スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

愛への帰還 ~A Return to Love~

"愛に帰ることは人生という冒険の終わりではなく、始まりです。それは、本来のあなたへと帰って行くことです"

『愛への帰還 (A Return to Love) 』より


とても素晴らしい本に出会えました。

自分に必要な”エッセンス”が詰まっていて、心に響く言葉の数々に癒され救われました。


作者のマリアン・ウイリアムソンさんが、有名な『A Course in Miracles』(奇跡の学習コース)に基づいた、スピリチュアルな精神治療をわかりやすく教えてくれています。


愛への帰還ー光への道『奇跡の学習コース』
マリアン・ウイリアムソン(著)
大内 博(訳)




私たちが最も深く恐れているのは、私たちが不十分な存在であるということではない。
私たちが最も深く恐れているのは、私たちが計り知れないほどに力に満ちた存在であるということである。
私たちを最も怯えさせるのは私たちの闇ではなく、光である。
私たちは自問します。「私たちが素晴らしく、ゴージャスで、才能があって、信じがたい存在だなんてことはあり得ない」。
実際には、私たちはどんな存在にでもなれます。
私たちは神の子なのです。
自分を過少に評価して、その役割を演じるのは世のためになりません。
他の人たちがあなたのまわりで圧倒されないように気遣って、自分を小さくすることには、啓蒙的な要素は何もありません。
私たちは誰でも、子供たちがそうであるのと同様に、光り輝くことになっている存在です。
私たちは自分の中にある神の栄光を顕在化するために、この世の中に生まれて来ました。
それは一部の人にだけあるのではなく、すべての人にあります。
私たちが自分自身の光を輝かせる時、他の人たちにも同じことをする許可を与えます。
私たちが自分自身の恐怖感から解放されると、私たちの存在そのものが他の人たちを自動的に解放します”


訳者のあとがきにも説明されていますが、この言葉はネルソン・マンデラ大統領の演説として広まっていったのですが、元々は『A Return to Love』からの引用で、太字の部分は『奇跡の学習コース』からの引用だそうです。

最初彼女は、マンデラ大統領の演説というのを、訂正してもらっていたけれど、もっと深い何かが動いていると感じて訂正することをやめたそうです。

誰がこの言葉を述べたかよりも、素晴らしい真実をできるだけ多くの人に知ってもらいたい…

恐れの幻想から目覚めて、今この瞬間を生きる

過去や未来に意識がいって、恐れにとらわれてしまっている時に、パワフルなワークに出会ったので、忘れないようにここに書いておきたいと思います。

恐れの幻想から目覚める「ワーク」 いろいろなサイトをめぐっていた時に、以前にも目にしたことがあった、バイロン・ケイティさんの人生を変える4つの質問のワークのサイトにたどり着きました。


以前に出会った時にも、少しワークをやったことがあったのですが、すっかり忘れてしまっていたので、今回、このワーク(上記サイトにPDFファイルのワークがあります)をやってみるとやはりパワフルでした。

次々と自分の思い込みや、恐れの幻想にとらわれていたことに気づかされました。


1986年、バイロン・ケイティさんが、10年にも及ぶ、重度のうつ状態、人生のどん詰まりの中で、ある日突然目覚め、たった4つの質問とひっくり返しからなる、シンプルな「ワーク」が人生を根底から変えていくというものです。


人間の苦しみを終わらせるために作られた、非常にパワフルなワークです。


4つの質問

自分がストレスを感じたり、苦しくなる時に、その思いを書き出していき、そして、自分自身に4つの質問をしていきます。


1)それは本当ですか?
2)それが本当だと、絶対に言いきることができますか?
3)そう考える時、あなたはどのように反応しますか?
4)その考えがなければ、あなたはどうなりますか?


ひっくり返す

4つの質問で自分が書いた文章を、3パターンくらい、主語を私にしたりひっくり返していきます。

例「彼は私に愛情がない」はひっくり返すと

彼は私に愛情がある私は彼に愛情がない私は私に愛情がない

自分が他者に対して思い込んでいたものは、自分自身に対するものだったんだと気づくことができます。
投影の世界だったことがよくわかります。


私の場合、何か思考で苦しくなった時に、「それは真実か?」と自分自身に問うと、すぐにそれが思い込みだったことに気づいて、日常生活の中で、自分がいかに思い込みのパターンにハマっていたのかがよくわかりました。


苦しみの原因は、「~でなければならない」という、古い価値観に縛られていたからなんだと。


「こうでなければならない」、「それができない私はダメだ」と、世間一般の価値観を自分に当てはめて、自分を批判したり、誰かのせいにしたりして、「ねばならない」という思考が、自分の心身を縛り…

EFTからインナーチャイルド~前世療法への旅

最近、トラウマなどが浮上してきて、不安感に襲われたり、パニック症状など、心身が不調になりがちなので、いろいろと自分でできるヒーリングを試しています。
昨日から今日にかけて、また新しい気づきやヒーリングワークができたので、自分の記録と心の整理のために書いておこうと思います。
EFTのタッピングで感情の解放 不安感が出てきたり、予期不安のような、パニック症状が出そうだなと思った時に、以前からよく見かけて、なんとなくは知っていた、EFT(Emotional Freedom Technique)を試してみようと思いました。

EFTは心理学者ロジャー・キャラハンによって創られた、体をタッピングしながらトラウマなどの感情を解放していくというメソッドです。

とにかく症状がきつくて、なんとかしたくて、ネットでたまたま見つけたサイトのいくつかを参考にして、EFTのセットアップフレーズを作って、やっていきました。
詳しくはこちらのサイトなんかを参考にしました。 EFTのやり方
(出来事・思い)で(感情)があるけれども、私は大丈夫です。

(出来事・思い)で(感情)があるけれども、私は私を愛し受け入れます。
というフレーズにその時の自分の思いや感情を入れて、それぞれのタッピングポイントをタッピングしながら、作ったフレーズを唱えていくというものです。
私は(パニック症状)と(恐怖)の感情を当てはめて、唱えてみました。
最初は半信半疑だったのですが、最初10あったスコアがやっていくごとに少しずつ減っていき、5くらいまで下がり、楽になるのを実感しました。

0になるまでやると良いみたいです。

すごくいいなと思って、他のいろいろなサイトを見ていて、以前に溝口あゆかさんのblog記事で紹介されていて、少し見たことがあった、マトリックス・リインプリンティング創始者カールドーソンさんのインタビューを思い出して、もう一度ちゃんと見てみようと探して見てみました。

マトリックス・リインプリンティングは、EFT(感情解放テクニック)から発展したものです。
YouTubeのインタビュー動画はこちらです。

「マトリックス・リインプリンティングインタビュー・Karl Dawson」


以下カールドーソンさんのインタビューより一部引用 ********** EFTでは、トラウマのできごとにアクセスします。 ”経絡(けいらく…

心身魂を癒すエンジェル瞑想~天使のやすらぎ~

心身が疲れてしまったり、病んでしまっている時、過去や未来のことに意識がいって不安を感じる時などありませんか?

心、身体、魂レベルで癒される、優しくて、パワフルなエンジェル瞑想を紹介したいと思います。

天使が導く誘導瞑想 瞑想というと難しそうだなと感じる方も多いと思いますが、私がいつもやっているのは、CDなど音声を聞きながら、瞑想していくというものです。

私は感情や思考がすごく揺れ動きやすいタイプで、インディゴ、エンパス、HSP、ADD(ADHD)などが当てはまる、繊細で、過敏な体質です。

落ち着いている時は、何もなくても、静かに瞑想しやすいのですが、過敏な症状が出ている時は、不安感に襲われたり、落ち着かなくて、なかなか静かに瞑想を続けられません。

なので、私はよく音声の誘導瞑想を使っていて、聞いているだけでも、リラックスして落ち着いてきて、瞑想もとてもスムーズに入っていきやすいです。

特にドリーン・バーチューさんの瞑想は、天使のエネルギーをすごく感じます。

かけているだけで、部屋がクリアリングされて、気持ちいいエネルギーになったり、不思議と眠気がきて、気づいたら眠っていたり、とても落ち着けるので、毎晩寝る時にかけて寝ています。

寝ている間も潜在意識に影響があると思うので、目覚めた時にスッキリしていたり、いい影響があるんじゃないかなと思います。

私がよく使っているものを紹介したいと思います。
本にCDが付属されているものと、CD単独のものがあります。

「チャクラ・クリアリングー天使の安らぎー」
ドリーン・バーチュー
チャクラを整えて、浄化・リラックスの瞑想

心配や恐れの感情から生まれる、負のエネルギーを払拭すれば、あなたが持って生まれたスピリチュアル・パワーが目を覚まします。
(CD)
1 明けの瞑想
2 宵の瞑想




「新訳 あなたをいつでも守ってくれる
大天使ミカエルの奇跡 瞑想CDブック」
ドリーン・バーチュー
大天使ミカエルに恐れを取り除いてもらい
プロテクションをしてもらう
(CD)
1 エネルギー浄化の瞑想
2 人間関係の恐れを断ち切る瞑想
3 依存や中毒、良くない習慣を手放す瞑想
4 サイキック・アタックを癒す瞑想
5 人生の目的へと導く瞑想



「エンジェル・メディスン・ヒーリング
アトランティスの天使が伝える古代の叡智」
ドリーン・バーチュー

深い浄化を促す瞑想へい…

パニック障害を癒す5【アンジェリックエッセンス】

いつもそばで見守ってくれている、天界の存在を信じますか?

目に見える世界からは到底かなわない、天界、宇宙のパワフルなエネルギーが詰まった、そんな素敵な天使の贈り物のエッセンスを紹介します。


アラスカンエッセンスの「Calling All Angels」との出会いから、自分の心身魂は、天使のエネルギーにとても癒され、安心することがわかり、2011年からアンジェリックエッセンスを飲むようになりました。
(参考記事:パニック障害を癒す4【フラワーエッセンス】)


今現在もずっと飲み続けている、大好きな、相棒のようなエッセンスです。

天使と精霊からの贈り物【アンジェリックエッセンス】”アンジェリックエッセンスは、天界の存在達からのガイダンスとサポートによってつくられた天使と精霊からの贈り物です。

このエネルギーによって、私たちはハートを癒し、意識を目覚めさせ、バイブレーションをシフトさせ、自己のソース(源)と繋がり可能性を高めることができるようになります。

私たちの惑星に存在する形ある全てのものよりも、高いバイブレーションであり、最も高次の源から贈られる純粋なエネルギーのエッセンスです。


肉体、マインド、感情、スピリットを癒すためにも、また目覚めさせるためにも使うことができます。

私達の不調のほとんどは、もともとメンタル体、感情体、スピリチュアル体で起こっています。

アンジェリックエッセンスはこのようなレベルに働きかけて、不調の根本原因に対して、最も深いレベルでの癒しをうながします。


アンジェリックエッセンスは、天使達のサポートのおかげで、とても優しくパワフルに人個人が必要としているニーズにきちんと対応してくれます。”
(以上、ネイチャーワールドHPより抜粋)


アンジェリックエッセンスを創られた、ルース・ジョイ氏のインタビュー記事→こちら


以前に書いたアンジェリックエッセンスの記事
(参考記事:Angelic Essences*天使の癒しAngelic Essences*天使との繋がり

怖れからの解放【Freedom From Fear(フリーダム フロム フィア)】 アンジェリックエッセンスには、沢山の種類のエッセンスがあるのですが、その中でも、「Freedom From Fear(フリーダム フロム フィア)」のエッセンスは、パニック症状や、不安感のある人には、とても良いと思いま…

パニック障害を癒す4【フラワーエッセンス】

パニック症状や疲れた心を、お花や植物、鉱物など自然界のエネルギーで、優しく癒しをサポートしてくれるのが、フラワーエッセンスです。

海外にはたくさんのメーカーがありますが、私がサポートしてもらったエッセンスを紹介したいと思います。

フラワーエッセンスのことについては、前回の記事でも書いていますので、そちらも参考にどうぞ→パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】


2008年、バッチフラワーのレスキューレメディとの出会いから、自分の心身魂と向き合い、癒していく、私の癒しの旅が始まりました。


10年近く、様々なエッセンスを飲み続けてこられたのは、フラワーエッセンスの癒しの力や、気づき、浄化、変容など、自分自身を成長させ、その結果周りの環境までも変えていく、自然界の繊細で優しく、力強いサポートのおかげだと思います。


そんな沢山の魅力が詰まった、フラワーエッセンスたちを紹介したいと思います。

フィンドホーンの大地からの贈り物~フィンドホーンフラワーエッセンス~ 私がバッチフラワーレメディの次に出会って、飲むようになったのが、「フィンドホーンフラワーエッセンス」です。


バッチフラワーレメディを1年半くらいの間、色々なレメディを飲んでいき、他のフラワーエッセンスにも興味を持ちました。

フィンドホーンという土地や、エッセンスボトルから感じるエネルギーに惹かれて、飲んでみたいと思いました。


フィンドホーンフラワーエッセンスは、フィンドホーン共同体という、英国スコットランド北の果てにある共同体で、作られているフラワーエッセンスです。


「愛と癒し」のエネルギーで、とても繊細で優しい波動の中に、力強く大胆なエネルギーを持っています。


2009年に私が初めて、フィンドホーンフラワーエッセンスを飲んだ時に感じた印象は、お花畑のような、妖精、天使の存在を感じる、柔らかで優しく、深い部分を癒してくれるようなエネルギーでした。

とても自分に合っていて癒されたので、ほとんどのコンビネーションボトルを飲むくらいお気に入りでした。


フィンドホーンに興味がある方や、妖精や天使が好きだったり、繊細で優しいエネルギーに癒されたい方には合うと思います。
「フィンドホーン ハートサポート」 深い苦悩、トラウマで傷ついたハートを癒します。

グラスオブパーナッサス、ゴース、ホーリーソーン、ローズウォーターリリー、ロ…

パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】

1本のフラワーエッセンスとの出会いが、その後の私の人生を大きく変えていき、サポートしてくれるきっかけとなりました。

そんな自然界からの贈り物の、フラワーエッセンスのことを紹介したいと思います。

パニック症状などになった時には、病院で処方されたお薬を飲まれる方も多いかと思います。

私も白血病闘病時や退院後は、そういった症状が強く、お薬を飲むことが多かったです。

ですが、ずっと飲んでいると、副作用が気になったり、実際、私は副作用があったので、できれば、副作用がない、もっと自然療法のもので、パニック症状を癒せないかなと思っていました。


2003年に白血病で入院し、2004年に無事に退院。

2年間の維持療法も終え、その後スピリチュアルやヒーリングに出会い、アロマやパワーストーン、オーラソーマなど、いろいろと興味を持ったものを試していきました。

その中で時々見かける、「フラワーエッセンス」というものに、興味を持ち始めるようになりました。

フラワーエッセンスとは フラワーエッセンスとは、花や植物など自然界のエネルギーを水に転写したものです。

私たちの感情を癒していくことで、心と身体の調和をサポートしてくれる花療法です。


使い方は、通常1回に2~3滴を、直接口の中に落としたり、コップの水や飲み物に入れて摂っていきます。


その他にも、お風呂の中に入れたり、直接身体、手首などに塗ったり。

マッサージする時に数滴使ったり、スプレーボトルに入れたり、お守りのように持ち歩いて、エネルギーを受け取ったりと、色々な使い方ができます。

パニック症状をサポートしてくれる~レスキューレメディ~ 私がフラワーエッセンスに出会ったのは、今から9年前の2008年になります。

その時のことを書いた記事がこちら→フラワーエッセンスとの出会い


初めて飲んだフラワーエッセンスが、1930年代にイギリスのエドワード・バッチ博士によって開発された、バッチフラワーレメディのレスキューレメディでした。

38種類のレメディと、緊急用に5種類のレメディがブレンドされた、レスキューレメディがあります。

レスキューレメディの中には、インパチエンスクレチマスチェリープラムスターオブベツレヘムロックローズの5種類お花のレメディが調合されています。


インパチエンス 
気持ちが落ちかずイライラしている時に
穏やかな気持ちにさせてくれる

パニック障害を癒す2【ヨガ】

パニック障害や自律神経失調症など、心身のバランスが崩れてしまっている時に、ヨガはとてもお勧めです。

私がやっているおうちヨガを紹介したいと思います。

心身のバランスを取り戻してくれるおうちヨガ ヨガはサンスクリット語で「繋がり」を意味するもの。

心、身体、魂が繋がり、自然、宇宙と調和していくこと。

呼吸、ポーズ、瞑想を通して、心身をリラックスさせて、バランスを整えていきます。

心と身体は繋がっています。

心が緊張している時は、身体も固くなっているので、ヨガで呼吸をしながら、ゆっくりと身体を緩めていくと、心もリラックスして落ち着いていきます。


私がヨガを始めたきっかけは、今から14年前に白血病を患ったことです。

退院後に体力を戻すために、「何かおうちでできる運動はないかな?」と思い、おうちヨガなら、病み上がりでもできそうだと思い、始めてみました。


初めてヨガをやった時に、心身共にとてもスッキリして、気持ちよくて、「これなら毎日でも続けられそう!」と思って、それからずっと続いています😊


白血病の退院後は、精神的にも不安定だったので、自律神経を整える意味でも、とても良かったと思います。


最初の頃は、DVD付のヨガの本をいろいろとやっていました。

その中でも、ハタヨガなど、ゆったり系のヨガが好きで、心身共にリラックスできるのが
私には合っているなと思いました。


よくやっていたのは、千葉麗子さんやSHIHOさんの本で、今でも時々やっています。
流れるような動きの中で、いろんなポーズを取っていくのが好きです。


ヨガを始めてから、心も身体もしなやかに、姿勢も良くなって、バランスが取れてきたように思います。

呼吸法やマントラを唱えるのも、心身を落ちつかせてくれるので好きです。


パニック症状や自律神経の不調の方には、気軽にマイペースにできる、おうちヨガはお勧めです。




不安、心配、緊張の時に気持ちを落ち着かせる10分ヨガ そして、最近毎日のようにやっているのは、前回の記事 パニック障害を癒す1【呼吸法】の中でも紹介させていただいた、Wellness To Go のArisaさんのヨガです。
YouTubeやアプリで部位別や症状別に、たくさんヨガを紹介されているので、その時の自分の心身の状態に合わせてやっています💗

自律神経に良いものや、腰痛、肩こり、朝ヨガにお勧めの太陽礼拝など、…

パニック障害を癒す1【呼吸法】

パニック症状や過呼吸、予期不安。

ドキドキして心拍数が速くなって、息苦しさや、動悸、めまい、手足のしびれが出てくると、すごく怖くなってしまいますよね。

そんな時に私がやっている呼吸法を紹介したいと思います。

焦らずゆっくり息を吐く 過呼吸やパニック症状になっている時、息苦しさから「息を吸わないと!」と焦って息を吸いがちになります。

ドクターからは、「息を吸い過ぎて、酸素が過多になっているから、息をゆっくり吐いていくこと」と言われました。

緊張状態にある時は、交感神経が優位になって、息が浅くなっているので、パニックアタックの時は、焦らずゆっくり息を吐くことをまず心がけています。

しっかり吐き切ると、身体は自然に息を吸ってくれます。

波や雲や川の流れ、自然界のリズムに調和していくように、ゆったりした呼吸を意識してみるといいと思います。


自律神経は心臓など身体の機能を、自動的に調整してくれている機能です。

その中で自ら意識して、ゆっくりと整えることができるのが呼吸です。

呼吸を整えていくことで、交感神経、副交感神経のバランスを調整していくことができます。


呼吸法の時に光をイメージするのもいいと思います。

宇宙から光が舞い降りてくるイメージをして、その光を吸って、いらなくなったもの、不安、恐れ、心配などを全部吐き出していく。


英語のInspiration(直感、霊感)の語源は、「息をする、呼吸をする」というところから来ていて、呼吸は天界とも繋がる大事なツール。


私は天使を呼んで、光で守ってもらうようお願いして、プロテクションもしています。

光に包まれて、安心感の中にいられるように。

自律神経を整えるヨガの【片鼻呼吸法】私はちょうど14年ほど前に、白血病で入院していました。

その退院後から体力を戻すために始めた、おうちヨガで鼻呼吸片鼻呼吸法を知って、とても心身の調子が良くなりました。

やり方は、右手でピースサインを作ります。

人差し指と中指を眉間に置いて、親指で右鼻をおさえて、薬指で左鼻をおさえます。

片鼻ずつゆっくり、
吐いて、吸って、止めて

を繰り返していくというもので、私は大体ひとつひとつを4秒ずつくらい、カウントしながらやっています。


まず左鼻を開けて
左鼻から吐いて
左鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

次に右鼻を開けて
右鼻から吐いて
右鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

ま…

パニック障害のこと

またここに戻って来れました。

ずっとblogから遠ざかっていて、特に何かを書きたいという気持ちには、ならなかったのですが、また書きたいと思えるようになりました。

久しぶりにblogを書こうと思ったのは、最近の自分自身の症状や、いろんな所で目にしたり、聞いたりする、現代社会に蔓延している、心の病やパニック障害などのことが、とても気になってきたからです。

心の整理と自己セラピーも兼ねて、書いていきたいと思います。


私は元々、心も身体も敏感体質で、人間関係や環境、天候、食事など、様々な面で、影響を受けやすく、揺れ動きやすいタイプです。

インディゴ、エンパス、HSP、ADD(ADHD)等、当てはまる面が多くて、普通の人の感覚より、過敏な面があります。

そんな私が、初めてパニックのような、過呼吸の症状に襲われたのは、今から20年近く前のことです。


当時飼っていた愛犬が亡くなった時に、夜、寝ようと布団に入っていると、突然、息が苦しくなって、頭がボーッとして、意識が遠のいていくような発作に襲われました。

初めての体験で、死んでしまうんじゃないか?と思うくらい、とても怖かったのを覚えています。


当時、イヤホンの影響とストレスから、耳の痛みとめまいや吐き気がする、メニエール病を患って、内科に通っていたので、そこで症状を先生に話して、お薬をもらい、その時は、しばらくすると良くなりました。

それから数年後に、急性前骨髄球性白血病を発症し、無菌室で闘病生活をしている時にも
また、パニック症状が出てきました。


入院中は、死と抗がん剤への恐怖心が強く、すごく不安定で、夜も全く眠れず、睡眠剤や安定剤をもらっていました。

そんな心境の中での無菌室の閉塞感、一人きりの孤独感が一番辛かったです。

それからは、退院してからも、その闘病生活の体験が、私にとっては、心身共にとても過酷で、PTSDのようなトラウマとなりました。


一人きりの時に不安感に襲われたり、電車やバスなどの交通機関や、エレベーターや人混みなどが苦手になり、ドキドキ緊張したりするようになりました。


病気や死に対する恐怖心と、入院中のトラウマなどで、日々生きるのが辛く、真っ暗なトンネルの中にいるような、苦しい時期がありました。


そこからどうやったら抜け出せるのか、色々と自分を救えるものを探し求めている時に、天使やスピリチュアル、ヒーリング…