前にリズ・ブルボーさんの本、「五つの傷ー心の痛みをとりのぞき本当の自分になるために」で読んだ、拒絶による傷(0~1歳にかけて同性の親から受けた)と、見捨てによる傷(0~3歳いかけて異性の親から受けた)が強いと改めて思いました。
  1. 拒絶による傷ー逃避する仮面
  2. 見捨てによる傷ー依存する仮面
  3. 侮辱による傷ーマゾヒストの仮面
  4. 裏切りによる傷ー操作する人の仮面
  5. 不正による傷ー頑固な人の仮面


インナーチャイルドの癒し

そして、インナーチャイルドの癒しが必要だと思い、EFTでインナーチャイルドに語りかけながらやっていると、自分自身が自分の弱さを見捨て、拒絶して、自分やインナーチャイルドを切り離していることに気づきました。

それが鏡となって、周りの世界に投影されて、孤独感を感じたり、不安感を強く持っているのだなと。


その感情を解放してあげようと、どこをタッピングしたらいいのかインナーチャイルドや天使に聞いてみると、「みぞおち」と言われたので、みぞおちを優しくトントンしたり、撫でてあげながら、続けていると、足先から振動してきて、そして自然と涙が出てきました。


お母さんが赤ちゃんを寝かしつける時に、優しくトントンするような、そんな記憶が蘇ってきました。

きっとインナーチャイルドはそんな風に、優しくなぐさめて欲しかったんだなと。


みぞおちの当たりやおへその辺りは、いつもインナーチャイルドを感じるので、お腹側はインナーチャイルドで、背中側は大人の感情かなと思いました。


その流れで、たまたまYouTubeで見つけた、「インナーチャイルドに会う瞑想」をやっていると、幼いころの自分に出会えて、抱きあえて、ずっと離ればなれだったのが、ひとつになれたような安堵感で、また涙が出てきました。



自分自身、インナーチャイルドとの分離感が、周りや世界との分離を生み出してしまっているのだなと気づきました。

前世療法への旅

そして、しばらくボーっとしていて、そこで終わっても良かったのですが、iPodを聞いていたら、たまたま「ワイス博士の前世療法」が流れてきたので、それもやってみようとそのまま前世の世界に入っていきました。


以前にもやったりしていたのですが、最近はドリーン・バーチューさんの「パストライフ・リグレッション~過去生回帰~」の方をよく使っていたので、久しぶりにワイス博士の前世療法をやってみようと思いました。


瞑想で、階段を降りていく段階で、ものすごく胸の当たりが苦しくなって、最近よく感じていた強烈な不安感が出てきました。

進むか止めるか迷ったのですが、さっきやっていたEFTを同時にやりながら進んでいきました。


そして今日見えた前世は、暗い場所で、誰かに殺されそうになっている場面でした。

そしてその相手は、多分今の母親の過去生の魂だと思いました。

とても怖く、心拍数が上がっていく感じで、EFTでポイントをタッピングしたり、みぞおちをトントンして、少し離れたりしながら、音声を聞いていました。


以前にも日本の古い着物の時代に、今の母親の魂と親子で、赤ちゃんの時にその母に捨てられている前世を見たことがあったのですが、今日のは強烈で、でも今感じている恐怖の感情の原因のひとつかなと思い納得できました。


そして私はきっと自分自身を殺そうとした、過去生の体験があるのではないかなと思いました。

辛く苦しい状況になると、誰かにどうのというよりも、自分自身が魂の故郷に帰りたいという気持ちになるので、きっとそういったカルマで、課題をクリアにするために、母と私は今世、親子となったのかなと。


今までずっと小さい頃から感じていた、家にいても心から安心できない、心の底に不安が常にある感じの理由がわかりました。

それがすべてではないと思いますが、なんとなくあった、心の奥底の疑問の理由が見えた気がしました。


そのあとにあまりにもショックと苦しさがあるので、「ワイス博士のストレス・ヒーリング」もかけてヒーリングしました。

昨日紹介したエンジェル瞑想もやって、自分を労わり、愛を注ぎ、ケアしてあげたいと思います。


パニック、予期不安を解消するために何げなくやってみたEFTが、インナーチャイルドの癒しへ導かれ、そして前世療法の旅へと繋がっていき、自分でもびっくりしました。


でもすべて繋がっていて、今ある不安や恐怖感の原因のひとつに辿り着けたかなと思いました。


ちょっと重くなってしまいましたが、きっと私だけではなく、今この時期に魂レベルの浄化が起こっている人も多いのかなと思い、書いてみました。

何かの参考になれば嬉しいです。




天使の愛に包まれて
魂から癒され
穏やかな愛に溢れる人生を歩んでいけますように


暗闇の中に光の花束を


人気投稿

パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】

1本のフラワーエッセンスとの出会いが、その後の私の人生を大きく変えていき、サポートしてくれるきっかけとなりました。

そんな自然界からの贈り物の、フラワーエッセンスのことを紹介したいと思います。

パニック症状などになった時には、病院で処方されたお薬を飲まれる方も多いかと思います。

私も白血病闘病時や退院後は、そういった症状が強く、お薬を飲むことが多かったです。

ですが、ずっと飲んでいると、副作用が気になったり、実際、私は副作用があったので、できれば、副作用がない、もっと自然療法のもので、パニック症状を癒せないかなと思っていました。


2003年に白血病で入院し、2004年に無事に退院。

2年間の維持療法も終え、その後スピリチュアルやヒーリングに出会い、アロマやパワーストーン、オーラソーマなど、いろいろと興味を持ったものを試していきました。

その中で時々見かける、「フラワーエッセンス」というものに、興味を持ち始めるようになりました。

フラワーエッセンスとは フラワーエッセンスとは、花や植物など自然界のエネルギーを水に転写したものです。

私たちの感情を癒していくことで、心と身体の調和をサポートしてくれる花療法です。


使い方は、通常1回に2~3滴を、直接口の中に落としたり、コップの水や飲み物に入れて摂っていきます。


その他にも、お風呂の中に入れたり、直接身体、手首などに塗ったり。

マッサージする時に数滴使ったり、スプレーボトルに入れたり、お守りのように持ち歩いて、エネルギーを受け取ったりと、色々な使い方ができます。

パニック症状をサポートしてくれる~レスキューレメディ~ 私がフラワーエッセンスに出会ったのは、今から9年前の2008年になります。

その時のことを書いた記事がこちら→フラワーエッセンスとの出会い


初めて飲んだフラワーエッセンスが、1930年代にイギリスのエドワード・バッチ博士によって開発された、バッチフラワーレメディのレスキューレメディでした。

38種類のレメディと、緊急用に5種類のレメディがブレンドされた、レスキューレメディがあります。

レスキューレメディの中には、インパチエンスクレチマスチェリープラムスターオブベツレヘムロックローズの5種類お花のレメディが調合されています。


インパチエンス 
気持ちが落ちかずイライラしている時に
穏やかな気持ちにさせてくれる

パニック障害を癒す5【アンジェリックエッセンス】

いつもそばで見守ってくれている、天界の存在を信じますか?

目に見える世界からは到底かなわない、天界、宇宙のパワフルなエネルギーが詰まった、そんな素敵な天使の贈り物のエッセンスを紹介します。


アラスカンエッセンスの「Calling All Angels」との出会いから、自分の心身魂は、天使のエネルギーにとても癒され、安心することがわかり、2011年からアンジェリックエッセンスを飲むようになりました。
(参考記事:パニック障害を癒す4【フラワーエッセンス】)


今現在もずっと飲み続けている、大好きな、相棒のようなエッセンスです。

天使と精霊からの贈り物【アンジェリックエッセンス】”アンジェリックエッセンスは、天界の存在達からのガイダンスとサポートによってつくられた天使と精霊からの贈り物です。

このエネルギーによって、私たちはハートを癒し、意識を目覚めさせ、バイブレーションをシフトさせ、自己のソース(源)と繋がり可能性を高めることができるようになります。

私たちの惑星に存在する形ある全てのものよりも、高いバイブレーションであり、最も高次の源から贈られる純粋なエネルギーのエッセンスです。


肉体、マインド、感情、スピリットを癒すためにも、また目覚めさせるためにも使うことができます。

私達の不調のほとんどは、もともとメンタル体、感情体、スピリチュアル体で起こっています。

アンジェリックエッセンスはこのようなレベルに働きかけて、不調の根本原因に対して、最も深いレベルでの癒しをうながします。


アンジェリックエッセンスは、天使達のサポートのおかげで、とても優しくパワフルに人個人が必要としているニーズにきちんと対応してくれます。”
(以上、ネイチャーワールドHPより抜粋)


アンジェリックエッセンスを創られた、ルース・ジョイ氏のインタビュー記事→こちら


以前に書いたアンジェリックエッセンスの記事
(参考記事:Angelic Essences*天使の癒しAngelic Essences*天使との繋がり

怖れからの解放【Freedom From Fear(フリーダム フロム フィア)】 アンジェリックエッセンスには、沢山の種類のエッセンスがあるのですが、その中でも、「Freedom From Fear(フリーダム フロム フィア)」のエッセンスは、パニック症状や、不安感のある人には、とても良いと思いま…

闘病記あとがき~白血病完治~

2003年11月に、「急性前骨髄球性白血病(APL M3)」と診断され、入院したあの日から、12年が経ちました。

今もこうして元気に生きています。


入院していた当時は、自分の5年後10年後の姿なんて想像できなくて、この世に生きていられるのかさえわからなくて不安だったあの頃のことを、今でも時々思い出します。


発症当時は「白血病」というと、不治の病のイメージが強くて、実際に周りでも、亡くなられた方を知っていたので、本当に自分が完治できるのか不安でした。
ネットでも、今ほどブログなどで書かれている人も少なくて、完治した人のブログなどほとんどなくて、一体これから私の人生はどうなるのだろうと、未来がなかなか見えずにいました。
だけどネットで闘病記など発信されている方が、少ないながらもいたおかげで、すごく心強く、自分一人じゃないんだと、励まされました。


白血病の闘病は、患者さんの割合も少なくて、治療も無菌室やクリーンルームなど、狭い世界の中で、孤独になってしまうことが多いので、ネットという広い世界と繋がるツールがある時代で、本当に良かったと思いました。


まさか自分もブログで闘病記を書くことになるなんて、思いもしませんでした。

でも、自分を癒していく過程で、天使たちの導きから、自分の中の闇を吐き出して、昇華していく流れになり、闘病時から10年以上の時を経て、当時のことを書くことになりました。


当時書き留めていた手帳やノート、血液データ表、取り寄せた入院カルテのコピーなどを元に、記憶をたどって書いていきました。
もう10年以上も前のことなので、鮮明に覚えている事、だいぶ忘れてしまっている事もありました。

また治療方法や医療の世界も、私の頃とは、随分変わってきているだろうと躊躇する気持ちがありました。

まるでパンドラの箱を開けるような恐怖心もあり、最初の頃は、本当に最後まで書けるのか、全く自信がありませんでした。


ただ時々、TVなどで、白血病やがんを患って、真っ暗になってしまった人。

戸惑い、不安、恐怖を抱えている人の姿を見ると、当時の自分を見ているようで、もし何か書くことで、誰かの希望になれたらいいなと。

そして何より自分自身を救うために、過去から解放されたくて書こうと思いました。


書きながら、当時のことを思い出して、泣けてきたり、辛くなることも何度かありました。

自分の中の深…

ADHD/ADDのためのヒーリング3【ホメオパシー】

ADHD/ADDのような症状で、日常生活に困難が生じてくると、人間関係にも影響してきて大変ですよね。

そんな時に、自然療法やヒーリングのサポートを借りて、癒していくのもいいと思います。

私もホメオパシーなど、色々と摂っているので、紹介したいと思います。

サポートチンクチャー「Hypericum ø Str」 前々回の記事 ADHD/ADDのためのヒーリング2【Thuja ø VOM5】からの、続きになります。


ご紹介した、ホメオパシーの、「Thuja ø VOM5」(スーヤ・ワクチノーシスチンクチャー)という、スーヤのとてもパワフルなサポートチンクチャーで、ワクチンのデトックス、マヤズムの浄化をしていく中で、私はそれだけだと、とても浄化がきつそうだと思い
同時に「Hypericum ø Str」(ハイペリカム・ストレスチンクチャー)も摂りました。


ハイペリカムのハーブチンクチャーが入っているので、神経の高ぶりや、多動傾向、ストレスを和らげて、リラックスをサポートしてくれます。


実際、好転反応がきつかったのですが、ハイペリカムのサポートチンクチャーで、だいぶ緩和されたように思います。


「Hypericum ø Str」の中にも、重金属系のレメディーが入っていて、神経系に入り込んでしまった、重金属のデトックスのサポートもしてくれます。



サポートチンクチャー「Alfalfa ø Aut」 ADHD、発達障害のためのサポートチンクチャーの3つ目に、「Alfalfa ø Aut」(アルファルファ・オーティズムチンクチャー)があります。

アルファルファのマザーチンクチャーに、腸内細菌や重金属系のレメディが入っています。
神経伝達物質の8割を作ると言われる腸の問題、消化吸収の問題に。


脳と腸は神経系に影響すると言われていて、最近は腸にも注目が集まっています。
ADHDなどの症状にも、腸をサポートすることが良いそうです。

私は以前、胃腸の調子が悪くなって、ほとんど食べられない時があったのですが、その時に「アルファルファ」のマザーチンクチャーを摂って、すごく回復しました。

そして今、こちらの「Alfalfa ø Aut」サポートチンクチャーを摂っています。
胃腸の調子は良くなってきていて、効果を実感しています。

ADHDの症状は、まだ出てきていて、以前よりは落ち着いてきていますが、不…

愛への帰還 ~A Return to Love~

"愛に帰ることは人生という冒険の終わりではなく、始まりです。それは、本来のあなたへと帰って行くことです"

『愛への帰還 (A Return to Love) 』より


とても素晴らしい本に出会えました。

自分に必要な”エッセンス”が詰まっていて、心に響く言葉の数々に癒され救われました。


作者のマリアン・ウイリアムソンさんが、有名な『A Course in Miracles』(奇跡の学習コース)に基づいた、スピリチュアルな精神治療をわかりやすく教えてくれています。


愛への帰還ー光への道『奇跡の学習コース』
マリアン・ウイリアムソン(著)
大内 博(訳)




私たちが最も深く恐れているのは、私たちが不十分な存在であるということではない。
私たちが最も深く恐れているのは、私たちが計り知れないほどに力に満ちた存在であるということである。
私たちを最も怯えさせるのは私たちの闇ではなく、光である。
私たちは自問します。「私たちが素晴らしく、ゴージャスで、才能があって、信じがたい存在だなんてことはあり得ない」。
実際には、私たちはどんな存在にでもなれます。
私たちは神の子なのです。
自分を過少に評価して、その役割を演じるのは世のためになりません。
他の人たちがあなたのまわりで圧倒されないように気遣って、自分を小さくすることには、啓蒙的な要素は何もありません。
私たちは誰でも、子供たちがそうであるのと同様に、光り輝くことになっている存在です。
私たちは自分の中にある神の栄光を顕在化するために、この世の中に生まれて来ました。
それは一部の人にだけあるのではなく、すべての人にあります。
私たちが自分自身の光を輝かせる時、他の人たちにも同じことをする許可を与えます。
私たちが自分自身の恐怖感から解放されると、私たちの存在そのものが他の人たちを自動的に解放します”


訳者のあとがきにも説明されていますが、この言葉はネルソン・マンデラ大統領の演説として広まっていったのですが、元々は『A Return to Love』からの引用で、太字の部分は『奇跡の学習コース』からの引用だそうです。

最初彼女は、マンデラ大統領の演説というのを、訂正してもらっていたけれど、もっと深い何かが動いていると感じて訂正することをやめたそうです。

誰がこの言葉を述べたかよりも、素晴らしい真実をできるだけ多くの人に知ってもらいたい…