白血病を完治 ☆ 癒しの旅の記録

Healing Journey with Angels

~暗闇の中に光の花束を~

愛への帰還 ~A Return to Love~



"愛に帰ることは人生という冒険の終わりではなく、始まりです。
それは、本来のあなたへと帰って行くことです"
『愛への帰還 (A Return to Love) 』より


とても素晴らしい本に出会えました。
自分に必要な”エッセンス”が詰まっていて
心に響く言葉の数々に癒され救われました。


作者のマリアン・ウイリアムソンさんが
有名な『A Course in Miracles』(奇跡の学習コース)に基づいた
スピリチュアルな精神治療をわかりやすく教えてくれています。


愛への帰還ー光への道『奇跡の学習コース』
マリアン・ウイリアムソン(著)
大内 博(訳)




私たちが最も深く恐れているのは、私たちが不十分な存在であるということではない。
私たちが最も深く恐れているのは、私たちが計り知れないほどに力に満ちた存在であるということである。
私たちを最も怯えさせるのは私たちの闇ではなく、光である。
私たちは自問します。「私たちが素晴らしく、ゴージャスで、才能があって、信じがたい存在だなんてことはあり得ない」。
実際には、私たちはどんな存在にでもなれます。
私たちは神の子なのです。
自分を過少に評価して、その役割を演じるのは世のためになりません。
他の人たちがあなたのまわりで圧倒されないように気遣って、自分を小さくすることには、啓蒙的な要素は何もありません。
私たちは誰でも、子供たちがそうであるのと同様に、光り輝くことになっている存在です。
私たちは自分の中にある神の栄光を顕在化するために、この世の中に生まれて来ました。
それは一部の人にだけあるのではなく、すべての人にあります。
私たちが自分自身の光を輝かせる時、他の人たちにも同じことをする許可を与えます。
私たちが自分自身の恐怖感から解放されると、私たちの存在そのものが他の人たちを自動的に解放します”


訳者のあとがきにも説明されていますが、
この言葉はネルソン・マンデラ大統領の演説として広まっていったのですが、
元々は『A Return to Love』からの引用で
太字の部分は『奇跡の学習コース』からの引用だそうです。


最初彼女は、マンデラ大統領の演説というのを
訂正してもらっていたけれど、
もっと深い何かが動いていると感じて訂正することをやめたそうです。
誰がこの言葉を述べたかよりも
素晴らしい真実をできるだけ多くの人に知ってもらいたいと。


「非常に深遠な真実が語られ、それが多くの人々の波長に合った時、
それはユニヴァース(宇宙)のものとなる。
英語のuniverseを分析すれば〈「一」に属する言葉〉である。
一つとは、onenessであり、すなわち私たちすべてを指す。
したがって、その言葉は私たち皆の財産である」

病へのお手紙

この本の中の「肉体」の章の中で
健康と癒しのことが書かれていて
とても興味深かったです。


病気は分離が原因であり、癒しは人とつながることによって起こると。
人びとはガンや病を憎むけれど、
自分自身についての何かを憎むというのは、
病気の人が絶対に必要としていないこと。
癒しは病気と私たちの関係についての認識を転換することによって生まれる。
病からのメッセージは「私を憎んで!」ではなく、
「私を愛して!」だと。


病気に関して、どう対応するか二つの選択肢があると書かれていました。
病気を攻撃すれば、ますます病気は大声で怒鳴り始め、
癒しは私たちがかかっている病気と対話して、
病気が何を伝えたいのか理解しようとすることから生まれると。
暗闇から光へと変貌させるのには、愛が必要であること。


その方法の一つに
自分の病にお手紙を書くことで癒すというものがあって
ガンやエイズの方が自分の病にお手紙を書き、
その病からのお手紙も自分で書くというものが紹介されていて
とてもいいなと思ったので、私もやってみました。


このワークは少し前にやったのですが、
初めてやった時、書きながら胸がいっぱいになって
号泣してしまいました。
私の心身魂は、自分を愛して欲しかったのだと。
その時にパニック障害や白血病へお手紙を書いてみたので
ちょっと恥ずかしいですが、ここにシェアしてみたいと思います。


~親愛なるパニック障害さんへ~

いつもありがとう。私を癒しの世界へと導いてくれて。
でも本当に君のことが怖いの。
ずーっと怖くてしかたなかった。
でも今日 A Return to Love 愛へと帰還して生きていくと決めました。
パニックも病も恐れやストレスを食べて生きているのなら、
愛でいっぱいにしてあげたい。
私は自分の心、身体、魂に
恐れでいっぱいにしてしまってごめんねと謝ります。
今までずっとあなたを恐れで苦しめてしまって
本当にごめんなさい。
これからは、愛と共に生きていきます。

・・・・・・・・・・・・・・
~親愛なる白血病さんへ~

私の魂を救ってくれてありがとう。
白血病になる前、
私は自分の心にも身体にも厳しく
誰かや世間体のために
自分の心も身体も犠牲にして、生きてきました。
言いたいことも言えず、
本当にやりたいこともやらず、
親や世間から見て、良い子であることを優先して
生きてきました。

心と身体が悲鳴をあげていたんだね。
一時は本当に命の危険があったけれど
それは、私自身が自分の心を殺していたんだなと。
だから白血病という命にかかわる病で
死にそうにまでなってしまったのだと
今ならわかります。

血液のガンという、全身に関わる病。
あなたのおかげで、私は自分を大切にすることを学び
そして、自分を愛することの大切さに気づくことができました。
再発もせずに、無事に完治できたことに感謝します。
そして、パニック障害も乗り越えて
愛と共に生きていけますよう、見守っていてください。

真っ暗な闇の世界から、光の世界へと導いてくれた
白血病、パニック障害さんに感謝します。

ありがとう。愛を込めて。
Riri*

・・・・・・・・・・・・・・
~親愛なるRiri*さんへ~

私はあなたの味方です。
あなたを愛しています。
あなたに気づいて欲しくて
何度もサインを送ってきました。

それをあなたは聞こうとせず、無視して
自分で自分を苦しめる道を選んでしまっていたのですね。
もう少し早く、私たちの声に耳を傾けていれば
大病にはならなかったと思います。

それくらいあなたは強く
なんでも自分の思い通りにしようとしていたのかもしれません。

病気になったことは、とても辛く苦しかったと思います。
その時でも、いつでも私たちは
あなたを救おうと、全力で声をあげて
メッセージを送っていました。

合わないことを止めるように。
もうそこへは行かなくてもいいのだということを。

そして、それらのメッセージを
あなたが信じてくれたおかげで
今こうして元気になれたのです。

私たちは、あなたの敵ではありません。
あなたが本来のあなたらしく生きられるように
優しく、時に厳しく、サポートしている
あなたのチームです。

どうか私たちを恐れないでください。
あなたがご自分の心と身体を愛せますように。

愛するあなたへ。
白血病&パニック障害より

・・・・・・・・

病気を生み出したのは自分自身で
敵ではないのだと。
病との闘いを止めて、調和へと進むこと。
すべては自分の中の恐れだったのだと。
病を生み出した自分自身と仲良く
握手できたような気がして
とても心が晴れていきました。

病気を悪い、憎むものとして考えるよりも、
自分を愛する道へと導いてくれるものとして
真摯に向き合っていく方が
状態も良くなるのかなと感じました。

もし多くの人が、自分の中の闇、病と
調和することができたなら
もっと世界は優しく、
健やかになっていくんじゃないかな。

是非いろんな人に病へのお手紙を書いてもらって
それを読んでみたいなと思いました。

きっと病気になった原因は
自分自身が一番知っていて
それを癒せる方法も
自分が一番わかっているんじゃないかなと思います。




白血病、パニック障害という病が導いてくれて
たどり着いた世界は
"A Return to Love" だった

おかえりなさい
ずっと無視していてごめんなさい
もう君を一人にはさせないから
私はあなたを愛しています

”私たちを最も怯えさせるのは私たちの闇ではなく、光である”


天使の愛に包まれて
自分のすべてを愛し生きていけますように

暗闇の中に光の花束を


Read More

恐れの幻想から目覚めて、今この瞬間を生きる



過去や未来に意識がいって
恐れにとらわれてしまっている時に
パワフルなワークに出会ったので
忘れないようにここに書いておきたいと思います。

恐れの幻想から目覚める「ワーク」

いろいろなサイトをめぐっていた時に
以前にも目にしたことがあった
バイロン・ケイティさんの
人生を変える4つの質問のワークのサイトにたどり着きました。


以前に出会った時にも、
少しワークをやったことがあったのですが
すっかり忘れてしまっていたので、
今回、このワーク(上記サイトにPDFファイルのワークがあります)を
やってみるとやはりパワフルで
次々と自分の思い込みや
恐れの幻想にとらわれていたことに
気づかされました。


1986年、バイロン・ケイティさんが
10年にも及ぶ、重度のうつ状態、人生のどん詰まりの中で
ある日突然目覚め、たった4つの質問とひっくり返しからなる
シンプルな「ワーク」が人生を根底から変えていくというものです。


人間の苦しみを終わらせるために作られた
非常にパワフルなワークです。


4つの質問

自分がストレスを感じたり、苦しくなる時に
その思いを書き出していき、そして
自分自身に4つの質問をしていきます。


1)それは本当ですか?
2)それが本当だと、絶対に言いきることができますか?
3)そう考える時、あなたはどのように反応しますか?
4)その考えがなければ、あなたはどうなりますか?


ひっくり返す

4つの質問で自分が書いた文章を
3パターンくらい、主語を私にしたりひっくり返していきます。

例「彼は私に愛情がない」はひっくり返すと

  • 彼は私に愛情がある
  • 私は彼に愛情がない
  • 私は私に愛情がない


自分が他者に対して思い込んでいたものは
自分自身に対するものだったんだと気づくことができます。
投影の世界だったことがよくわかります。


私の場合、何か思考で苦しくなった時に
「それは真実か?」と自分自身に問うと
すぐにそれが思い込みだったことに気づいて
日常生活の中で、自分がいかに思い込みのパターンに
ハマっていたのかがよくわかりました。


苦しみの原因は
「~でなければならない」という
古い価値観に縛られていたからなんだと。


「こうでなければならない」
「それができない私はダメだ」
と、世間一般の価値観を自分に当てはめて
自分を批判したり、誰かのせいにしたりして
「ねばならない」という思考が
自分の心身を縛り、苦痛を生み出していたんだなと。


YouTubeに実際にケイティさんが
クライアントさんにワークをしているものがあって
とても良かったです。
これは映画になっているみたいです。


この動画のクライアントの女性は
自身の母親との関係で苦しんでいて
ワークをしていくことで、
どんどん思い込みの幻想が剥がれていくのがわかり
私も母親との問題を抱えていたので、
とても参考になりました。


「バイロン・ケイティのワーク(ターンアラウンド1)」

動画で見るととても分かりやすく
改めて、素晴らしい気づきが得られる
ワークだなと思いました。


書籍もあります。
 

長年持ち続けてきた思考パターンを手放していくのは
難しく感じてしまうけれど、
こういったワークで気づいていき
古い思考パターンを手放していきたいなと思いました。

今この瞬間を生きる

ケイティの「ワーク」で自分の思考パターンに気づいて
「ねばならない」という思考で行動することを止めて、
本当に心からやりたいと思うことだけをやろうと思いました。


私は何をしたいのだろうと自分の内側に聞いてみると
「ただ何もせず、のんびりしたい」という
気持ちが湧いてきました。


とてもお天気の良い日だったので
のんびり窓から入る太陽の光を浴びながら
外の景色を眺めたり、横になったりしていると
自分の内側からとても温かい平和に満ちた感情が湧いてきました。


気持ちいい太陽の光
どこまでも続く青空
心地よく吹く風
ポカポカ温かい心地よい空間
のどかで、適度な静けさ


私がずっと探していた、愛に満ちた平和な世界は
「今この瞬間」にあるのだと気づきました。


ずっと不安感から、過去や未来に気持ちがいって
外に何かを探し求めていたけれど
私が私でいること
自分から逃げずにしっかりと自分の中にいて
一緒にいてあげることで
愛に満たされた平和な空間は創られるのだと実感しました。


特別なことは何もなくても
なぜかとても幸せで安心感で満たされた気持ちになり
「今この瞬間」にいることが
幸せな世界の中にいられることを教えてくれました。


今この瞬間にいることが大切と
よくスピリチュアルな世界では言われていて
頭ではわかっていたけれど
なかなか体感として分からなかったので
初めて、本当にそうなんだと実感することができて感動しました。


VastStillnessさんのサイトで
エックハルト・トールさんとオプラ・ウィンフリーさんの動画の翻訳があり、
「今」にいることをわかりやすく解説してくれていて良かったです。


(一部引用)
なぜなら、それがすべてであり、「今」しかないからなのです。人々がここに気づくことは素晴らしいことなのです!「人生には今しかない、いつも今なんだ!」この気づきは、すごいことなのです!
でも実際は、ほとんどの人が、目的地、ゴールを重要視して人生を生きています。そうですね。目的とそのための手段の方が「今」よりもっと重要視されているのです。目的のための手段と目的は同じようなものです。つまり、あなたがどんな未来を体験するかは、あなた自身が決めているということです。それは、あなたがこの瞬間と完全にひとつになろうと決めることで決まっていくのです。
by エックハルト・トール&オプラ・ウィンフリー

生きていると、どうしても
周りのいろんなことに振り回されてしまったり、
自分の内側にある恐れや、古い思考パターンに
飲み込まれてしまうこともあるけれど、
この幸せな瞬間を忘れないように
そしてどんなことが起こっても
また平和な世界に戻ってこれるようにいたいなと思います。




天使の愛に包まれて
恐れの幻想から目覚めて
今この瞬間を生きていけますように

愛と平和に満ちた人生を創造していけますように


暗闇の中に光の花束を


Read More

EFTからインナーチャイルド~前世療法への旅



最近、トラウマなどが浮上してきて
不安感に襲われたり、パニック症状など
心身が不調になりがちなので、
いろいろと自分でできるヒーリングを試しています。
昨日から今日にかけて、また新しい気づきやヒーリングワークができたので
自分の記録と心の整理のために書いておこうと思います。

EFTのタッピングで感情の解放

不安感が出てきたり、予期不安のような
パニック症状が出そうだなと思った時に
以前からよく見かけて、なんとなくは知っていた
EFT(Emotional Freedom Technique)を試してみようと思いました。


EFTは心理学者ロジャー・キャラハンによって創られた
体をタッピングしながらトラウマなどの
感情を解放していくというメソッドです。


とにかく症状がきつくて、なんとかしたくて
ネットでたまたま見つけたサイトのいくつかを参考にして
EFTのセットアップフレーズを作って、やっていきました。

詳しくはこちらのサイトなんかを参考にしました。

(出来事・思い)で(感情)があるけれども、私は大丈夫です
(出来事・思い)で(感情)があるけれども、私は私を愛し受け入れます

というフレーズにその時の自分の思いや感情を入れて
それぞれのタッピングポイントをタッピングしながら
作ったフレーズを唱えていくというものです。

私は(パニック症状)と(恐怖)の感情を当てはめて、唱えてみました。

最初は半信半疑だったのですが、
最初10あったスコアがやっていくごとに少しずつ減っていき
5くらいまで下がり、楽になるのを実感しました。
0になるまでやると良いみたいです。


すごくいいなと思って、他のいろいろなサイトを見ていて
以前に溝口あゆかさんのblog記事で紹介されていて、少し見たことがあった
マトリックス・リインプリンティング
創始者カールドーソンさんのインタビューを思い出して
もう一度ちゃんと見てみようと探して見てみました。
マトリックス・リインプリンティングは
EFT(感情解放テクニック)から発展したものです。

YouTubeのインタビュー動画はこちらです。
「マトリックス・リインプリンティングインタビュー・Karl Dawson」


以下カールドーソンさんのインタビューより一部引用
**********
EFTでは、トラウマのできごとにアクセスします。
”経絡(けいらく)”というのがありますね。
中医学や日本でも指圧などで使っています。
経絡は情報(思いや感情)を運ぶんです。
ある状況でどう反応するか、情報が身体に指示します。
なので、後で似たような状況になると、同じ反応を起こします。
PTSDでは同じイメージが、日々影響をあたえています。
ではどうするか?トラウマになった出来事にアクセスし、その場面をまた訪れます。
トークセラピーですと、話して再体験しますが、それは意識レベルなので、トラウマを崩すまではいきません。
EFTやマトリックス・リインプリンティングは、できごとを再体験しながら、経絡のツボを軽くたたいて、情報(感情や思い)をクリアするんです。
リセットボタンのように。
後でまたそのことを考えても、同じ身体反応(感情、思い)は出ません。
だからトラウマを解放するのに、とても早く効果的な方法です。
**********
このインタビューを見て、経絡と感情の繋がりというところにピンときて
心と身体は繋がっているので、両方の面から一緒にアプローチすることで
深いトラウマレベルのヒーリングができるんだと思いました。


EFTでタッピングしながら、出てくるいろんな感情を
その都度タッピングしていくと、
最初は漠然とした、パニックや一人になる恐怖心というものだったのが
だんだんと、ありのままの自分、弱い自分を出して
周りの人たち、愛する人たちに拒絶されることへの恐怖心があることに気づきました。


それは幼少期の頃に体験したもので
生まれてすぐに母親は体調を崩して入院していたために
私は祖父母の家に預けられたり
妹が生まれる2歳の時にも預けられて
ずっと母親と会えない状態を経験したトラウマが記憶の片隅にあります。


以前にリズ・ブルボーさんの本
「五つの傷ー心の痛みをとりのぞき本当の自分になるために」で読んだ
拒絶による傷(0~1歳にかけて同性の親から受けた)と
見捨てによる傷(0~3歳いかけて異性の親から受けた)が強いと改めて思いました。
  1. 拒絶による傷ー逃避する仮面
  2. 見捨てによる傷ー依存する仮面
  3. 侮辱による傷ーマゾヒストの仮面
  4. 裏切りによる傷ー操作する人の仮面
  5. 不正による傷ー頑固な人の仮面


インナーチャイルドの癒し

そして、インナーチャイルドの癒しが必要だと思い
EFTでインナーチャイルドに語りかけながらやっていると
自分自身が自分の弱さを見捨て、拒絶して、
自分やインナーチャイルドを切り離していることに気づきました。
それが鏡となって、周りの世界に投影されて
孤独感を感じたり、不安感を強く持っているのだなと。


その感情を解放してあげようと
どこをタッピングしたらいいのかインナーチャイルドや天使に聞いてみると
「みぞおち」と言われたので、みぞおちを優しくトントンしたり
撫でてあげながら、続けていると、足先から振動してきて
そして自然と涙が出てきました。


お母さんが赤ちゃんを寝かしつける時に
優しくトントンするような
そんな記憶が蘇ってきました。
きっとインナーチャイルドはそんな風に
優しくなぐさめて欲しかったんだなと。


みぞおちの当たりやおへその辺りは
いつもインナーチャイルドを感じるので
お腹側はインナーチャイルドで、
背中側は大人の感情かなと思いました。


その流れで、たまたまYouTubeで見つけた
「インナーチャイルドに会う瞑想」をやっていると
幼いころの自分に出会えて、抱きあえて、
ずっと離ればなれだったのが
ひとつになれたような安堵感で
また涙が出てきました。



自分自身、インナーチャイルドとの分離感が
周りや世界との分離を生み出してしまっているのだなと気づきました。

前世療法への旅

そして、しばらくボーっとしていて
そこで終わっても良かったのですが
iPodを聞いていたら
たまたま「ワイス博士の前世療法」が流れてきたので、
それもやってみようとそのまま前世の世界に入っていきました。


以前にもやったりしていたのですが、
最近はドリーン・バーチューさんの
「パストライフ・リグレッション~過去生回帰~」
の方をよく使っていたので、
久しぶりにワイス博士の前世療法をやってみようと思いました。


瞑想で、階段を降りていく段階で、
ものすごく胸の当たりが苦しくなって、
最近よく感じていた強烈な不安感が出てきて
進むか止めるか迷ったのですが
さっきやっていたEFTを同時にやりながら進んでいきました。


そして今日見えた前世は
暗い場所で、誰かに殺されそうになっている場面でした。
そしてその相手は、多分今の母親の過去生の魂だと思いました。
とても怖く、心拍数が上がっていく感じで
EFTでポイントをタッピングしたり
みぞおちをトントンして、
少し離れたりしながら、音声を聞いていました。


以前にも日本の古い着物の時代に
今の母親の魂と親子で、赤ちゃんの時にその母に捨てられている前世を
見たことがあったのですが、
今日のは強烈で、でも今感じている恐怖の感情の原因の
ひとつかなと思い納得できました。


そして私はきっと自分自身を殺そうとした
過去生の体験があるのではないかなと思いました。
辛く苦しい状況になると、誰かにどうのというよりも
自分自身が魂の故郷に帰りたいという気持ちになるので
きっとそういったカルマで、
課題をクリアにするために
母と私は今世、親子となったのかなと。


今までずっと小さい頃から感じていた
家にいても心から安心できない、
心の底に不安が常にある感じの理由がわかりました。
それがすべてではないと思いますが
なんとなくあった、心の奥底の疑問の理由が見えた気がしました。


そのあとにあまりにもショックと苦しさがあるので
「ワイス博士のストレス・ヒーリング」もかけてヒーリングしました。
昨日紹介したエンジェル瞑想もやって
自分を労わり、愛を注ぎ、ケアしてあげたいと思います。


パニック、予期不安を解消するために何げなくやってみた
EFTが、インナーチャイルドの癒しへ導かれ
そして前世療法の旅へと繋がっていき
自分でもびっくりしました。


でもすべて繋がっていて、
今ある不安や恐怖感の原因のひとつに
辿り着けたかなと思いました。


ちょっと重くなってしまいましたが、
きっと私だけではなく、
今この時期に魂レベルの浄化が
起こっている人も多いのかなと思い
書いてみました。
何かの参考になれば嬉しいです。




天使の愛に包まれて
魂から癒され、穏やかな愛に溢れる人生を歩んでいけますように


暗闇の中に光の花束を


Read More

心身魂を癒すエンジェル瞑想~天使のやすらぎ~



心身が疲れてしまったり
病んでしまっている時
過去や未来のことに意識がいって不安を感じる時など
心、身体、魂レベルで癒される
優しくて、パワフルなエンジェル瞑想を紹介したいと思います。

天使が導く誘導瞑想

瞑想というと難しそうだなと感じる方も多いと思いますが
私がいつもやっているのは
CDなど音声を聞きながら、瞑想していくというものです。


私は感情や思考がすごく揺れ動きやすいタイプで
インディゴ、エンパス、HSP、ADD(ADHD)などが当てはまる
繊細で、過敏な体質です。


落ち着いている時は
何もなくても、静かに瞑想しやすいのですが
過敏な症状が出ている時は
不安感に襲われたり、落ち着かなくて
なかなか静かに瞑想を続けられません。


なので、私はよく音声の誘導瞑想を使っていて
聞いているだけでも、リラックスして落ち着いてきて
瞑想もとてもスムーズに入っていきやすいです。


特にドリーン・バーチューさんの瞑想は
天使のエネルギーをすごく感じて
かけているだけで、部屋がクリアリングされて
気持ちいいエネルギーになったり、
不思議と眠気がきて、気づいたら眠っていたり
とても落ち着けるので
毎晩寝る時にかけて寝ています。


寝ている間も潜在意識に影響があると思うので
目覚めた時にスッキリしていたり、
いい影響があるんじゃないかなと思います。


私がよく使っているものを紹介したいと思います。
本にCDが付属されているものと
CD単独のものがあります。

「チャクラ・クリアリングー天使の安らぎー」
ドリーン・バーチュー
チャクラを整えて、浄化・リラックスの瞑想

心配や恐れの感情から生まれる
負のエネルギーを払拭すれば、
あなたが持って生まれたスピリチュアル・パワーが
目を覚まします。
(CD)
1 明けの瞑想
2 宵の瞑想




「新訳 あなたをいつでも守ってくれる
大天使ミカエルの奇跡 瞑想CDブック」
ドリーン・バーチュー
大天使ミカエルに恐れを取り除いてもらい
プロテクションをしてもらう
(CD)
1 エネルギー浄化の瞑想
2 人間関係の恐れを断ち切る瞑想
3 依存や中毒、良くない習慣を手放す瞑想
4 サイキック・アタックを癒す瞑想
5 人生の目的へと導く瞑想



「エンジェル・メディスン・ヒーリング
アトランティスの天使が伝える古代の叡智」
ドリーン・バーチュー

深い浄化を促す瞑想へいざない、私たちが溜め込んだ
心の痛みを解放します。
大天使たちとともに行う癒しのワークを通して、
複雑で困難な人間関係、前世から携えているトラウマ、
困難で、不毛な制約や苦悩などが消え去るでしょう。
また、古代アトランティスで使われていたクリスタルの
ヒーリング・ベッドの放つエネルギーに包まれながら
チャクラが開かれ、健康的な食生活や適度な運動への欲求が高まるでしょう。

本とCDがそれぞれあります。
CDは長めで、深い瞑想ができて癒されます。



各テーマに沿ったヒーリング瞑想もあって
どれもお気に入りです。

  • 「エンジェル・ヒーリング~いつでもあなたは天使に守られている~」
  • 「ロマンスエンジェル~ソウルメイトを引き寄せる~」
  • 「エンジェル・マニフェステーション~天使とともに夢を叶える~」
  • 「カルマリリーシング~カルマの解放~」
  • 「パストライフ・リグレッション~過去生回帰~」




ドリーンさんの過去生回帰の瞑想は
天使がそばにいてくれて
一緒に進み、導いてくれるので
過去生を見るのが怖いなと思う方でも
リラックスして深い瞑想に入れるんじゃないかなと思います。
私はこのCDでいろんな過去生を見て、深い癒しが起こりました。

ワイス博士の前世療法

前世療法で有名なワイス博士の瞑想の本もお勧めです。
こちらも瞑想CDが付いていて
一人でもリラックスして、前世から続く
魂レベルの癒しへと導いてくれます。

「ワイス博士の前世療法(瞑想CDブック)」
ブライアン・L・ワイス


今現在抱える問題の原因にたどり着いたり
深い魂レベルのヒーリングが起こったりします。


最初はそういったものを見るのが怖く感じたりして
ブロックがかかって、
なかなか深い瞑想状態になれなかったりする時もあると思いますが
それもひとつの気づきになるので、
前世という言葉に何かしら反応がある方には
一度やってみても良いのではないかなと思います。


ワイス博士の本は前世や魂レベルのことを
わかりやすく解説してくれるので
そういったことに興味がある方にはお勧めです。


  • 「ワイス博士のストレス・ヒーリング-
  • やすらぎとパワーをあなたに(瞑想CDブック)」
  • 「魂の伴侶-ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅」
  • 「未来世療法」

 

天使のサポートとイメージング

もっと気楽にいつでもどこでも
天使のサポートを受け取りたい時は
天使を呼んでサポートをお願いしたり、
イメージで宇宙や地球と繋がって
グラウンディング、センタリングをしたりすることもできます。


私も最初は半信半疑だったのですが
天使にお願いしただけで(心の中でも大丈夫です)
大天使ミカエルのサイキックプロテクションで体が温かくなるのを感じたり
大天使ラファエルのヒーリングで
痛みが和らいだり、他人のエネルギーを取り除いてもらったり
いつも助けてもらっています。


以前、首に受けていた変なエネルギーを取りたくて
寝る時に、手を首に当てて天使にお願いしたまま眠っていたら
突然、勝手に手が勢いよく首から離れて
びっくりして目覚めたら
首の感覚がスッキリしていて驚いたことがあります。


信じる信じないは関係なく
見えないエネルギーの世界では
意図すること、イメージするだけで
ちゃんとそこにエネルギーが流れていくのだと知りました。
心身がしんどい時などいつでも
天使のサポートを受け取ることができるので
心強いですよね。


あと、私もそうですが
繊細で、敏感体質の人は揺れやすいので
グラウンディングが弱くなりがちなので
瞑想で宇宙、天界、地球と繋がっていることを
イメージして意識してみるのもいいと思います。
シータヒーリングの創造主と繋がる瞑想もとてもパワフルです。


宇宙や地球、天使たちとしっかり繋がっている感覚が
安心感をもたらしてくれます。
この世界に一人きりではない感覚
いつも見守られていることを
意識したり、感じることで、安心して生きていける。


不安や孤独感を感じやすい人たちが
少しでも楽に生きていけたらいいなと思います。



もう恐れに支配されて生きたくない
愛と共に生きたい。

確かに幼少期に親から無条件の愛を
しっかり与えてもらえなかったかもしれない。
先祖代々のカルマパターンの連鎖で
たくさん傷つき、トラウマを抱え
人生が困難で生きづらくなってしまった。

でも、そのおかげで私はこうして
神様や天使たちと共に生きていく世界を
見つけることができた。

いくつもの絶望の時に光を与えてくれた見えない世界

私が欲しかったのは
親や誰かの愛もあるけれど
きっと、もっとその向こう側にある
神や天使、宇宙の無限の愛
無条件の愛の世界だったんだと知れた。

だからもうすべてを許し天に委ねて
天と地と繋がって
神を信じ、自分を信じて
心を強く生きていけますように。


最近どん底まで落っこちてしまって
かなり苦しくて、今もまだ心身共に回復途中ですが
でもやっぱり救ってくれたのは神や天使たちの世界。
そしていつも温かく見守ってくれて
サポートしてくれる家族や周りの人たちにも感謝です。


天使の愛に包まれて
恐れを愛へと昇華できますように

暗闇の中に光の花束を


Read More

パニック障害を癒す5【アンジェリックエッセンス】



いつもそばで見守ってくれている
天界の存在を信じますか?
目に見える世界からは到底かなわない
天界、宇宙のパワフルなエネルギーが詰まった
そんな素敵な天使の贈り物のエッセンスを紹介します。


アラスカンエッセンスの
「Calling All Angels」との出会いから
自分の心身魂は
天使のエネルギーにとても癒され
安心することがわかり
2011年からアンジェリックエッセンスを飲むようになりました。
(参考記事:パニック障害を癒す4【フラワーエッセンス】)


今現在もずっと飲み続けている
大好きな、相棒のようなエッセンスです。

天使と精霊からの贈り物【アンジェリックエッセンス】

”アンジェリックエッセンスは
天界の存在達からのガイダンスとサポートによってつくられた
天使と精霊からの贈り物です。


このエネルギーによって
私たちはハートを癒し、意識を目覚めさせ、バイブレーションをシフトさせ、
自己のソース(源)と繋がり可能性を高めることができるようになります。
私たちの惑星に存在する形ある全てのものよりも、
高いバイブレーションであり
最も高次の源から贈られる純粋なエネルギーのエッセンスです。


肉体、マインド、感情、スピリットを癒すためにも、
また目覚めさせるためにも使うことができます。
私達の不調のほとんどは、もともとメンタル体、感情体、
スピリチュアル体で起こっています。
アンジェリックエッセンスはこのようなレベルに働きかけて
不調の根本原因に対して、最も深いレベルでの癒しをうながします。


アンジェリックエッセンスは、天使達のサポートのおかげで
とても優しくパワフルに個人個人が必要としているニーズに
きちんと対応してくれます。”
(以上、ネイチャーワールドHPより抜粋)


アンジェリックエッセンスを創られた
ルース・ジョイ氏のインタビュー記事→こちら 


以前に書いたアンジェリックエッセンスの記事
(参考記事:Angelic Essences*天使の癒しAngelic Essences*天使との繋がり

怖れからの解放【Freedom From Fear(フリーダム フロム フィア)】

アンジェリックエッセンスには
沢山の種類のエッセンスがあるのですが、
その中でも、「Freedom From Fear(フリーダム フロム フィア)」
エッセンスは、パニック症状や、不安感のある人には
とても良いと思います。


怖れ全般に対応するエッセンスなので、
きっと誰の中にも
怖れというものはあると思うので
その人に合ったサポートを
天使のエネルギーがしてくれると思います。


私も何度か飲んでいますが、
いつも症状を和らげてもらい、癒されています。
そして、何に対して自分は怖れていたのか、
その原因がわかり、解放することをサポートしてくれます。



怖れからの解放。怖れの原因を突き止めて、
それを解放することを助けてくれます。

トラウマ・不調を癒し、天使のサポートを受け取る

その他のアンジェリックで
私がパニック症状や不安感、
トラウマ、PTSD症状でしんどい時などに
飲むエッセンスを紹介します。


守られている安心感が必要な時
Archangel Michael(大天使ミカエル)
Archangel Raphael(大天使ラファエル)
Mother Moon/Mother Mary(マザームーン/マザーメアリー)


心の傷を癒すために
Healing the Heart of the Soul(ヒーリング ハート オブ ザ ソウル)
God's Love(ゴッド ラブ)
Self-Love(セルフ-ラブ)


緊急時など
Soul Support(ソウル サポート)
Angelic Emergency Formula(アンジェリック エマージェンシー フォーミュラ)
Spiritual Emergence Formula(スピリチュアル エマージェンス フォーミュラ)


幼少期からのトラウマを癒すために
Healing Emotional Trauma(ヒーリング エモーショナル トラウマ)
Healing the Mother(ヒーリング ザ マザー)
Healing the Father(ヒーリング ザ ファーザー)


不要なエネルギーを浄化したい時
DNA Clealing(DNAクリアリング)
Shamanic Extraction(シャーマニック エクストラクション)


神との繋がりを強くして、安心して変化していくために
Strengthening Connection to The Divine(ストレングスニング コネクション トゥ ザ ディバイン)
Befiting the Divine Transition(ビフィティング ザ ディバイン トランジション)


他にも沢山の天使や高次のサポートを受け取れるエッセンスがあります。
その働きは多次元で、いつもその人に合った最善のサポートを届けてくれます。
辛くて苦しい時に、一人で頑張ってしまうと疲れてしまうので
天界からこの世界に届けられている素敵なギフト
天使のサポートを受け取ってみてもいいのではないかなと思います。




天使の愛に包まれて
心穏やかに真実の自分を生きていけますように


暗闇の中に光の花束を


Read More

パニック障害を癒す4【フラワーエッセンス】



パニック症状や疲れた心を
お花や植物、鉱物など自然界のエネルギーで
優しく癒しをサポートしてくれるのが
フラワーエッセンスです。
海外にはたくさんのメーカーがありますが
私がサポートしてもらったエッセンスを紹介したいと思います。


フラワーエッセンスのことについては
前回の記事でも書いていますので
そちらも参考にどうぞ→パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】


2008年、バッチフラワーのレスキューレメディとの出会いから
自分の心身魂と向き合い、癒していく
私の癒しの旅が始まりました。


10年近く、様々なエッセンスを飲み続けてこられたのは
フラワーエッセンスの癒しの力や
気づき、浄化、変容など
自分自身を成長させ、
その結果周りの環境までも変えていく
自然界の繊細で優しく、力強いサポートのおかげだと思います。


そんな沢山の魅力が詰まった
フラワーエッセンスたちを紹介したいと思います。

フィンドホーンの大地からの贈り物~フィンドホーンフラワーエッセンス~

私がバッチフラワーレメディの次に出会って
飲むようになったのが
「フィンドホーンフラワーエッセンス」です。


バッチフラワーレメディを1年半くらいの間
色々なレメディを飲んでいき
他のフラワーエッセンスにも興味を持ちました。
フィンドホーンという土地や
エッセンスボトルから感じるエネルギーに惹かれて
飲んでみたいと思いました。


フィンドホーンフラワーエッセンスは
フィンドホーン共同体という
英国スコットランド北の果てにある共同体で
作られているフラワーエッセンスです。


「愛と癒し」のエネルギーで
とても繊細で優しい波動の中に
力強く大胆なエネルギーを持っています。


2009年に私が初めて
フィンドホーンフラワーエッセンスを飲んだ時に感じた印象は
お花畑のような、妖精、天使の存在を感じる
柔らかで優しく、深い部分を癒してくれるようなエネルギーでした。
とても自分に合っていて癒されたので
ほとんどのコンビネーションボトルを飲むくらいお気に入りでした。


繊細で優しいエネルギーに
癒されたい方には合うと思います。

「フィンドホーン ハートサポート」

深い苦悩、トラウマで傷ついたハートを癒します。
グラスオブパーナッサス、ゴース、ホーリーソーン、
ローズウォーターリリー、ローワン、
スコティッシュプリムローズ、ストーンクロップ、ワイルドパンジー
の8種類のフラワーエッセンスがブレンドされています。


イギリスのフラワーレメディショップ Earth Gifts さん

日本語でお買い物できるネットショップです。
イギリスから送られてくるので
少し日数はかかりますが、お買い得の方が良い方には。

「花の贈り物 フィンドホーンのフラワーエッセンス」


フィンドホーンフラワーエッセンスの
創設者マリオン・リー氏の著書

「フィンドホーンの花」


フィンドホーンの創設者の一人
アイリーン・キャディ氏の自伝本

「フィンドホーンフラワーエッセンスHANDBOOK」


著者マリオン・リー氏が約20年にわたる
エッセンスについての研究結果をまとめたもの。
200以上の症例と、それぞれに適応するエッセンスが明示されています。


アラスカの大自然のエネルギー~アラスカンエッセンス~

フィンドホーンエッセンスの次に飲むようになったのが
スティーブ・ジョンソン氏によって創られた
アラスカン・エッセンスです。


アラスカの厳しい自然環境の中で育った花、ジェム(鉱物)、
氷河やオーロラなどのエネルギーが詰まったエッセンスで
浄化や変容のエネルギーに満ち溢れていて
私たちの人生の旅を強力にサポートしてくれます。


単品のエッセンスと、様々な用途に合うようブレンドされた
コンビネーションエッセンスやスプレーなどがあります。

天使のエネルギーに癒される~コーリングオールエンジェルズ~

アラスカンエッセンスの中でも
特にお気に入りだったエッセンスが
「Calling All Angels (コーリングオールエンジェルズ)」です。

このエッセンスを摂って
天使のエネルギーに心が安らぎ
とても癒されました。


自分が求めていて、癒されるエネルギーは
天使のエネルギーなんだと。
それまでエンジェルオラクルカードや
リーディング、ヒーリングで、天使のメッセージを
もらったりしていましたが、
改めて、天使のエネルギーが合うのだとわかりました。


英国の有名なヒーリングの井戸、
チャリスウェルの水から作られている
チャリスウェルエッセンスもブレンドされていて
とてもヒーリングパワーに溢れています。

参考記事:フィンドホーン~アラスカン他、エッセンス時代


このエッセンスを摂ってから
天使との繋がりが強化され
今でもサポートしてもらっている
天使のエネルギーエッセンスの
「アンジェリックエッセンス」へと導いていかれました。
そのアンジェリックエッセンスのことは
また次回に書いてみたいと思います。

「アラスカン コーリングオールエンジェルズ」

あなたが天使界の愛やガイダンス、プロテクションのエネルギーと
コンタクトをとる助けをしてくれます。
このフォーミュラはとても柔らかく、
愛にあふれた清純なエネルギーを
あなたのハートや肉体や環境にもたらしてくれます。
(アンジェリカ・チャリスウェル・チャイミングベルズ・クンツァイト)



Read More

パニック障害を癒す3【バッチフラワーレメディ】



1本のフラワーエッセンスとの出会いが
その後の私の人生を大きく変えていき
サポートしてくれるきっかけとなりました。
そんな自然界からの贈り物の
フラワーエッセンスのことを紹介したいと思います。


パニック症状などになった時には
病院で処方されたお薬を飲まれる方も
多いかと思います。


私も白血病闘病時や退院後は
そういった症状が強く
お薬を飲むことが多かったのですが
ずっと飲んでいると、副作用が気になったり
実際、私は副作用があったので、
できれば、副作用がない
もっと自然療法のもので
パニック症状を癒せないかなと思っていました。


2003年に白血病で入院し
2004年に無事に退院
2年間の維持療法も終え
その後スピリチュアルやヒーリングに出会い
アロマやパワーストーン、オーラソーマなど
いろいろと興味を持ったものを試していき
その中で時々見かける
「フラワーエッセンス」というものに
興味を持ち始めるようになりました。

フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスとは、
花や植物など自然界のエネルギーを水に転写したもので
私たちの感情を癒していくことで
心と身体の調和をサポートしてくれる花療法です。


使い方は、通常1回に2~3滴を
直接口の中に落としたり
コップの水や飲み物に入れて摂っていきます。


その他にも
お風呂の中に入れたり、
直接身体、手首などに塗ったり、
マッサージする時に数滴使ったり、
スプレーボトルに入れたり、
お守りのように持ち歩いて
エネルギーを受け取ったりと
色々な使い方ができます。

パニック症状をサポートしてくれる~レスキューレメディ~

私がフラワーエッセンスに出会ったのは
今から9年前の2008年になります。
その時のことを書いた記事が
こちら→フラワーエッセンスとの出会い


初めて飲んだフラワーエッセンスが
1930年代にイギリスのエドワード・バッチ博士によって開発された
バッチフラワーレメディのレスキューレメディでした。


38種類のレメディ
緊急用に5種類のレメディがブレンドされた
レスキューレメディがあります。


レスキューレメディの中には
インパチエンスクレチマスチェリープラム
スターオブベツレヘムロックローズ
の5種類お花のレメディが調合されています。


インパチエンス 
気持ちが落ちかずイライラしている時に
穏やかな気持ちにさせてくれる

クレチマス
意識がぼんやりしている時に
地に足が着くようになる

チェリープラム
自分の気持ちをコントロールできない時に
感情に流されずコントロールできるようになる

スターオブベツレヘム
突然受けたショック、過去の痛み、心の傷を癒し
トラウマから解放してくれる

ロックローズ
恐怖やパニック状態になった時に
パニックを克服し冷静になれる


緊急事態、パニック状態、ストレスを感じる時など
心のバランスが乱れてしまっている時に
ストレスを緩和し、リラックスへと
サポートしてくれるレメディです。


ボトルタイプ(スポイト)、スプレータイプ、
キャンディ、クリームなどがあります。


私は一番最初に飲んだ時
スポイトから数滴口に入れてから
ほんの数分で、眠気のような感じで
リラックスしていくのを実感して
本当に驚いて不思議に思いました。

参考記事:バッチフラワーレメディ時代


それからフラワーエッセンスの癒しの力を実感して
10年近くずっとエッセンス
(今はアンジェリックエッセンス)を飲んでいます。


バッチフラワーレメディはとても有名なので
ご存知の方も多いと思いますが
海外では薬局や医療機関でも使用されたりしていて
副作用がなく、赤ちゃんからお年寄りや動物にも
安心して使えます。


保存料にグリセリンが入っていて
海外の輸入製品はブランデーなどが入っていたりするので
ほんの数滴ずつの使用ですが
アルコールが気になる方は
気を付けて摂った方がいいかもしれません。


日本のショップでも取り扱っているところも
増えてきたと思いますが
もしお近くになくても
ネットショップでも購入できるので
もし興味のある方は、是非試してみてください。


ご参考までに↓

「レスキューレメディ」


Read More

パニック障害を癒す2【ヨガ】



パニック障害や自律神経失調症など
心身のバランスが崩れてしまっている時に
ヨガはとてもお勧めです。
私がやっているおうちヨガを紹介したいと思います。

心身のバランスを取り戻してくれるおうちヨガ

ヨガはサンスクリット語で「繋がり」を意味するもの。
心、身体、魂が繋がり
自然、宇宙と調和していくこと。


呼吸、ポーズ、瞑想を通して
心身をリラックスさせて
バランスを整えていきます。


心と身体は繋がっていて
心が緊張している時は
身体も固くなっているので
ヨガで呼吸をしながら
ゆっくりと身体を緩めていくと
心もリラックスして落ち着いていきます。


私がヨガを始めたきっかけは、
今から14年前に白血病を患い
退院後に体力を戻すために
「何かおうちでできる運動はないかな?」
と思い、おうちヨガなら
病み上がりでもできそうだと思い
始めてみました。


初めてヨガをやった時に
心身共にとてもスッキリして、気持ちよくて
「これなら毎日でも続けられそう!」
と思って、それからずっと続いています😊


白血病の退院後は
精神的にも不安定だったので
自律神経を整える意味でも
とても良かったと思います。


最初の頃は、DVD付のヨガの本をいろいろとやっていました。
その中でも、ハタヨガなど、ゆったり系のヨガが好きで
心身共にリラックスできるのが
私には合っているなと思いました。


よくやっていたのは
千葉麗子さんやSHIHOさんの本で
今でも時々やっています。
流れるような動きの中で
いろんなポーズを取っていくのが好きです。


ヨガを始めてから
心も身体もしなやかに、
姿勢も良くなって、
バランスが取れてきたように思います。
呼吸法やマントラを唱えるのも
心身を落ちつかせてくれるので好きです。


パニック症状や自律神経の不調の方には
気軽にマイペースにできる
おうちヨガはお勧めです。




不安、心配、緊張の時に気持ちを落ち着かせる10分ヨガ

そして、最近毎日のようにやっているのは
前回の記事 パニック障害を癒す1【呼吸法】の中でも紹介させていただいた
Wellness To Go のArisaさんのヨガです。


YouTubeやアプリで部位別や症状別に
たくさんヨガを紹介されているので
その時の自分の心身の状態に合わせてやっています💗


自律神経に良いものや、腰痛、肩こり
朝ヨガにお勧めの太陽礼拝など
アクティブなものから、ゆったり系といろいろあって
Arisaさんの説明もわかりやすく
癒されて元気になれます。




不安感がある時は
こちらのヨガをすると、深い呼吸でリラックスして落ち着けます。

座ったままでできる!自律神経を整える10分ヨガ③

こちらもArisaさんのヨガです。
心身が疲れている時には
リラックス系のヨガをすると楽になれます。




自律神経にも良いので
このヨガもお気に入りです。
頑張りすぎず、リラックスできる時間が大切ですね。

身体が発してくるメッセージを聞いてあげよう

パニックや過呼吸などの症状になってしまうのには
ちゃんと理由があって
身体が発してくるメッセージ
ちゃんと聞いてあげることが大事だと思います。


パニック症状を経験すると
怖さから、悪いものと決めつけて
無理に抑えつけようとしたり
逃げたり、嫌ったりしてしまいがちだけど
パニック症状は
心身に閉じ込めていた恐怖のエネルギーが
解放されている症状だと思います。


人間の身体には自然治癒力
強力に働いてくれていて
風邪を引くと、咳や熱でウイルスを身体から出して
良くなろうとするように
パニック症状も、もういらなくなった感情、
トラウマ(幼少期や過去生も含む)を解放するために
それを思い出すような状況がトリガーとなって
出てきているんじゃないかなと。


だから、そのことに気づいてあげて
自分に優しく、心身を労わってあげることが大切。


一番恐怖を感じる、苦手な、感じたくない感情だからこそ、
奥底に閉じ込めてしまってしまったのものが
パニック症状になって出てくる。


無理やり抑え込もうとするよりも
緩やかに解放していけるように
呼吸法、ヨガ、瞑想やいろんなツールなど使いながら
手放していけたらいいんじゃないかなと思います。


以前に一度、古武道のようなものができる人に
身体を緩やかに動かして
パニック症状、サイキックアタックのようなしんどさを
解放して、治してもらったことがあるので
呼吸をしながら、身体を動かすことで
心身のいらなくなったエネルギーを
解放できるんだと知りました。


やってもらっている時に
目を瞑っていると、ビジョンが見えてきて
槍のようなものや、ヘドロのようなものが
身体から出ていくのが見えました。
その後、不思議としんどさが楽になって驚きました。


そのマッサージをする先生が
「ヨガは良いよ😊」と言っていたので、
私もヨガは好きで、ずっと続けています。


呼吸とヨガで、天と地としっかり繋がりを感じていくこと。
私たちはどんな時も決して一人ではなくて
いつもそばに見守ってくれている存在がいると信じること。


揺れることがあっても大丈夫。
人間誰しもそういう時はある。
怖かった思い、辛かった体験を乗り越え
頑張ってきた自分を抱きしめてあげる。
人と比べず、自分らしく生きていけばいい。
愛を持って、自分の心と身体に向きあってあげる。


ヨガの精神は、私たちにたくさんのことを
気づかせてくれると思います。




天使の愛に包まれて
心身魂が癒されていきますように


暗闇の中に光の花束を


Read More

パニック障害を癒す1【呼吸法】




パニック症状や過呼吸、予期不安などで
ドキドキして心拍数が速くなって
息苦しさや、動悸、めまい、
手足のしびれが出てくると
すごく怖くなってしまいますよね。
そんな時に私がやっている呼吸法を紹介したいと思います。

焦らずゆっくり息を吐く

過呼吸やパニック症状になっている時
息苦しさから、
「息を吸わないと!」と思って
焦って息を吸いがちになってしまうけど


ドクターからは
「息を吸い過ぎて、酸素が過多になっているから
息をゆっくり吐いていくこと」と言われました。


緊張状態にある時は
交感神経が優位になって
息が浅くなっているので


パニックアタックの時は
焦らずゆっくり息を吐く
ことをまず心がけています。


しっかり吐き切ると
身体は自然に息を吸ってくれるので
波や雲や川の流れ
自然界のリズムに調和していくように
ゆったりした呼吸を意識してみるといいと思います。


自律神経は心臓など身体の機能を
自動的に調整してくれている機能で
その中で自ら意識して
ゆっくりと整えることができるのが呼吸です。


呼吸を整えていくことで、
交感神経、副交感神経のバランスを
調整していくことができます。


呼吸法の時に光をイメージするのもいいと思います。
宇宙から光が舞い降りてくるイメージをして
その光を吸って
いらなくなったもの、不安、恐れ、心配などを
全部吐き出していく


英語のInspiration(直感、霊感)の語源は
「息をする、呼吸をする」
というところから来ていて
呼吸は天界とも繋がる大事なツール


私は天使を呼んで
光で守ってもらうようお願いして
プロテクションもしています。
光に包まれて、安心感の中にいられるように。

自律神経を整えるヨガの【片鼻呼吸法】

私はちょうど14年ほど前に
白血病で入院していたのですが、
その退院後から体力を戻すために始めた
おうちヨガで鼻呼吸片鼻呼吸法を知って
とても心身の調子が良くなりました。


やり方は
右手でピースサインを作って
人差し指と中指を眉間に置いて
親指で右鼻をおさえて
薬指で左鼻をおさえる

片鼻ずつゆっくり
吐いて、吸って、止めて
を繰り返していくというもので
私は大体ひとつひとつを4秒ずつくらい
カウントしながらやっています。


まず左鼻を開けて
左鼻から吐いて
左鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

次に右鼻を開けて
右鼻から吐いて
右鼻から吸って
両鼻をふさいで息を止める

また左鼻から吐いて~
を繰り返していくというもの


右鼻の呼吸が交感神経を
左鼻の呼吸が副交感神経に
影響を与えて
片鼻呼吸法は
自律神経のバランスにも良いとされています。


ドキドキしてきたら
この呼吸法をやって
心を落ち着かせています。

魔法の呼吸法【4 Count Breath】

そして、最近新たに知った
「魔法の呼吸法:4 Count Breath」
というのが、すごくスッキリして良かったので
そちらの動画もシェアしたいと思います。


Instagramで Natsu(@lovebynatsu)さんが紹介されていて知った
Wellness To Go の Arisaさんという方の動画です。
以前は、日本で医師をされていて
今はバンクーバーでマッサージセラピスト/
ヨガインストラクターをされているそうです。


呼吸法もヨガもとてもわかりやすくて
最近は、このArisaさんの動画を見て
毎日のようにヨガや呼吸法をやっています。



4秒吸って
4秒止めて
4秒吐いて
4秒止めて

このセットを繰り返していく呼吸法です。
鼻から息を吸って
吐く息は鼻からでも口からでも、どちらでもOK


警察官、消防士、軍隊など
ストレス度合いの高い職場の人にも使われているそうです。


とっても簡単なのに
なぜかすごくスッキリして
リラックスできるので気に入っています。


Arisaさんの動画は
不思議と、見ているだけでも
元気になれて癒されます。

魔法の呼吸法②【1:2呼吸法】

そして、こちらもArisaさんの動画です。
パニック症候群や、緊張した時にお勧めの呼吸法です。






吐く息を吸う息の2倍の長さにして
ゆっくりと吐いていくというもの


鼻から息を吸って
吐く息は鼻からでも、口からでも
どちらでもOKです。


ゆったりした呼吸法で
吐く息にフォーカスしていくことで
気持ちもゆったりとリラックスできます。


この他にも「478呼吸」や
いろんな呼吸法を紹介されているので
いろいろと試してみて
自分が好きな、楽になる呼吸法を
見つけてみるのもいいんじゃないかなと思います。


呼吸は神様から授かった魔法のアイテム

呼吸法をやってみると
すごく心身が楽になるのがわかるので
本当に呼吸の大切さを実感します。


私は、呼吸法以外にも
エッセンスやアロマなどのツールを使ったり
瞑想、祈り、ハンドヒーリングなど
パニックや不安感に襲われた時は
その時に応じて、いろいろやってみるのですが
実際やってみるとすごくパワフルなのがわかります。


パニックや過呼吸などの時
お薬やツールも、その時々の自分の状態に応じて
使うのもいいと思いますし、
もし何もなくても
いつでも、どこでも、誰でも簡単にできる
呼吸法や瞑想や祈りなどはすごく頼もしいアイテムで
神様はちゃんと私たちに
魔法のツールを授けて下さっているんだなと。


パニック症状を経験すると

怖くなってしまって
その状況を回避していってしまいがちだけど
恐れより、本当に自分の望むことにフォーカスして
勇気を持って行動していきたいなと。


パニックにはできればなりたくないし、
ならないようにしたいけど
でも、
「もしなっても大丈夫!」

「すぐに自分で自分を落ちつかせてあげられるんだ!」

って思えたら、少しは心強くなれるんじゃないかなと思います。


私も一瞬でパニック発作を落ちつかせられる
そんな魔法のようなヒーリングを生み出せたらいいなと
思っています😊




天使の愛に包まれて
恐れを愛へと昇華していけますように


暗闇の中に光の花束を


Read More

パニック障害のこと



またここに戻って来れました。


ずっとblogから遠ざかっていて
特に何かを書きたいという気持ちには
ならなかったのですが、
また書きたいと思えるようになりました。


久しぶりにblogを書こうと思ったのは
最近の自分自身の症状や
いろんな所で目にしたり、聞いたりする
現代社会に蔓延している
心の病やパニック障害などのことが
とても気になってきたからです。


心の整理と自己セラピーも兼ねて
書いていきたいと思います。


私は元々、心も身体も敏感体質で
人間関係や環境、天候、食事など
様々な面で、影響を受けやすく
揺れ動きやすいタイプです。


インディゴ、エンパス、HSP、ADD(ADHD)等
当てはまる面が多くて
普通の人の感覚より、過敏な面があります。


そんな私が、
初めてパニックのような
過呼吸の症状に襲われたのは
今から20年近く前のことです。


当時飼っていた愛犬が亡くなった時に
夜、寝ようと布団に入っていると
突然、息が苦しくなって、頭がボーッとして
意識が遠のいていくような発作に襲われました。
初めての体験で
死んでしまうんじゃないか?と思うくらい
とても怖かったのを覚えています。


当時、イヤホンの影響とストレスから
耳の痛みとめまいや吐き気がする
メニエール病を患って、内科に通っていたので
そこで症状を先生に話して、お薬をもらい
その時は、しばらくすると良くなりました。


それから数年後に
急性前骨髄球性白血病を発症し
無菌室で闘病生活をしている時にも
また、パニック症状が出てきました。


入院中は、死と抗がん剤への恐怖心が強く
すごく不安定で、夜も全く眠れず
睡眠剤や安定剤をもらっていました。
そんな心境の中での無菌室の閉塞感、
一人きりの孤独感が一番辛かったです。


それからは、退院してからも
その闘病生活の体験が
私にとっては、心身共にとても過酷で
PTSDのようなトラウマとなりました。


一人きりの時に不安感に襲われたり、
電車やバスなどの交通機関や
エレベーターや人混みなどが苦手になり
ドキドキ緊張したりするようになりました。


病気や死に対する恐怖心と
入院中のトラウマなどで、
日々生きるのが辛く、
真っ暗なトンネルの中にいるような
苦しい時期がありました。


そこからどうやったら抜け出せるのか
色々と自分を救えるものを
探し求めている時に
天使やスピリチュアル、ヒーリングに出会い
とても癒されていきました。


そして、アロママッサージや
カイロプラクティックなどで
自律神経の調整をしてもらったりと
心と身体の両面から癒していくうちに
パニックのような症状は
ほとんど出なくなりました。


敏感さから心身が不安定になる時は
エッセンスやアロマなど
いろんなツールを活用して
普通に元気に過ごせるようになりました。


なのですが、、
2年前に、心の友だった愛犬を亡くして
大きなショックから喪失感、無気力になって
ペットロスのような
心身の不調に見舞われました。
パニック発作や自律神経失調症
不安障害、過呼吸のような症状が
また出るようになりました。


今年にも祖母の死などがあり
身近な存在の死や、
大きなショックな出来事があると
何かが自分の限界を超えてしまうようで、
タガが外れたように
どどっと自分の弱い面が
浮き彫りになってくるように思います。


今までずっと癒してきたのに、
どうしてまた、こんな振り出しに
戻るようなことになるんだろう?と
すごく自分が嫌になったりしました。


苦しみながら、とことん自分と向き合って
深く掘り下げていくうちに
たどり着いたのは


「これが自分なんだ」と


繊細で、過敏で、脆くて
大きなショックなことがあると
パニック症状になってしまう。


そういう心身の繊細さがある。
これが自分の本質で
根本的に変えることはできないけど
それを受け入れてあげて
自分自身を否定せず
仲良くやっていくことで
何かが変わっていけるんじゃないかなと。


自分の弱さを認めるのは
勇気がいるけど
だからこそ、強く生きていける。


それが「無条件の愛」の世界なんだ


どん底まできて
ようやく認めたくなかった
自分の一番弱い面を受け入れ
逃げずに寄り添ってあげようと
思えるようになりました。


ちょうど、自分の体質に悩んでいる時に
自閉症で作家の東田直樹さんのことを知り
TVで見たり本を読んで、すごく共感しました。
とても透明な感性で紡がれた言葉に感動し
人と比べずに、自分自身を受け入れて
生きていけばいいのだと勇気をもらいました。


同じく自閉症で、8歳の画家の女の子
Iris Grace ちゃんの絵に出会い
すごくピュアで繊細なエネルギーに
心が癒されました。
人と違う自分の個性を
変えようとするよりも、
自分の好きなこと、得意なことで
自分を表現していけばいいのだと。


自殺や、心の病、ガン、過労死など
利便性や利益を優先して
人間の心と身体が壊れてしまいがちな現代社会。


無理に過酷な環境に合わせようとするより
ありのままの自分を出して
そういう繊細で、敏感な人たちが
大勢いることを知ってもらって
心にも身体にも優しい
多様性を認める社会になればいいなと。


だからこのblogに書いてみようと。
書いて自分の感情を出すこともヒーリング。
そして同じような症状で
悩んだり、苦しんだりしている人に
何か参考になることが
届けられればいいなと思いました。


私も日々いろんなことで
落ち込んだり、悩んだり
心が揺れたりすることはありますが
いろんなサポートを受け取りながら癒していき
そして、人と繋がっていけたらと思っています。


ゆっくりペースですが
私が実践している
呼吸法、ヨガ、エッセンス、瞑想などのことを
シェアしていきたいなと思います。


まだ、完全な答えはわからないけど
すべてには意味があって
そこには光と闇と両面がある。


パニックという、私にとって
死や闇を連想するトラウマの中に
光を見出していきたいと。


人にはあまり理解されにくくて
隠れてしまいがちな
心の病や敏感体質の人たちが
少しでも癒されて
自分らしく生きていければと願っています。


天使の愛に包まれて
苦しみが癒されますように


暗闇の中に光の花束を


Read More

Social Profiles

Twitter Email Instagram

Blog Archive

Popular Posts

Translate

Profile

自分の写真
2003年に急性前骨髄球性白血病(APL)を発症し、完治しました。病気をきっかけに天使と出会い、癒しの旅へと導かれていきました。

Sitemap

Privacy Policy

Copyright © angelove*healing | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com